災いは婦人の口より生ずというが

2013年04月14日 19:08

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 00:10:37.54 ID:1XYuPSaZ
大越紀伊は、最初相馬義胤の配下であったが、その後変じて磐城常隆に従い、さらに変じて
密かに伊達政宗に通じ相馬や磐城と敵対しようとした。

所が、大越紀伊の妻は大越甲斐の妹であったのだが、彼女は大変嫉妬深い女性であった。
そしてこの頃、本田孫兵衛という者があり、大変な美貌の若者で、彼が大越紀伊と心を通じ
衆道の間柄にあると噂があり、かの妻はこれに激しい妬心を抱き、夫の様子を常に窺っていた。

そんな事はつゆ知らず、大越紀伊は伊達と密かに連絡を取っていたのだが、その時どうしたわけか、
密書を落としてしまった。

この密書を妻が拾い、「これは本田から夫への恋文であろう!」と思い込み、これを兄の甲斐に
送った。

それを見た大越甲斐は驚いた、なんとそれは、大越紀伊が伊達政宗に従い、磐城常隆の
所領を犯そうという内容だったのである。

大越甲斐はとんでも無い事だと思い、この密書を磐城常隆にそのまま見せた。
常隆は直ぐに北郷形部を紀伊の元に遣わし、北郷は紀伊を捕らえて常隆の元に送った。
そして磐城常隆は、終に大越紀伊の首を跳ねたとの事である。

災いは婦人の口より生ずというが、それも理である。
(奧相茶話記)




257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 00:17:31.21 ID:1wagCXZS
いや全然婦人の口関係ないよね...

アーッで身を滅ぼしただけだよね(´・ω・`)

258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 00:19:30.00 ID:oJcbyOKA
災いって言われても、奥さんよりも大越のが悪いだろ

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 00:26:10.89 ID:Y1gH60y3
>>257
これだけじゃそれは濡れ衣かもしれへんのやで…

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 07:03:33.90 ID:qgrB6CFx
中身も読まずに兄の元に送ったのかよこの妻は

261 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 07:42:54.61 ID:NAsPBQyd
女の嫉妬は怖いのだわさ
古来、これで身を滅ぼす男は多いし
相手を十二分に見極めんとな(泣

武士だとオトコの見極めもだいじだが

スポンサーサイト