にぐるもはやき あしがらの敵

2016年06月05日 22:02

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/05(日) 01:17:14.47 ID:uXEk1Z/S
 天正十八年庚寅の年三月朔日、大相国秀吉公、小田原北条左京太夫氏直退治のため
駿河に長陣あった時、裾野で、
「曽我兄弟が乗った馬に水より他に飼葉がないと言ったのも、今では自分の身のように覚える」
と嘆いているのを聞いた大村由己は

在陣を するがのふじの 山よりも たかねにかふは 馬のまめかな


 同じ年の三月二十九日、山中の城を攻め落とされると、その勢いに恐れ、
北条勢が箱根足柄の城を明けて退いたときに

山中を せむればあくる はこね山 にぐるもはやき あしがらの敵

(醒睡笑)




スポンサーサイト