大河内善兵衛、三河武士の手習い

2009年06月26日 00:04

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/25(木) 10:36:33 ID:QURfXZdj
三河武士の手習い

大河内善兵衛という三河武士がいた。「五千石男」村越三十郎などと並び称される
不器用・無教養な男だったが、家康が
「『六十の手習い』と申すからには、六十歳まで勉強はできるはずだ。」
と言うのを聞いて一念発起し、いろは四十七文字を覚え、近ごろは数字・国名などを
習うようになった。

習ったからには使いたくなるのが人の性で、ある日、江戸城の詰所に来た善兵衛、
「おのおの方、文字というものをご存知か?」と自慢し出した。
「ほう、一つ教えていただこうか。」無教養の者は純粋な興味から、教養ある者は
ニヤニヤしながら集まったところで善兵衛は話を続けた。

「さて、近ごろ拙者が習いおる所では、数字というのは、『一』が万物のはじめ、
左から筆を入れ、右に引き、油断無く止める・・・」と学者の受売りそのままに語りだした
・・・のは良いが、『七』まで来て、二画目を左右どちらに曲げるか忘れてしまった。

「善兵衛、どっちに曲げるんだ?」「うむ、どっちが良い?」「聞かれても困るわ!」
「分かった、左じゃ!!」と言い切り善兵衛、左に書いたものだから、教養ある者は
もうこらえ切れずドッと笑った。

これを耳にした家康は苦笑しながら、
「善兵衛は日頃の気性の如く『忘れた』と申さず、左へ曲げたは武士の意地あっぱれ。
今日よりそれを賞し、左七の字の指物を許す。」と言ってこれを褒めた。

笑い話を美談に変えた家康はさすがと言えようが、善兵衛の親類である金兵衛には、
それだけでは済まない。
「大河内家の良い恥さらしじゃ!わが子はこんな事の無いようにせねば・・・」
そう言って一子・長四郎を、一家総出で厳しく育てた結果、長四郎は長沢松平家に
養子に請われるほどになり、のちに老中にまで出世した。

『知恵伊豆』松平伊豆守信綱が、これである。




757 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/06/25(木) 11:22:23 ID:Nlyzy/G5

>>756
知恵伊豆誕生秘話か。
何がきっかけになるか分からんものだなw

758 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/25(木) 13:00:21 ID:32bI2FPT
松平信綱の生年が慶長元年(1596)で、
養子に入ったのが慶長6年(1601)だろ。
大河内家は何歳の子に英才教育してんだよって話だが。

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/25(木) 13:11:17 ID:861unuC+
胎教?


スポンサーサイト