松江城のギリギリ井戸

2016年12月16日 08:07

423 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/16(金) 06:13:05.59 ID:cGxjSaEe
松江城のギリギリ井戸

堀尾吉晴が松江城を築かせている最中、表鬼門に位置する石垣だけは何度石を積んでも崩れてしまい、工事が終わらなかった。
吉晴がその場所を掘り返させ徹底的に調べた所、そこから一つの頭蓋骨とそれを貫く錆びた槍の穂先が見つかった。
吉晴はすぐさま神主を招いて二夜三日に渡る大祈祷を行って頭蓋骨を供養した所、以後障りなく石垣造りが進んだと言う。
また、頭蓋骨を掘り当てた場所からは澄んだ水がこんこんと湧き出し井戸となり、この時掘った形が頭のつむじの形に似ていた為、当地の方言でつむじを意味するギリギリからギリギリ井戸と呼ばれる事になった。



スポンサーサイト

松江大橋の人柱

2016年12月16日 08:07

424 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/16(金) 07:00:23.69 ID:cGxjSaEe
松江大橋の人柱

松江城築城にまつわるもう一つの人柱伝説。
関ヶ原の功で雲州に入った堀尾吉晴は月山富田城に入ったものの、城下町形成の為平地にある亀田山の末次城(現松江城)へ本拠地を移城する事を決意。
月山富田城を解体して資材を運ぶには大橋川を通らねばならなかったが、当時はカラカラ橋と呼ばれる竹造りの小さな橋しか無かったので、木造の大きな橋を架ける事になった。
が、洪水や事故などの為工事は難航し、例によって人柱を立てる事に。
人選はこの翌日、一番に橋を渡る者でマチの無い袴をはいた男(横縞の継ぎをした袴という説も)を人柱にすることと決め、その日の朝に運悪くその姿で橋を渡ったのが、足軽の源助だった。
源助は捕まり橋脚の下に埋められ、その甲斐あってか橋は完成、その後、大橋の中央の橋脚を「源助柱」と呼ぶようになったという。
また異聞もあり、人柱を立てる事が決まり人選について皆が悩んでいた際、源助と言う足軽が
「明日、下駄を履いて橋を一番に渡る者を人柱としよう」
と提案。翌日、その姿で真っ先に橋を渡ったのがこの源助当人で、彼は誰もがなりたがらない人柱の役を自ら引き受けたとも言われる。

425 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/16(金) 07:11:56.86 ID:cGxjSaEe
ちなみに、このマチの無い袴と言うのは
「まち」がない袴を「行灯袴」と呼びおもに下級武士や足軽が用いたもので、現在は女子が用いる袴はすべて行灯袴であることから「女袴」ともよばれる。
http://i.imgur.com/OzaHeU6.jpg
http://i.imgur.com/6aUvzxK.jpg
OzaHeU6.jpg
6aUvzxK.jpg

万一偉いさんが通っても人柱にならない様に配慮したってはっきりわかんだね




水野忠重謀殺と堀尾吉晴

2013年08月28日 19:53

236 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 18:43:14.87 ID:vQh5f4kg
上杉征伐の時、徳川家康から石田三成と北国上方の様子を注進せよと命じられた
堀尾吉晴は、越前国に向かう途上で三河国池鯉鮒に至った。

時に水野忠重は吉晴と信友であったので、刈屋からやって来て吉晴を饗応した。
この時、図らずも加賀井秀望もやって来て三人は談話をしながら酒を飲んだ。

日はすでに暮れて吉晴は酔って眠ってしまった。すると突然、秀望は忠重を斬殺した。
太刀音を聞いて目覚めた吉晴は秀望を組み伏せて刺殺した。事態に気付いた忠重の
家臣達は刀を振るって吉晴に向かって来た。

吉晴は彼らを制したが聞き入れてもらえず、灯火を倒して暗闇にまぎれて庭に下り、
堀をつたって逃れた。吉晴は数ヶ所の傷を負い、家臣に扶持されて浜松へ帰った。

忠重の家臣達は吉晴が逆心により忠重と秀望を殺害したと関東へ報告した。
これを聞いて徳川秀忠は「吉晴と忠重の二人に限って逆意を企てるはずがない」と言ったが、

日あらずして飛脚が来たり「秀望の死骸をあらためたところ、三成の書簡がありました。
それには『徳川家の老臣、または吉晴か忠重を殺害したならば重く恩賞を与える』と
ありました。ですから秀望が忠重を殺し、吉晴が即座に秀望を討ったのです」と報告された。

よって吉晴の子息忠氏のもとへ使者を下してその功を賞し、家康も吉晴に御書を与えて、
その傷を見舞った。

――『寛政重修諸家譜』





吉晴はそのように深く感じ入った

2012年09月26日 20:29

639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/26(水) 00:10:22.99 ID:wMkph5TO

山崎の戦いの際、堀尾吉晴の家臣・則武三太夫は首を取って
吉晴の前にやって来た。

「おお三太夫、思ったよりもやりおったな」

(思ったよりも…?)

