同姓酒之丞が家例〔正月六日〕内称豆打之事

2016年12月27日 17:37

465 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/27(火) 00:19:18.76 ID:aNTRDRPX
同姓酒之丞が家例〔正月六日〕内称豆打之事

 予(松浦静山)と同姓の松浦酒之丞の家は同家伊勢守の分家であるが、
実の先祖は信辰といって、法印公(松浦鎮信)の御孫にして久信公の第三子である。

 今も酒之丞の家例には世でいう節分の夜には流俗のように鬼打豆を投擲し、
それからまた別の礼では、正月六日の夜に内称(内緒)豆といって家先から別に豆打ちをする。
されども世俗に憚り暗所で小投する。
人はその由縁を知らない。かの家もまたその由縁が伝わっていない。

 臣の某が考えるには、この事は久信公が朝鮮におわしたときの佳例を伝えたものであろうとのことだ。内称豆とは、もしかすると今では他を憚っての言い分であろうと。
曰く、平戸在住の者の中で中山氏や立石氏等は公の韓役に随った者の子孫である。
これらの家には、今も世で節分というのに拘らず年々正月六日の夜に節分と称して鬼打豆の事をする。
この始まりを聞くと
朝鮮在陣の年、年が暮れて春が来たが暦を知る者がいなかったので春冬の境を決めることができなかった。
上下は図って、しばらくその六日を節分とし各々が本国の佳儀を調えた。
よって酒之丞の家でも久信公在陣の佳例を用いた。
 わが臣の両氏のように、他の韓行きの子孫にはなおこのことがある。
佐賀公にも、正月六日には節分の儀式があるという。
これらもまたかの祖先勝茂の征韓在陣の故事によるのであろう。


(甲子夜話三篇)



466 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/27(火) 09:57:35.79 ID:YyfEjHIw
???「ダレニモ ナイショダヨ」
スポンサーサイト

松浦久信大軍を切り抜ける

2013年03月02日 19:52

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 22:18:14.00 ID:13Bk368R
松浦鎮信 (法印)の嫡男、肥前守久信は、文禄元年4月の松浦家の朝鮮への渡海の時には病に伏せっており、
病から回復して同年6月8日朝鮮に渡り、父・鎮信の陣営に向かう途中、にわかに多勢の敵軍が現れ、
久信の行く手を妨げた。

久信は少勢であったが敢えて屈せず、父への土産として持ってきていた酒肴を出させ、刀の石突で樽を破り
馬柄杓でこれを汲み、自ら呑んだ後、日高甲斐守、鮎川民部入道、南大和守兄弟を始めとした家臣たちに

「見よ、あの大軍を切り抜けるのは非常に困難なことである!
しかれば、この世の名残の酒である!各々、これを呑んで一戦致されよ!」

そう言って酒を与えると、皆も酒を汲み、そうして共に進んだ。

すると、敵が一面に備を展開している中、大将と見える者が、一騎でまっ先に進んで下知しているのが見えた。
ここに久信も備の前に出て身を伏せ、膝を台にして鉄砲を放つと、かの敵の将は馬から真っ逆さまに落ちた。

松浦勢はこれに乗じて一気に攻め立てる。これに敵は混乱し、引き退いた。
そこで松浦久信も人馬の息を継がせようと一旦休止しようとした所、南入道が深入りして、敵に捕らえられてしまっていた。
そこで弟の南蔵人も兄を取り返そうと的に突っ込む。これを見た松浦勢も、兄弟を救うべしと、久信を始めとして
一斉に切り込み、これによって敵陣は終に破れ、松浦勢は敵兵を追い散らかした。

しかし南兄弟は討死。その他負傷者61名が出た。討ち取った敵は130人余り。
翌日、この久信の勢は父鎮信の人に到着した。
(松浦法印征韓日記抄)

松浦久信、朝鮮に渡って早々少勢で大敵を破る、というお話である。