「赤松のシェフ2」

2014年07月26日 18:53

356 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/07/26(土) 08:10:32.06 ID:NhOkfCQj
「赤松のシェフ2」

赤松家の台所方とされる人物が、弘治元年に置塩城で繰り広げられた酒宴で出された料理について詳細に記した「播州置塩夜話 六花亭物語」を紹介したが、
今回はその下巻にあたる「屋形物語」で、その18年後に開かれた酒宴を追体験してほしい。

天正元年十月八日、赤松則房の置塩城に、宇野下野守(長水城の宇野氏の関係者)がやってきて、夜食が出された。
宇野からはホラ貝、鷹1羽、鯉2尾、鯛5枚、宝命酒(薬酒)5升、
家長(原文ママ)平瀬清左衛門からは鴨2羽、勝男(鰹節)10節が献上された。

宇野は広間、平瀬は次の間で御料理を下され、赤松家家老・山田助九郎や相賀道閑が相伴した。
装束は身分の上下ともに無刀、上下(裃)着用。宇野の太刀持ち原小才次、小太刀持ち村松は御縁に控えていた。

最初に出した膳は、右に澄まし汁が入った汁椀、左に茹でた蕎麦が入った食椀、
椀の前に小皿を置き、香頭(こうとう=吸い口・薬味)として唐辛子、ワサビ、ネギ、大根、鰹節、柚子などを刻んだものを盛ったものである。

客が食椀の蓋を取り、汁椀の蓋を取って澄まし汁に香頭を入れて好きなだけかき混ぜて、それを蕎麦にかけると、蕎麦の下から色々なものが出てくる。
鴨、鯛、椎茸、あわび、きくらげ、麩、セン、玉子、厚揚げ、凍み豆腐、凍みこんにゃく、雪餅、炒めニンジン、ゴボウ、カンピョウなどが出る。
具材を下盛りにしておいたのだ。

2~3口で最初の膳を下げ、引替膳を出した。
その膳は鯉の刺身と、右に白鳥の味噌汁、左に白飯を配している。

次は、鯛の1コン焼き(尾頭付きの焼き物)、シギの焼き物、御酒。
玉子、あわび、ゴボウ、クワイ、蓮根、椎茸の葛煮に、酒1返し、いも巻きを供した。

ここで中入りとなり、酒宴が始まった。
盃は5合入りの椰子杯である。

料理の方は、スズキの青ヌタ、サザエの壺焼きと、酒1返し。
雀の焼き鳥と、酒1返し。
十六島(うっぷるい海苔)の漬け焼き、酒1返し、ふくら炒り。

「沖の石台」という5升入りの皿鉢に、酢と生姜を溜め、大根、人参、柚子、タコ、イカ、アワビなどを盛ったものも出した。

次に玉子のふわふわを出し、各自に抹茶、あん餅、干菓子を出した。

この酒宴で呑んだ酒は、宇野3升、平瀬4升、相賀3升、山田5升。
宇野は「相生」を謡って退出し、嵯峨山隼人と碁を3番打ったが、明朝はくたびれ果てて休んでいた。宇野は酒が不得手のようである。

昼食は菜食で、田楽、御酒、クシコ、御酒、カツオ炒り、御酒、御菓子、饅頭、干菓子という献立。
宇野達はその夕方、暇乞いして帰っていった。

以上、珍しい料理だったので抜き書きしておいた。永く家に伝えていってくれ。頼んだぞ!

天正二年正月一日
置塩・相賀永次郎重茂  同・毛野鶴次郎武盈 

357 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 08:29:48.96 ID:NhOkfCQj
上巻(六花亭物語)
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-1670.html




358 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 08:33:00.39 ID:Kkl3FKi0
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-8230.html
前回のはこれ?

359 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 08:33:20.18 ID:Kkl3FKi0
かぶった、すまん

360 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 08:37:34.85 ID:ynTzV5w9
個人的な嗜好からいったら最初の膳の蕎麦を完食させてほしい
史料上はこのころから蕎麦切りが現れはじめるから、まだ蕎麦がきのころかな?
蕎麦の下に具材があって汁を掛けてるからそうなのかなあ

361 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 08:59:54.68 ID:HguOHKq9
>>356
だれか作って写真うpして。鷹って食えるのか?あいかわらず酒の単位が升wいまよりもアルコール薄いとはいえよう飲むわ。

362 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 09:32:16.31 ID:2UE5AZie
>>361
そういや昔、某MMOスレ民がゲーム内の素材と料理法で仕上げて写真をアップしてたっけか

363 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 09:50:34.10 ID:ENrhe7f5
何かで出てた「たまごのふわふわ」?なら作ってみたいな

364 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 09:58:58.12 ID:DdbAyVs1
酒飲んだ後に碁を売ったのか。

365 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 12:43:47.83 ID:axf17gV4
六花亭と聞くと北海道のお土産のほうを連想してしまう

366 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 12:50:48.42 ID:cF4X+d7l
3升飲んで酒が不得手とか俺は生きてける自信がない

367 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 15:22:17.91 ID:KmwpVQjX
酒と共に運ばれて来る山盛りの○セイバターサンド
スポンサーサイト

戦国時代の殿様のツイッター

2013年03月03日 19:01

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 16:30:09.41 ID:fRz+AZVj
播磨の歴史・地理に関する書物を集成した「播陽万宝知恵袋」(宝暦10年)に、
「赤松則房雑談聞書」というものが収録されている。
これは、赤松則房が、「日頃聞き及んでいる俚諺や、土俗の話を思い出し、土地の話・都の話・
田舎の話・戦の話などを色々と取り交えて、
雨の暇にまかせて書き連ねた」ものを、家臣・堀五郎左衛門に清書させたものである。

その内容は、則房の言葉通り多岐にわたり、

「志水氏、将軍家、渇水(の)時、水を奉し功とて、清水を改(め)下さる」
「赤松は伊豆にはりまをとられじと あしき新二郎嘉吉年中」(一般的に流布しているのは、
公方の首を嘉吉元年)
「多淫の女は三十歳余。藤井の小松 高尾身なし つねや(恒屋)家執 松原(の)女「その女」」
「高尾の野沢ハほうしころし(法師殺し)」
「三宅の小藤は見越女(大女?)と云。」など、赤松家の身内ネタから、

「風呂へ入は、左の足より入る也。」
「輿へめ(召)す女臈ハ、右の足より入る。」
「主人にハ、笠をさすは右の方。」
「馬上へかさをさすハ、左の方より。」
「手をつくハ、入と形せよ。」
「渡り橋(箸)、塩の十でん、つまみくらひ、端にぎり、かきこミ箸ゆるすまじ。」
「酒をしいるに、中扱(なかくみ)に三盃のますもの。」
「かまいなきハ何の助。允、大夫、介、進、私ならず。はゞかるべし。」
といった、作法や有職故実に関するもの、

800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 16:31:18.41 ID:fRz+AZVj
「都鳥、業平をいふか。」
「百千鳥ハ百官百敷の座。」などの和歌・文学に関するもの、

「大明神 おゝあきつかミとよむ。」
「腰おりかゞむ、おがむとか。」
「今の鳥居といふハ天の字を形る。」
「和銅銭は日本製。」
「ひより(日和)をば天気晴れたると云。もとハ、よき、あしきと付ねばならず。」
といった、豆知識的なものや、

「爪につめなく、ふり(瓜)につめあり。」
「石山寺ハ景石多し。」
「峯相記(中世播磨の地誌)七巻、見るべし。多具山(沢山)になし。」
「よしあし 二物 一物か。」
といった「つぶやき」までもが、短文の箇条書きで、合計186条も書き連ねられている。
まるで、戦国時代の殿様のツイッターである。

中には、こんな一文も・・・。
「四天王とておこがましき者あり。頼光朝臣の。木曽氏(義仲)の。当家。」

・・・則房さん、自虐的過ぎないかい?
ってことで、こっちに投下。




801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 16:37:39.20 ID:ery+cQl2
ちょっとしたメモは楽しいな、赤松則房のファンになりそうだ

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 16:42:17.89 ID:MCHlR11e
忠利くんへ、この前コイツ狐でも憑いてるんじゃないかって奴が…#まさむね

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 18:26:15.96 ID:8Dup4I0A
このころには和同開珎が日本の銭なのか大陸の銭なのかも不分明になってたんだなあ

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 20:08:07.61 ID:k2ycYb5M
江里口「四天王と聞いて」

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/03(日) 21:02:31.46 ID:+JSIyBKe
>>799
「手をつくハ、入と形せよ。」
実践しよう