大木土佐守の殉死

2016年05月21日 14:51

754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/21(土) 05:02:57.54 ID:TcEpCjsE
(清正の逝去により、)国中の士農工商は悲嘆に及んだ。大木土佐守という者は佐々陸奥守(成政)
に仕えたが、陸奥守逝去の後に清正に奉公し、3千石の身の上で勤めた。清正は長年とりわけ大木に
懇志であり、それゆえに大木は、「重恩は感謝しきれない。冥途まで御供申さん!」と言って、切腹した。

――『清正記』

大木土佐が追腹を切ったことは本書(清正記)の如く、6月25日の辰刻に私宅で切腹致した。
その時、家老たちへこの旨を申し達し、いずれの者もやって来て様子を見たところ、

三宅角左衛門は、「なんとまあ、武運に叶った侍かな。異国や日本で数度の忠功を致して御厚恩を
蒙り、いままた黄泉までの御供を致すとは、羨ましき武士である」と言って、土佐の死骸より流れ出た
血を取り、自分の手の上に置き戴いて、嘗めた。

この事の是非は計り難いけれども、この他には聞かないことなので、これを記すものである。

(中略)

葬礼は10月13日に西光寺原において遂げ行い、京都本国寺の住持・日桓上人により引導された。
追腹を切った大木土佐と金官(良甫鑑)の棺も清正の棺に続いて担がせ、同じく宮籬の内に左右に
並べ置かれ、同日桓上人により引導された。

(清正の)廟所は本書の通り中尾山に建てた。前述の両人の者たちの廟も日乗大居士(清正)の廟の
左右の脇に並べて立て置かれたのであった。さてまた、本妙寺はもとは熊本にあったものを取り去り、
中尾山の麓に建てたのである。

――『続撰清正記』




スポンサーサイト