吉晴の言葉に怒った三太夫は首を持って進み寄ると、

「こんな時には大将の目も暗くなるものですな!
則武三太夫が取りし首をもっとよく御覧になられよ!」と、吉晴を罵った。

三太夫の非難に吉晴も怒ってしまい「憎い奴め!」と言うままに
三太夫を斬りつけると、三太夫の兜の星が削れてしまった。

すると、三太夫は一直線に敵の中へと馳せて行き、またも首を取って
帰って来た。吉晴は「絶対に三太夫は討死しただろう」と悔やんでいたので、
三太夫の帰還を大いに喜んだ。

「とにかくお前を誉めようと思うあまり、つい『思ったよりも』
などと言ってしまった。剛の者にかけるべき言葉ではなかったよ。
私の過ちではあったが、お前の二度の先掛けは誰よりも大いに勝っているぞ」

吉晴はそのように深く感じ入ったという。

――『名将言行録』

なお元ネタは常山紀談の模様。




640 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/26(水) 00:56:56.70 ID:jWnoSq73
先の>>572堀尾吉晴が武勲を子どもに言わなかったのは、こういう失敗がいっぱいあったからなのかw?
間違いを認めて正すのは美徳だけどね。

堀尾吉晴は深く慎み

2012年09月23日 20:40

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 18:22:07.02 ID:BpCeoGsi

堀尾吉晴は十六歳より従軍して四十年あまりの間に大小の戦に臨み、
自ら先駆けて多くの敵を討つこともあれば、士卒を下知して城を落とし、
陣を破ることもあった。

しかし、吉晴はそれだけの武勇がありながら深く慎み、子息にさえ
己の武勇を詳しく話そうとはしなかった。それでも自然と世に知られた
高名は二十二度といわれる。

ある人が吉晴の子・忠氏に吉晴の武功について尋ねた。忠氏は父の武功に
ついて詳しく知らなかったので答えなかった。

この時、その人が「この道の嗜みがないから知らないのだな」という様子
だったので、忠氏は深く恥じて、吉晴に大坂貝殻塚を一人で取った時のことを

教えて欲しいと言った。吉晴は答えなかったが、忠氏が他人にその道を
好まないのだと思われたくない一心で重ねて尋ねると、ようやくあらましを語った。

親子の間ですらこのようであったから、他人に語ることはなおさら無かった。

――『名将言行録』




573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 18:43:07.33 ID:h3S9/X5f
堀尾吉晴って名前自体が温和な雰囲気あるよな。

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 18:45:11.51 ID:OMEEsOQL
謙虚さがより武名を高めたいい話
現代でも自分から武勇伝話す人は大体ハッタリ気質だよなw

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 18:59:00.04 ID:4Cw0SdeS
謙遜は美徳かもしれないが、
黙ったまま死なれると子孫や歴史家は困るんだよ。
ある程度の政治家や軍人は回想録ぐらい書いておいてくれ。
公開は死後でいいから。

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 19:09:33.54 ID:OMEEsOQL
>>575
たしかに歴史家は困るな
子孫は知行の面ではその通りだけど、
先祖の武名が高いと比べられたり同輩からの嫉妬で苦労しそうではあるかな

577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 19:19:57.86 ID:QuUwL04t
仏の茂助と呼ばれてるけど、山内一豊の例のやつにも切れなかったのかな...(´・ω・`)


578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:30:21.21 ID:aXDYE3V/
普段は凄く物静かなのに、ハンドル握ると人が変わるみたいな


579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/23(日) 01:28:56.19 ID:yjCdr72Y
>>577
土佐に移ってからも両家には行き来があったらしいし
特にキレなかったんだろうね…えらいね…
もともと、それだけ仲良しだったってことなのかもしれないが

「私の見立てに狂いはなかった」

2012年09月11日 20:33

433 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/11(火) 18:36:57.61 ID:kKNGOlHu

