棄鉢の梅

2015年12月08日 15:50

92 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/07(月) 21:45:22.10 ID:ortMqA78
徳川三代将軍・家光は梅の盆栽を熱愛するあまり、「もしこれを傷つける者が
いれば、すぐさま手打ちにする」との旨を、厳しく言い渡した。

ところが、大久保忠敬(忠教。彦左衛門)がその梅を殊更に傷つけて主君の
反省を促した。家光は自分の非を悟り、鉢を庭に捨てようとした。

その時、松前家当主・公広が伺候してその場にいたのだが、彼は特に請うて
その梅を拝領した。公広は江戸の藩邸にこれを埋めて“棄鉢の梅”と名付け、
後に居城福山に移植した。

現在、福山公園(松前公園)にある臥龍梅はすなわちこれであると伝えられる。

――『北海道の口碑伝説』

その梅がこちら。
ttp://archives.c.fun.ac.jp/fronts/detail/oldmaps/4f50c7d8ea8e8a0b70001ca5





スポンサーサイト