FC2ブログ

とりわけ『べい』『べら』と云うこそおかしけれ

2021年02月20日 18:09

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 17:22:09.09 ID:0XyPLAi2
近年聞いたことである。
鈴木宗順という京の人が、江戸に下ってこのように云った

「関東は、聞いていたよりも、見ればいよいよ下国にて、よろず賤しい。
人は頑なに言葉が訛って、『なでう事なき』『よろこぼひて』などと片言ばかりを
云っているため、内容が聞きづらい。

拾遺和歌集に『東にて養われたる人の子は、舌だみてころ物は云いけれ』と詠ぜられている。
さてまた、宗碩が『片つ田舎は問はるるも憂し』と発句をしたところ、『何とかはだみたる聲の答へせん』と
宗長が付けた。宗長は生国関東の人(生国は駿河国島田とされる)なればなり。
『都人、問ふもはずかし舌だみて うきことわりを何と答へん』と詠んだのもげに理である。
とりわけ『べい』『べら』と云うこそおかしけれ。

これにつけても我が住み慣れし九重の都、さすが面白き境地である。人王五十代桓武天皇の御宇、
(延暦)十三年甲戌十月二十一日に、山城国愛宕郡に都を遷された、男女の育ち、尋常に、言葉
優しく有りけり。」

関東衆はこれを聞いて

「愚かなる都人の云うことである。国に入っては俗を問い、門に入っては諱を問う。これ皆定まった
礼である。知らぬ国に入り、その国の言葉を知らないのに、それを問わないのは道理に合わない。

孔子は生まれながら物を知る智者であった。その孔子も大廟に入って、祭りに與った時には、事々に
人に問うたとか。舜も大智の聖人にてましますけれども、よろすに物を人に聞かれた。
知っている上にも問うのが、智者の心である。

そして関東の諸侍は、昔から今に至るまで、仁義礼智信を専らとして、文武の二道を嗜まれた。
民百姓に至るまで、筆道を学び、文字に当たらない言葉は、あからさまにも唱えない。

この宗順は、文字般若(般若の道理と智慧とを、文字によって示したもの)に暗ければ、義般若にも
暗く、却って他を難じている。
文字は貫道の器である。器なくして善くこの道に達するという事が、どうして出来るだろうか。

されば伊勢物語に『よろこぼひて』と書かれているのは『喜びて』の事であり、『なでう事なき』とは
『させる事なき』という事である。
『べい』は『可(べし)』の字である。言葉のつながりによって『べし』とも『べら』とも云う。
古今集に『秋の夜の 月の光の清ければ 暗部の山も越えぬ「べら」なり』と詠まれている。

その上、『知って問うは礼なり』と、古人も申されている。ましてや知らずして他を難ずるのは
まさしく道理に合わない。」

と云った。

慶長見聞集

関東の訛りについてのやりとり



スポンサーサイト



『地獄網』

2021年02月13日 17:43

558 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/13(土) 14:39:43.92 ID:AS76j+Ni
相模、安房、上総、下総、武蔵、この五ヶ国の内に巨大な入海が有る(江戸湾(東京湾))。
諸国の海を廻る大魚どもも、この入り江を良き棲家と知って集うのだが、関東の海士(漁師)は
取ることを知らず、磯辺の魚を、小網や、釣り糸を垂れて取るばかりであった。

そのような所に、江戸が繁盛すると、西国の海士が尽く関東に来て、この魚が豊かな状況を見て
願うに幸いかなと、『地獄網』という大網を作り、網の両端に、二人して持つほどの石を二つ
くくり付け、これを「千貫石」と名付け、二筋縄を付け、長さ三尺ほど、幅二、三寸の木を、
「ふり」と名付けて、大網の所々に千も二千も付ける。この「ふり」という木は、魚の目には
光るのだという。

早舟一艘に、水夫六人づつ、計七艘に取り乗り、大海に出て網をかけ、両方に三艘づつ引き別れて
大網を引く。残りの一艘は「ことり舟」と名付け、網本に在って左右の網の差し引きをする
この網の内にある大魚小魚、一つも外に漏れる事はない。海底の鱗屑までも、尽く引き上げる。

さてまた、海底に有る貝を捕ろうとして、網を海へ下ろし、大網を引きずって、舟の内に
巻き車を仕付け、碇を打って網を引くと、砂から三尺底にある諸々の貝どもを、熊手にて
引き落とす。
このような漁は天地開闢以来、関東では見たことも聞いたこともない。こうして海底の大魚、
砂底の貝を取り上げる。