岐阜の役の時、堀尾吉晴の子・忠氏は戦功を立てた。
吉晴はこの日の勝利の報告を聞き、首帳を見たところ、
「首一つ、十五歳、山田多門兵衛」とあるのを読みも終わらず、

「近頃まで竹馬に乗っていた童がもう功名を立てたかぁ。
父親が存命ならどれほど喜んだことであろうか…」と涙を流した。

また「梯子権八の功名が記されていないのは何故だ。
討死したならともかく、功名については上から三番目以内に
入っているはずの者なのに」と怪しんだが、やがて飛脚がやって来て、

「権八は一番に続いて首を取りましたが、手負いのために
首帳に記すのが遅れました」と告げたので、

「私の見立てに狂いはなかった」と言ったということだ。

――『名将言行録』





豊臣秀吉は堀尾吉晴に曰く

2012年08月27日 20:51

243 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:10:25.62 ID:AeQrmEyE

小田原の役の後、豊臣秀吉堀尾吉晴に曰く

「わしが藤吉郎と名乗っていた頃から、お前はわしに仕えてきたが、
数度の戦場を経験して、今までに一度も負けたことがないな。

今、わしは天下の主宰となり、最高の地位についた。
それはひとえに諸将の粉骨砕身によるものだ。
しかし、その中でもお前の功労は万人に勝っている。

その昔、源頼光には四天王がおったが、お前はわしにとっての四天王だ」

そのように言うと秀吉は吉晴を浜松城に封じたという。

――『名将言行録』




244 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:23:18.35 ID:vKQcB3K3
羽柴四天王とは何だったのか

245 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:29:54.74 ID:HGSRZv5C
1人で四天王は新パターンだな

246 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 13:56:45.10 ID:zECnmT/a
そして浜松城は権現様に

松江城普請の記録

2012年02月29日 21:54

101 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 17:48:17.35 ID:DN5SVbqq
慶長5年(1600)、関ヶ原の戦功として出雲を賜った堀尾吉晴月山富田城に入る。
翌年、吉晴の嫡男・忠氏並びにその家臣たちは、島根郡末次郷の極楽寺山を見立て、ここに新たな城を
建設する計画を立てた。

ところが忠氏はにわかに病に侵され、ついに逝去する。忠氏の子、忠晴は未だ10歳にもならなかったので、
この新城築城は中断された。
これを見た堀尾吉晴は家老たちにこう宣言する

「忠晴は未だ稚く、私はすっかり老いてしまった。そして新城を築くことは忠氏の志であり、
父が子の志を継ぐというのは順ならずと言うものである。
しかしこれらは全て私の為のことではない。天下のための事業である!新城築城を止めるべきではない!」

そして建築地を見てまわると、そこでは古より、宇賀ノ宮三所の荒神を祭っており、亀井田村(今の亀田村の事だろうか)、
奥谷の民たちによって春秋の祭りが怠らずに行われ、五穀の成就を祈り奉っていた。
彼らは吉晴に、この神をどうか他所に移させて欲しい、と伝えた。吉晴は「誠に然るべきことではあるが神慮のほども
測りがたい」と、この地の社司・門脇肥前定久を召し、神慮を聞かせ鬮を伺うと、3度まで鬮が当たったので吉晴は大いに喜び、
吉日を選んで宇賀ノ宮三所荒神を、亀田村奥谷の春日大明神のそばに移し、今に至るまで春秋の祭りは怠らないという。

また、築城予定地には巨大な榎があって、これも荒神であると言われていた。またそこは、大人塚といって
古代の人の物だという塚があったのを整地した土地でもあったためか、色々怪異の事が多く起こり、築城工事も
滞った。そこで意宇郡蘆高の神職・松岡兵庫に命じて祈祷をさせ、荒神は島根郡法吉村に移し、大人塚は同郡一成村に
移して、今宮と号し祭った。

その後三日二晩にわたり地割の祈祷を行った。今でも本丸において毎月二十八日に祈祷をするのはここから来ているという。

慶長12年に普請が始まり、同16年までの5年間の工事により、ついに城は完成した。
そして城下の末次、白潟の二邑をもって『松江』と名付けた。この理由は、外国の呉という国に松江という場所があり、
そこには鱸という魚と、ヒ菜という水草があって名物なのだが、これらが城下の宍道湖にもあって同じく名物であったため、
ここを松江と名付けた、と伝わっている。

