FC2ブログ

伊勢貞衛と名刀・小烏丸

2018年12月20日 18:32

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/20(木) 15:49:56.78 ID:uGEyRlVX
伊勢貞衛と名刀・小烏丸


伊勢貞衛は、元々は室町幕府の政所執事の家系である伊勢氏の出である。
曽祖父・貞孝は将軍地蔵山の戦いで静観していたため足利義輝や三好長慶の怒りを買い
更迭された。貞孝は挙兵したが松永久秀の追討を受け、子の貞良ともども戦死した。
貞良の子の貞為は義輝死後に足利義栄に仕えたが、義昭が上洛し義栄も亡くなると
家督を追われた。そして信長、秀吉と主君を変えることとなった。
貞為の子の貞衛は幼いときから秀頼に仕えていたが、大坂の陣で豊臣家が滅んでしまう。

貞衛は寛永14年(1637年)の家光の代に、春日局*の懇請で寄合旗本となっているが
寛永12年4月3日の池田由成(元助の孫)宛細川忠利書状(『細川家文書』)では
「伊勢兵庫殿が小烏という太刀を上様に献上するつもりだそうで、鰹や酒を送って
 きたが、春日殿にも頼んでいるようだから、自分に出来るようなことは何もない」
と記されており、幕府の旗本となるための活動をしていたようである。

この小烏丸は、平貞盛の将門追討での朱雀天皇からの恩賞とされ(『寛政重修諸家譜』)
徳川家に献上されたものの伊勢家に預けられ、江戸期に三度も台覧に供されたという。
明治15年に明治天皇に渡り、現在は宮内庁管理の御物となっている。
現代では製作時期は室町前期で、いわゆる”平家の小烏丸”ではないことが分かっている。
伊勢貞衛は本当に平家の小烏丸と思っていたのか、それとも謀ったのだろうか。


* 春日局の妹が伊勢貞衛の母であり、池田元助の正室は伊勢貞良の娘であるので
 春日局と池田由成は、貞衛の親戚にあたる。


スポンサーサイト



伊勢貞興、諏訪盛直の討死

2018年09月21日 09:59

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/09/19(水) 18:40:30.90 ID:9YaWm/t0
(山崎の戦いの時)

寄手の先陣・高山南坊(右近)は味方が天王山を取り敷いたのを見て、そのまま山崎の大総門を押し開き、
打って出た。柴田源左衛門の備は総門の間際なので一番にこれを受けて鉄砲を撃ちかけ撃ちかけ防ぐとも、

池田父子(恒興・元助)と中川(清秀)の勢も追々雲の湧く如く競い掛かり、柴田源左衛門は散々に追い
崩され、それより段々と先手を追い立て厳しく厳しく攻め戦った。

中川は山を登って光秀の右備の諏訪飛騨守(盛直)・御牧三左衛門(量重)と弟の勘兵衛(御牧量則)の
左から打って掛かる。池田父子は川を越えて左備の伊勢与三郎(貞興)・津田与三郎(重久)の備の右を

突いて互いに箕の手形になって左右より挟んで引き包み討たんとす。斎藤(利三)の備に組みする先手の
近江勢は三方の敵を見て大いに恐れ、裏崩れして四方に敗走した。阿閉・後藤・多賀・久能・小川らは

取って返して諏訪・御牧を救わんと備も立てず専らに中川と池田に打って掛かり、一戦に追いまくられて
四方へさっと逃げ散った。高山・中川・池田の輩は逃げる近江侍どもは追い捨てて、また津田・伊勢・

諏訪・御牧らを討ち取らんと競い掛かる。伊勢が諏訪と御牧に向かって「さても申す甲斐もなき近江勢の
臆病者! 足手纏いが何になろうか、落ち失せたことは幸いなり! いざや花々しく討死して骸の恥辱を

すすぐべし!」と言えば御牧兄弟も同意して残兵千余騎は魚鱗に備え、勝ち誇る池田父子・中川・高山の
9千5,6百の大勢の中へ遠慮会釈もなく馳せ入り、敵を数多討ち取って伊勢も諏訪も同じ枕に討死した。

――『改正三河後風土記(柏崎物語)』


幕府政所伊勢氏の滅亡

2018年04月11日 19:39

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/11(水) 18:33:41.45 ID:X7GcZDk4
三好長慶の勢いは天をも覆うほどであり、そのため松永久秀の威勢も、諸人を併呑するほどに
見えた。

この年(永禄5年(1562))六月二十三日に熊野山本営が炎上したとの知らせが有った。
先例前代未聞であり、天下の奇異、如何様ただ事ではないと、人々はこれを嘆いた。

同年九月十一日、京の伊勢伊勢守貞孝とその子息兵庫頭貞良が、三好に敵対する江州衆(六角)
および畠山衆と内通したとして、三好勢に攻められ丹波路長坂山にて父子ともに討ち死にした。
無残なことである。

(足利季世記)

幕府政所伊勢氏の、事実上の滅亡についての記事