「貝塚日記」、天正13年(1585)の記事より

2012年04月16日 21:31

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/16(月) 17:58:37.30 ID:BiP4wWAP
大阪、貝塚の願泉寺住職・宇野道喜の表した「貝塚日記」、天正13年(1585)の記事より

11月11日 夜九ツ半(午前0時頃)地震。この頃『光るもの』を見たものが多い

   29日 夜四ツ半過ぎ(午後10時頃)大地震。10日あまり余震が止まらなかった。京都三十三間堂の
       仏像600体が全て倒れたという。

       飛騨の帰雲という在所は、内ヶ島という奉公衆が居る所であるが、地震で山が揺り崩れ山河の多くが
       崩壊し、内ケ島の在所に大洪水が入り込んで、内ヶ島氏一統、地下人に至るまで残らず死んだという。
       この在所では、たまたま商用で他国に出ていた4人だけが生き残り、泣く泣く在所へと帰っていったそうだ。
       しかしそこは、尽く水没していたという。


天正大地震の、帰雲城崩落、内ヶ島氏滅亡のさいの、生々しい同時代の記録である。





693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/16(月) 19:04:32.25 ID:Q5lvbiHT
おっそろしい・・・

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/16(月) 19:07:50.21 ID:KoJ/lVwr
戦国時代でも宏観異常現象ってのがあったという貴重な証拠だな

700 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/16(月) 23:39:11.49 ID:CcmFRLDX
逆に内ヶ島氏以外に災害で滅亡した氏族っていないのかな?

701 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/17(火) 00:18:15.05 ID:U/x2kUY0
蘆名 あのタイミングと相手は災害としか思えない

702 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/17(火) 03:21:59.81 ID:13wDE40U
>>700
内ヶ島が小領主だったからこそ起きた悲劇かもしれない
一族郎党山城に集まって、ってのがないだろうなあ
せめて麓の館に集まるのだろうし

……アメリカの閣議では一人はどっか別の場所にいるらしいが、日本の閣議は大丈夫なんだろうか?
スポンサーサイト

内ケ島さんより実はもっと可哀想な一族がいる

2012年03月30日 21:44

内ケ島さんより実はもっと可哀想な一族がいる



482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/30(金) 00:12:10.34 ID:ai3oDyrm
内ケ島さんより実はもっと可哀想な一族がいる

美濃の実力者だった東一族は遠藤慶隆に下克上されて所領から叩き出された挙句に
内ケ島さんの所に世話になってたら天正大地震で巻き添えを食ってついでに滅亡した。




483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/30(金) 00:35:28.21 ID:uZzsLn39
天災で一族全滅ってなかなかないよなあ