この松江城は、湖から東西南北に堀を掘り入れたため船の走らないところはなく、往来自由でしかも後ろに高山を控え
前に大湖をたたえ、まさに天険の要害であった。

ただ、この城は外郭が未だ完成する前に吉晴が死去し、忠晴が家督を継いだといっても未だ幼年であり、
また幕府から特にこれといった仰せもなかったので、外郭の総門、木戸などは未完成のまま、今に至る。
(雲陽志)

出雲らしく、神々に気を使いながら築城したことの解る、松江城普請の記録である。




103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 18:27:50.78 ID:1PP4EUDD
>>101
松江築城の時に人柱にされた娘が『この城をよこせ~』って言って化けて出て来るのに困った
後の城主の松平何とかさんが

つ コノシロ(魚)

でズバッと解決したなんて話もあるなw

それはさておき松江城いい城だよね、実戦的でいかにも茂助さんらしいというか


104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 21:22:38.27 ID:/B7S0P0A
松江歴史館の説明だと、要害に築城しようとした義晴と平地に築城しようとした忠氏が対立してたけど、
忠氏が死んだ後、義晴が忠氏案を採用して今の場所になった、とのことです。

http://www.matsu-reki.jp/

堀尾吉晴「もし秀次が出頭を拒否した時は」と問われ

2012年01月02日 22:01

221 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/01/02(月) 01:56:32.34 ID:/iIKiTgO
1595年、豊臣秀吉は謀反を噂されていた甥で関白の豊臣秀次に出頭を求める事ととし、
堀尾吉晴前田玄以らにこの事を伝える使者に任じた。この時、吉晴は秀吉から

「もし秀次が出頭を拒否した時はどうするか?」

と問われ、これに吉晴は

「ご安心ください。適当に処置しましょう。」

と返答。もしもの場合は秀次と刺し違える覚悟を見せた。それまでにも自分の為に幾度も吉晴を
命の危険にさらしてきた
秀吉は、この言葉を聞いて涙ぐんだという。そして秀次の元に向かう途中、吉晴は

「用事がある。」

と言って玄以らを先に行かせた。そして吉晴はなじみの店に顔を出すと、

「もし自分が帰らなければ、注文した品の代金は払えなくなるが、その時は息子の忠氏に請求するように。」

と伝えたが、最終的に秀次は吉晴たちの説得で秀吉の召喚に応じたため、最悪の事態は免れたという。




九戸の乱の堀尾吉晴

2011年12月18日 22:01


九戸の乱の堀尾吉晴

堀尾吉晴 九戸政実 蒲生氏郷


405 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/12/18(日) 03:35:11.46 ID:prH6312C
堀尾吉晴は主君の豊臣秀吉の命で、九戸城で反乱を起こした九戸政実の討伐戦に参加した。
この時吉晴の役目は後方で軍勢の動きを監督する事だったのだが・・・

「俺だって前線に出て武功を立てたい!だが軍議に出席してしまうと、立場上そこで決まった
 配置に従わなきゃならんし、先陣争いも出来なくなる・・・」

そこで吉晴は考えた。

「だったら軍議を仮病で欠席すればいいじゃないか!」と。

そしてその翌日には先陣に決まっていた蒲生氏郷に先んじて九戸城に出撃した。迎え撃つ敵を
次々と討ち取り、九戸軍を追い詰めた吉晴は

「決死の覚悟をした者を攻めれば味方の被害もばかにならんな・・・」

と考え、

「本丸を明け渡せば命は助ける。」

と降伏を勧告した。

城兵がこの言葉を信じ本丸を明け渡すと

「城は手に入った。お前らにもう用は無いわ!」

とばかりに全員処刑したという。 「太閤記」より仏の茂助さんのちょっと悪い話。

ちなみに、吉晴より処刑した兵の首を届けられた秀吉は

「さすがは吉晴!お前こそ日本無双の剛の者よ!」

と吉晴を賞賛したという。





406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 04:25:29.15 ID:8efod3Ub
大河化決定

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 06:09:58.84 ID:9g4rH4p8
後にこれの祟りにより改易

408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 08:21:57.38 ID:wgu0H4cm
>>407
改易っつーか、一族が死に絶えたよね

409 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 10:05:03.96 ID:Sl3FZuBx
相手を仏にする茂助