去るほどに四時(約8時間)を待つと、波の上、砂の上に魚貝どもが現れる。
現代では時節に関係なく常に服すことが出来るので、江戸に於いて初魚・初貝という沙汰は
無くなっている。

しかし、早くも二十四、五年このかた、この地獄網によって魚が取り尽くされ、現在では
かつての十の内一つの水揚げも無い。
『数罟?池に入らずんば、魚鼈勝げて食ふべからず』(目の細かい網を持って沼や池に入らないようにすれば、
魚やすっぽんは食べきれないほど多く取れるようになる)とは孟子の言葉である。
また淮南子に『流れを絶って漁る時は、明年に魚なし』(川の流れをせき止めて漁をすれば。明年その川に
魚は居なく成るだろう)と云っているのも思い出され、情けなく思う。

慶長見聞集



559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/13(土) 18:31:32.80 ID:HMWqVjZ5
大量に獲って干物にしたとしても当時の技術じゃ日持ちしないで腐らせると思うんだけどどうなんだろう

562 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/13(土) 21:17:18.61 ID:UEW2i6Ja
発酵なら弥生の頃からなれ寿司があるやん?
まあ、獣肉でも作っていたみたいだけど

冷蔵庫が世に出るまでは赤身の魚といえばマカジキをさしていたみたいだね
いまでは料亭以外にあんまり出回らないみたいだけどさ

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/13(土) 21:50:15.04 ID:EU1z4w3O
真水でも生きると言う理由で鯛も昔はチヌで代用してたもんな

565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/14(日) 10:48:39.79 ID:WC4+3ZPC
慶長見聞集』の成立が1615年ころか
徳川氏入部以来の二十数年でってのもすごい
在地関東の小網や、釣り糸を垂れる海士の証言体感からだろうからね

566 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/14(日) 11:04:01.39 ID:iwqvlRpR
大阪の佃の漁師を家康が呼び寄せてるけど、その漁師たちか

568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/14(日) 13:29:19.07 ID:NTR/whQU
江戸が繁盛するにつれて魚が徳川の徳を慕って江戸湾に集まってきた
と書いてる江戸時代の書物があるそうな

単に生活排水で富栄養化したからだけど

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/14(日) 14:16:05.61 ID:ujYigo7R
江戸の都市部は汲み取りやって農家に売っているぶん、水質汚濁はまだマシだったのかな?
同時代の欧州諸都市だと下手すりゃ窓から捨ててるだけだったし、
かなりよくて下水道があっても、そこから川にただ垂れ流していただけだったものなぁ…

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/14(日) 14:17:24.80 ID:ujYigo7R
ただ、現代でも雨が降ったら下水が垂れ流しになるのは、オリンピックのトライアスロン競技会場問題で広く知られるようになったね…

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/15(月) 15:03:33.25 ID:oQ5GrH8b
>>568
エーゲ海が美しいのはギリシャ文明が結局は大国になれなかった証明なんだってな

あはれ、髭生えるものなら

2021年01月23日 17:27

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/22(金) 21:31:17.79 ID:5jChY7Bo
天正の頃、小田原に於いて岩崎嘉左衛門、片井六郎兵衛という者、戯言を言っている内に感情的になり、
諍いとなった。この時、嘉左衛門には髭が無く、六郎兵衛が「あの髭無し!」と悪口した所、両人は即座に
刺し違えて死んだ。

これほどに、男たる者にとって、髭無しと言われるのは、臆病と言われるほどの恥辱であると
考えられていたのである。故に髭の無い男は、「あはれ、髭生えるものならこの身に変えても
毛髭を生やせさせばや」と願っていたものである。

ここ十四、五年このかた、頭に毛のないのを「年寄りのきんかつぶり(金柑頭)、蠅すべり」
などと仇名を言って若い人たちは笑う。
そして髭の生えた面は「鈍なる面、蝦夷ヶ島の人によく似ている」などと言い習わし、
上下の髭を残さず毛抜にて抜き捨てる。
そのようであるので、笠を着けて頭を包んだ人を見ると。法師とも男女とも見分け難い。

そういった世の中であるが、昔に帰ることも有るもので、異相なる人が有り、髪の毛を抜き、
髭をはやしており、これに人々はみな「髭生えて、昔男の業平」と云った。

『慶長見聞集』



539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/23(土) 23:03:52.40 ID:65ZMaUsf
>>536
              彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (   )::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \