FC2ブログ

人の善悪はこういう時に分明に

2021年02月17日 17:35

939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/17(水) 15:45:39.34 ID:LoJS9IHu
昔、上京あたりより火が出て、薬師院、菊亭殿の屋敷も延焼し、既に内裏も危うく見えた時、
八条宮(八条宮智仁親王)は、衣冠正して、太刀を脇に挟まれ、清涼殿に参り給いて

「火、近く見えたり。もし内裏にうつり候はんには玉体を守護し参らせ、行幸を他所へ
なし奉らんため、是にさぶらうぞや。
誰かある、このよし奏し申さしめ給え!」

そう声高に宣われると、宮中の男女、「実に頼もしき御装いかな」と、一度に感じ入った。

その頃、ここかしこに遊山見物などに出ていた公家衆は、大わらわになって、汗水を流し
肝を消し、逃げふためいて内裏へ駆け入ると、八条宮の御様子を見てさらに肝を消し、
逃げ惑い隠れ居る体は、見苦しいと言われても仕方がなかった。

人の善悪はこういう時に分明に成ると、織田常真(信雄)がこれを物語されたそうである。

(備前老人物語)



スポンサーサイト