家康伏見入城、堀尾吉晴の行動とそれに対する宇喜多秀家の反応

2011年04月23日 00:00

830 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 12:55:23.82 ID:4XA++rq6
慶長4年(1599)閏3月、この十一日に、いわゆる七将襲撃事件により石田三成が佐和山に引退している。
それから間もなくのこと。

黒田長政はその邸宅に豊臣家三中老の一人、堀尾帯刀(吉晴)を招き、徳川家康を伏見城へと入城させる
工作を相談。これにより堀尾吉晴は中老、そして三成を除いた四奉行の意見をたちまち取りまとめ、
中老、奉行の「総意」として家康の伏見入場を宇喜多秀家ら大老に提案。秀家らも「中老・奉行らの総意であれば
その通りにするのがいいだろう」と、これを認め、十三日、家康は伏見城へと入った。

さて、伏見城に入った徳川家康は堀尾を召して言った

「私は、貴殿と羽柴越中守(細川忠興)両人の計らいによって、先日の出入り(七将襲撃事件の事か)も無事に
処理でき、今又伏見の城に入ることができた。全て皆の粉骨のおかげである。
そのため、せめて今後の疎略がないように誓紙をもって誓約を成したいのだが?」

しかし堀尾
「今回のことは全て天下の御為にしたことであり、ここで内府(家康)の御一礼を頂き御誓紙を申し受ける
というのは私の本意ではありません。」とこれを辞退した。

が、十七日、堀尾邸を訪ねた家康重臣・井伊直政が取り出した、徳川・堀尾家双方の親睦を記した
血判神文を受け取る。ここに堀尾吉晴は親徳川家康派の立場を明確に表明したと言っていいだろう。

そして堀尾吉晴はそれまでの功により、越前府中五万石を加増された。


さてそんな頃、宇喜多秀家はその家老、明石掃部頭(全登)を側に寄せ、こんな事を言い放った

「堀尾は太閤の御恩を受け、今は中老の職にまでなったというのに、太閤が薨去された後は
他の同僚たちの前もはばから憚らず、一心に内府の前に馬を繋いでおる!(家康に奉公しているという意味)

先日の事だ、内府が伏見城に入った折に堀尾帯刀が内府からの誓紙を辞退したというのは
ご法度を守ったことであると会津中納言(上杉景勝)が堀尾を賞賛していた。

私はそれに全く同意できず、『ならば井伊兵部の誓紙を受納したのも御忠功だといわれるのか!?』
と言ってやった。その場にいた者たちは皆私の言ったことに一言もなく屈服し、『誠に言われる通りである』
などと申していたよ。

今に見よ!
内府の計りとして、加増を受け、大阪・伏見の間で今ときめいておる堀尾は、
若年より人の知りたる武功多く、実力も兼ね備えた者であるが、城付の五万石に己の一心を眩まされて、
既に一生の危うきを取った!彼の将来は暗いであろう!」

この秀家の発言は後年、大坂の陣のおり、明石掃部が人に語ったことだという。

当時の公家や寺社の日記に
『内府、天下殿になられ候。目出候。』『諸人大慶』などと書かれた家康の伏見入城。
この時の堀尾吉晴の行動と、それに対する宇喜多秀家の反応である。





831 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 19:51:14.40 ID:V9oXlp3h
この時点で徳川が豊臣にいずれ取って代わるって思ってた人ってどのくらいいるんだろ?

832 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 21:05:49.00 ID:aNSoQ4St
関白秀次が死んだ時点でもうみんなそう思ってたでしょ、後継者がいないんだもの

833 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 22:53:27.01 ID:qcyYrpiR
拾丸「やっぱり捨てられる運命にあったということね」

堀尾吉晴、少年の頃

2011年03月27日 00:01

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 23:06:28.03 ID:D3qnQPAP
堀尾吉晴はその幼名を仁王丸といい、彼の家は尾張国内で信長に長く抵抗した、岩倉織田氏の
家臣であった。

さて永禄2年(1559)の事、岩倉と織田信長勢との戦いで、岩倉勢は夜討ちを敢行した。

この時未だ元服も済んでいない堀尾仁王丸はまっさきに駆け込んで、名のあるものの首を
取って帰る、という功名をなした。

だが人々、元服も未だの若い仁王丸がそんな手柄を立てられるとは思えず、
「拾い首でもしたのだろう」と、彼の手柄をまるで信じなかった。

そして翌日、今度は岩倉勢が敵に散々に打ち負け総退却となった。
ところがこの中で仁王丸は一人馬から降りて敵のほうに立ち向かった。
仁王丸の叔父の修理亮がこれを見つけ大いに驚き、彼に向かって叫んだ

