大阪夏の陣と禁裏

2015年03月06日 18:57

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/05(木) 19:42:17.75 ID:GCUzH/+m
慶長20年(1615)、関東と大阪の、大阪冬の陣での和睦が再び破れると、京都においては、大阪より多勢が上って来て
洛中洛外は一片も残さず焼き払う合戦に及ぶ、との沙汰で持ちきりであった。
このため京の人々は騒ぎ立ち、愛宕山、比叡山、鞍馬山の奥を訪ね、貴賤上下が財貨を隠し、
京の騒動は狼藉に及ばんとする有り様であった。

また禁裏・仙洞御所では、御庭から殿上まで、人々が財貨雑具を運び入れ、草花の園に至るまで、
人々は皆、小屋をかけてそこに籠もった。
帝は歴代、衆生を慈しみの目でご覧になり、無限の御慈悲を持たれていたので、昔よりこういう事が
起こるたびに、身分の後下を問わず、禁中に避難することを許されていたのである。
何とありがたいことであろうか。

板倉伊賀守がこの京中の騒動の有り様を関東へ注進すると、松平下総守(忠明)、本多美濃守(忠政)が
王城を守護するようにと派遣された。

(豊内記)

大阪夏の陣の勃興で混乱した京の様子である。




スポンサーサイト