龍嶽宗劉の道

2013年02月06日 19:51

317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/06(水) 18:19:04.09 ID:MNTwCVe5
大徳寺の龍嶽(龍岳)宗劉は幼い頃、東福寺にあって龍喜、安国寺恵瓊の二老に
親炙して、その講義を受けた。後に恵瓊は石田三成の乱で斬首される。

衆人が瓜連(咎?)を恐れて顧みないなか、龍嶽はある夜密かに梟木より
恵瓊の首級を奪い、東山に埋葬して篤くこれを弔い、気付かれないように隠した。
世の人は旧恩を忘れない龍嶽を称した。

黒田長政は深く龍嶽の道を敬った。そのため長政の菩提のために江戸の広尾に
興雲寺(祥雲寺)が建立された時、龍嶽が第一祖となった。

また、龍嶽は御水尾天皇の勅命により竺仙大法禅師の号を賜った。

――『近古禅林叢談』





スポンサーサイト