「どうして味方に遅れるのか!?とにかく直ぐに撤退するんだ!!」

ところがこれに、仁王丸

「若党の一人である山田が未だにこちらに帰ってきません!彼を探します!」

と答え、遂に敵中に残されていた山田を見つけ、連れて帰った。

この仁王丸の勇敢な行為に、「さては昨晩の功名も本当であったか!」と、岩倉の人々
自分たちの不明を恥じたという。

堀尾仁王丸、明年の夏元服し”茂助”を名乗る。


後に豊臣政権三中老の一人となる堀尾吉晴の、少年の頃のエピソードである。




532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 07:36:16.11 ID:jbWKCq2Z
>>528
栴檀は双葉より芳し、ですな

533 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 07:42:26.07 ID:KeF/dCJf
仁王丸って凄い名前だ。
んで成人してから茂助とか吉晴とか
なんだろうこのギャップは

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 10:34:27.43 ID:jqwJKrcX
>>528
山田もいい主君を持ったな

堀尾吉晴、出雲の佐陀江を・いい話

2009年06月17日 00:10

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/16(火) 21:08:09 ID:bE2LgsmF
出雲に佐陀江なる湖があった。ここは堀尾吉晴の家来たちにとって
憩いの場所だった。しかしある時、農民らが「灌漑に使いたいから
銀子二十枚で払い下げて下さい」と求めてきた。

奉行の者はかまわないと思ったのだが、吉晴は奉行を叱って「国に乱が
あった時、敵の中に飛び込んでいく武士たちが楽しむ場所を銀子などに
換えることができようか」と反対したという。






堀尾吉晴の国持ち大名の心構え・いい話

2009年05月22日 00:07

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/21(木) 21:04:18 ID:FH0syF+5
堀尾吉晴の国持ち大名の心構え。

豊臣三中老の一人にして、「仏の茂助」として評判の良かった堀尾吉晴は、浪人の再就職の斡旋
を図る事が多かったのだが、彼は国持ち大名の心得として次の言葉を残している。

「諸大名家において優れた勇士が浪人したと聞いた時は、直に扶持を与え、
所領が減る事を惜しんではいけない。
 何故ならば、良将を得なければ戦に勝つ事はできず、大きな武功も立てられないからだ。
 国持ち大名が、所領が減るからと言って良将を取り立てるのに消極的なのは、
与えられている碌を盗むに等しい」

加藤光泰のように、抱えすぎて破産と言う例もあるけど、織豊期の大名って、
多かれ少なかれこういうような論理が根底にあったのかねぇ?





堀尾吉晴、恵方巻をはじめる・いい話

2009年02月04日 00:21

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 18:44:16 ID:gHF9x0Yj
恵方巻の発祥が堀尾さんと言う話を聞いたので誰かkwsk



229 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 18:55:11 ID:kIziAUmr
堀尾吉晴、たまたま節分の前日に巻き寿司のような物を食う

出陣

大勝利

あれ、縁起良くね?




230 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 19:28:32 ID:1JYyWxDp
mjd?

松江城物語・悪い話

2009年01月04日 00:01

897 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/03(土) 14:57:22 ID:pCwaVxZQ
松江城物語

関ヶ原の戦功によって出雲・隠岐24万石を与えられた堀尾吉晴は、自らの居城として
松江城の建築を進めた。
だが、石垣が何度も崩れ、工事はなかなかはかどらなかった。
築城を急ぎたい堀尾吉晴は、天守の予定地で盆踊りを開催した。
そこに集まった領民の中から娘をさらい、密かに城の人柱として埋めた。
このようにして完成までの2年間に、3人の娘が人柱とされた。

しかし、それほどまでに城の完成を望んだ堀尾吉晴は、その完成を見る前に病死し、
堀尾家も犠牲になった娘の数と同じ、三代で断絶した。
また、天守近くで盆踊りを催すと、城が震えだし、これは人柱となった娘たちが
生前を懐かしんで踊っているのであろうと言われ、これを防ぐため松江では
盆踊りが禁止されたとも言う。

時は下って嘉永15年(1638)、新たな松江城主、松平直政が天守の天狗の間に入ると
そこに美女が佇んでいた。直政が「何者ぞ!?」と問いかけると、この女は
恐ろしい形相で振り向き、「この城はわらわのものぞ!」と、答えた。
そこで松平直政はとっさに、「コノシロ(鮗)が欲しければ漁師に取らせて与えよう!」と、
言うと、この美女は霞のように消えた。

