日置弾正正次はわが国弓術中興の始祖である

2013年04月26日 19:51

124 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/26(金) 16:21:44.73 ID:6ELO8pjd
日置弾正正次は大和の人。弓術を好み、また非常にすぐれていた。わが国弓術中興の始祖である。

大昔から弓術をもって名を顕す者は多いといえども、その強弱、審固、持満は詳らかではない。
しかし、正次は一人その微妙を得ている。古今に傑出しているというべきだ。

正次は諸国に遊び、後に紀州高野山に赴き、剃髪して瑠璃光坊威徳と号した。五十九歳で没す。
(武家小伝)

内野合戦の時、日置の矢先にとどまる物はなかった。矢種が尽きてしまうと日置は土居陰に隠れた。
そこを敵が襲ってきたので、日置はふと出でて弦打ちして「えい」と言った。
すると、敵はその声を聞いて逃げ散ってしまった。
(関六蔵伝書)

――『日本史伝文選』





125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/26(金) 16:46:37.63 ID:lk5iIdeN
後の「不射の射」である

129 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/26(金) 21:44:12.69 ID:EHn1Pe3t
>>124 >>125
源義家成分(要素?)もけっこうな濃度で入ってる気がする
もっとも、日置さんが退治したやつはモノノケじゃなくて生身の人間なんですねい

130 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/27(土) 01:33:03.76 ID:E5ujqAhY
日置弾正=吉田重賢説って信憑性あるんかね


スポンサーサイト