FC2ブログ

神戸乗っ取り

2018年06月06日 17:15

851 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/05(火) 20:11:50.13 ID:Dj4OAh2c
織田信長の次男(三男)である三七信孝は、永禄11年の伊勢攻めの際、神戸具盛との和睦に際し
15歳にて具盛の養子となったのだが、実は当初、信長は「同じ一族の内」と言うことで、
神戸氏の親族であり織田方であった関安芸守盛信の子息、関勝蔵を神戸家の養子とするという
約束をしたのだが、それを違え信孝を送り込んだのだった。
それ故か、神戸具盛は信孝を粗略に扱った。

これに対し信長は、元亀四年正月、神戸夫婦が年始の礼に参った際、彼らを取り押さえ、身柄を
蒲生賢秀に預け、近江国日野城に幽閉した。また信長は関氏に対しても悪く思われ、彼らの所領を
没収した。

神戸具盛はその後、日野にて相果てたという。

(氏鄕記)



852 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/05(火) 20:28:03.15 ID:nPTUAMjV
関氏はのちに蒲生の配下になったから脚色でもされてるのかな
勢州軍記とはまた違う内容だ

853 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/05(火) 21:30:42.67 ID:XV5zybWD
関死の誤字はちょっと笑った
スポンサーサイト



神戸の関家への使い

2018年05月12日 17:44

744 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 13:05:39.89 ID:QTv4/s/v
永正7年8月、大和国、筒井某より、伊勢国河曲郡神戸の関家に、2名の使いが送られた。
彼らは商人の姿となり、連雀(物を背負うのに用いる背負子(しょいこ))を肩に担いで
通行していたが、その途中、伊賀国において、服部家が支配する荒木の関所において、
「怪しい奴らだ」と咎め立てられた。

このように疑いをかけられ、両名のうち、一人はとにかく無言でいたが、もう一人は
自分たちは怪しいものではないと様々に弁解したものの、関所の者達は信じようと
しなかった。
このため終に口論に及ぶと、この者も気が早かったので、火打ち石を打ち、
連雀の中に入れてあった紙包みなどを焼き捨て、その上で関所の者と刺し違えて死んだ。

残った一人は、「これといったことも言わなかったが、もはや逃れまじき」と思い切り、
良き相手と思しき者に飛びかかり、引き組んで刺し違えて死んだ。

この事件は伊勢にも聞こえ、自分たちに送られた使者が殺されたことを、関家も遺恨と思った。

実はこの頃、近江六角氏はかねてからこの、伊賀服部家と不和であり、服部を斬り従える
機会を伺っていた。ここに関家より修好を持ちかけた所、六角にとっても願う所であったため、
一味同心して伊賀国を攻め取らんと、お互いが積極的に定めたのである。

(關岡家始末記)



傘下国人の統制が利かない北伊勢諸家

2017年03月31日 21:39

711 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/31(金) 17:32:24.73 ID:GXvuqNGc
戦国時代の北伊勢の国人衆、「HKS48」こと、北勢四十八家はご存知でしょうか?
このHKS48、実際には五十三家の国人がいたそうで、そこから選抜された国人だけが四十八家を名乗れたという。

という戯言はさておき、北伊勢のネタ?が少ないようなので、ちょっと発掘してみました。

近江六角勢による北伊勢侵攻「神戸城攻防戦」

弘治三年(1557)、近江の佐々木六角承禎(義賢)は、小倉三河守実隆(蒲生定秀三男)に命じ、伊勢国三重郡にある柿城(現朝日町)を攻略させた。
柿城主・沢木(佐脇)宗喜は神戸(かんべ)氏に救援を求め、当主下総守利盛は自ら一千余騎を率いて出陣した。
ところが、利盛出陣の留守を守る神戸氏六奉行の一人である、岸岡城主・佐藤中務丞父子が近江勢に通じて謀反を起し、本拠、神戸城を略奪、利盛の妻子を追い出すや、近江勢、小倉実隆を城に引き入れたのである。
急を聞いて利盛はただちに兵を返したが、神戸城の奪還はならなかった。
万事窮したところへ、岸岡城を守る佐藤氏の家臣、古市与助が利盛を岸岡城に招きいれたことで、とりあえず利盛は一息つくことができた。
当時、神戸氏は宗家たる関氏と険悪な関係であったため、これを頼ることが出来ず、利盛は母方の長野輝伯(藤定)を頼ることとなった。
長野氏は同心し岸岡城に援軍を出すと、神戸・長野連合軍はただちに神戸城へと押し寄せた。
小倉実隆も防戦するが、地の利を知る神戸勢は勇戦、城を包囲するや諸方より攻め立てる。
やがて小倉勢は破れて千種城に引いた。利盛はこれをことごとく追討し会計の恥を雪いだ。
主君を恨むものは天罰を逃れられない。佐藤親子は城を逃れて十宮村に引潜んだが、利盛はこれを許すといって招いた。
佐藤が登城する際に人を道に潜ませこれを討った。その子又三郎も十宮で討たれた。死体は莚に巻いて三日市に晒した。
昔、佐藤の下人だったものがそれを見て怒っていった。
「お前は無道で主君に背いた。又罪も無い俺を憎んだ。天罰覿面だ」と。
そのあと2,3回これをけった。
するとたちまち脚気になり一生足が立たず居去り乞食になったという。

(勢州軍記)

傘下国人の統制が利かない北伊勢諸家のお話。