翌日の夕刻、直政がコノシロを天狗の間に持参すると、再び美女が現れ、
柔和な顔で魚を受け取ると、また、霞のように消え去り、そして二度と
姿を現すことはなかった。

この美女は人柱にされた娘たちの一人、お鶴であったと伝わる。



コノシロについてはこちら↓
http://uomi-online.kir.jp/zukan/konoshiro.html



898 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 15:33:11 ID:SyjHJgp9
なんだよその戦国小話w

899 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 15:36:06 ID:IISzJVvJ
ダジャレかよw

900 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 15:44:43 ID:qLsNUEZV
コノシロで納得して素直に消えちゃうお鶴タン萌え。

901 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 17:03:27 ID:ogmJfAWw
きっと物凄い真顔で言われてツボに入ったんだろう。

902 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/03(土) 17:17:07 ID:PI9ytKkE
村娘なのにわらわ?

903 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 17:25:55 ID:gz5kZwUS
今で言えばニコ厨やVIPPERくらいの年齢だったのじゃろう
お鶴「このしろwwwwwまじうけるんですけどwwwww」

906 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 20:52:20 ID:YJqxWenb
  ∧l二|ヘ
  (・ω・ )  ←に土産を持たせてどこかのスレに送ってください
 ./ ̄ ̄ ̄ハ
 |  福  | |
 |  袋  | |,,,....

   ̄ ̄ ̄ ̄

【現在の所持品】
帽子 老眼鏡 爪楊枝 ステテコ コタツ 仲村みうのDVD「卒業」 東名
オプーナ オプーナ オプーナ 株券 オプーナ 信長の野望online争覇の章 いづおロール 犬上小太郎
神藤美香のDVD(赤) ( ´;゚;ё;゚;) FF11アルタナの神兵追加ディスク 、FF11ジラートの幻影追加ディスク、xbox360エリート
もんもん ネコ ミカン DDR2 32G分 E8500 トイレ 精力剤 GV-MVP/HS2 ヘンシェル λ ID:x9wfJxWn 
敵の潜水艦 AIR セガサターン白 お寿司 味噌カツ 4等当選年末宝くじ RG125γ

907 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 22:57:13 ID:jB5xJTyh
>>906
このしろでも持ってけ

908 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 23:34:29 ID:BUFXOECC
>>898-899
呪術的には言葉遊び的なものもありだと思う

堀尾忠氏と「禁足の地」・悪い話

2008年12月08日 00:22

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 19:49:18 ID:WEBcZuCH
なんか荒れそうな雰囲気が出てきたので逸話投下


関ヶ原の戦功により、堀尾吉晴とその子忠氏は、出雲・隠岐24万石を与えられた。
出雲といえば神国。神異の場所、物が多くある土地である。

彼らが新しい居城の建設場所として決めたのは、亀田山であったが、
その近くにも、禁足地とされる池があることを、忠氏が知った。

そこに足を踏み入れれば、土地の神のたたりがある。
それを聞いた忠氏は一笑に付した。そんな馬鹿なことがあるものか、そこに私を連れて行け
迷信である事を証明して見せよう。

父、吉晴はそれを止めたが、忠氏は聞かず、その池に行き、一人踏み込んで行った。
やがて池から上がってくると


忠氏は紫色の顔をしており、そして、倒れた。
慶長9年(1604)、堀尾忠氏、急逝。まだ28歳であった。

地元ではこの事を、「出雲神の御乱」と呼び、今も語り伝えている。



122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 19:57:22 ID:II0fAfQN
出雲こえええええええええええええ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

123 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 20:01:19 ID:sUy+0kFe
今行っても同じようなことが起こるのかな。

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 21:43:35 ID:heByHeK4
小山評定で山内一豊にアイデアぱくられたり(俗説だが)、
若いのに神罰にあって命落としたりとなんか気の毒な人という印象だな>堀尾忠氏
評定の後でも一豊を笑って許したと言われるし、祟りを恐れないというのは
現代的な価値観で言うとむしろ好印象なんだけどなあ(まあガチで死んでるけどw)
友達になりたい

126 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 21:46:26 ID:PCEKYydp
見立て殺人で2、3番目に死ぬいい人って感じ
「○○だって?馬鹿馬鹿しい。俺は帰るぞ!!」

128 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 23:29:27 ID:7oNG8/Pz
>>125
この手の「禁断の地」は「なぜ危ないのかは見当もつかないがとにかく危ない」ことを
無理やり説明する場合の道具みたいなものだからな…
毒虫だのなんだのの群生地だったりガスの噴出孔だったり。

129 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 23:34:10 ID:bgYOYlvI
>>121
たとえば、毒を含むみずだとか、毒ガスが漂ってるとかかな

130 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 23:38:52 ID:bgYOYlvI
おっとすぐ上に書いてあった

132 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/07(日) 23:47:44 ID:O9gTYghg
>>125
ぱくった山内一豊は土佐一国を得て、ぱくられた堀尾は
出雲・隠岐を貰うにとどまった的に言われたりするけど、
俺が思うに当時の土佐より出雲・隠岐の方が恵まれている
気がするんだが。
当時の四国って、九州より遠隔地のイメージでしょ?


133 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/07(日) 23:51:01 ID:bgYOYlvI
>>132
讃岐なら京の近くかもしれないけど、土佐なら遠そうだね

134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 01:06:42 ID:WJIBpmuj
>>121
毒の沼地ですね、分かります。

ラーの鏡でも拾ってきたら英雄になれたのに。

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 01:22:56 ID:MUNQqzUm
>>132
長曾我部が土佐8万石って言って
家康がそう認識してたなら
山内さんは掛川6万石→土佐8万石で2万石ぐらい加増
堀尾さんは浜松12万石(親父の越前5万石)→出雲隠岐24万石で
加増は堀尾さんのほうが上だったのでは?
秋田さんが5万石って言ってたばっかりに東軍についたのに実質大幅減収だったり
佐竹さんは5万石程度に飛ばしたつもりだたのに21万石あってラッキーだったみたいな

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 02:02:09 ID:rPz5o/KT
秋田は初代の「女の子な安東愛季」スレで触れられたが戦後処理で鮭様にハメられたんだよな。

スレがまとめも無くて●なしではサルベージ出来ないが。


137 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 02:30:41 ID:T97I923j
小田原、朝鮮、関ヶ原でのちょうすがめの動員兵数から
家康のプッシー知らずも土佐の国力をある程度把握出来てたかもだ。

140 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/08(月) 06:20:12 ID:AjAyyCpZ
>>134
ロトのしるしかもしれない

堀尾忠晴の大阪の陣・悪い話

2008年11月16日 00:03

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 13:34:03 ID:1y4u8htk
大坂冬の陣で。
家康は大和川の両岸に上杉軍・佐竹軍を配置、
その後方に丹羽軍・堀尾軍をつけて後方支援に当たらせ
「明朝から上杉・佐竹は同時に攻撃を開始し豊臣軍を撃退せよ」と命令した。
戦いの内容は中略するが、上杉軍の方は無事豊臣軍を撃退。
明朝から戦っていた上杉軍を気遣い家康は「堀尾軍と代われ」と命じたが、
景勝は「身を粉にして戦って取った陣地を、
他人に任せることなど出来ない」と堀尾軍との交代を拒否、
次に丹羽長重が来たのだが、景勝は長重に見向きもせずガン無視。
長重はその無言の様に景勝の決意を悟り、後日その姿を大いに褒めた。

ところで上杉に陣地交代を拒否られた堀尾忠晴は
対岸の今福で苦戦中の佐竹軍に救援をしたのだが、
戦が終わると佐竹からの使者が来て
「あれは苦戦してたんじゃなくて
敵を引付けるために苦戦してるフリをしてただけなんだから
勝手に敵を攻撃したりしないでよねっ!
お陰で作戦が上手くいかなかったじゃない!」
と感謝されるどころか文句を言われた。
(え?佐竹って上杉には救援要請してなかったっけ?)
秀忠からは今福の戦いでの戦功を称える感状を貰ったのだが
後日軍使が来て「確かに頑張ったみたいだけど
佐竹の作戦の邪魔したらしいじゃん。
こういうのは軍令違反だから今後はもう勝手な真似しちゃダメ」
と、やっぱり注意を受けた。
これに忠晴は「目の前の敵を、コレは別の人の相手だからと
見逃すような真似は出来ないので、ご容赦ください」と答えたという。




190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 14:06:45 ID:JUL2/4z8
>>189
徳川もあっちゃこっちゃで言い分が違うから、大変だっただろうなw