那須惣領家滅亡顛末

2013年01月01日 20:03

987 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/01(火) 11:59:03.64 ID:2/ycnmwH
那須惣領家の那須資親には男子がなく、甥である白川結城政朝の次男、資永を養子とし、後継ぎとして迎えた。
が、その後に資親には実子・資久が産まれた。

永正11年(1514)、資親はその臨終の刻に、宿老である大田原胤清・資清親子に対し、実子・資久を家督とするよう
遺言して死去した。
これにより大田原親子は、金丸・大関・芦野・伊王野氏といった有力家臣と共に、資久の邪魔となる資永を滅ぼすため
挙兵し、総勢300騎で蛭田ヶ原(現・栃木県湯津上村)に陣を敷いた。
しかし資永は屈せず、わすか50騎ながら箒川を挟んで決戦を挑むが、勝敗は決することがなかった。

夜になり、資永は福原城で討ち死にを覚悟した。しかし最後の手段と、大雨を幸いに家臣を、那須資久の居城
山田城に密かに派遣し、資久の身柄を捕らえ、福原城へと拉致した。

8月3日、資永は捕らえた資久の首を刎ね、自ら城に火を放ち自害して果てた。
ここに那須惣領家(上那須家)は滅亡したのである。
(那須記)

以上、那須記より、那須惣領家滅亡の顛末である。





988 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/01(火) 13:57:04.96 ID:z66QIb7/
資清の逸話の詳細版だね

汚いな大田原さすが汚い

989 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/01(火) 14:22:15.88 ID:P1aVy5M6
資親の遺言が本当かどうかからもう怪しい

990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/01(火) 17:20:07.37 ID:02MPR2uP
潜入作戦だってわざと見逃したのでは

991 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/01(火) 21:52:03.07 ID:MfQ0Cr8w
蛇年にちなんで戦国時代のスネークだというのに
スポンサーサイト