日本橋富沢町起源

2009年07月17日 00:26

459 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/16(木) 01:26:18 ID:78nc7aCn
北条の忍びの話が出たので小田原征伐後の話


北条滅亡後忍びたちは自分たちの技能を最大限に活かせる職に転じた。
盗賊である。

主に被害にあったのは関東最大の都市となった江戸の町
とくに大規模な集団となったのは風魔小太郎以下の風魔一党であり
江戸の治安を乱す彼らは大問題になった。

そんな中で風魔小太郎の捕縛に協力しようという者が現れた。
その名は神崎甚内
この男もまた小田原浪人であり、さらに現在は盗賊である点まで小太郎と同じだった。

蛇の道は蛇というべきか。神崎甚内は風魔一党の事情に通じており
彼の協力により風魔小太郎は召し取られ処刑、風魔一党は瓦解した。

こうして徳川に協力した神崎甚内であったが、彼もまた盗賊であることに変わりはない。
後の世でいう目明しのような仕事もこなし、江戸の治安維持に協力してはいたものの
元々風魔一党が邪魔になった故の協力であり、盗賊をやめる気はさらさらなかった。
むしろ競争相手であった風魔一党が消え去ったことでさらに勢いを増していたのだ。
今度は神崎甚内が問題となる。

そこで神崎甚内の捕縛に協力しようという者が現れた。
彼の名は鳶沢甚内
この男もまた小田原浪人であり、さらに現在は盗賊の一党を率いていた。

だが彼が協力を申し出たのは神崎甚内の場合とは少し違っていた。
彼は世の混乱が収まり始め、盗賊稼業にも見切りをつけるべきだと考えていたのだ。
鳶沢甚内の協力によって神崎甚内が捕縛、処刑されたのち鳶沢甚内はあることを願い出た。
江戸における古着の一手販売の権利を貰い受けたいというのだ。

今後神崎甚内に代わって治安維持を担う上で、盗品の衣類の流れを監視するためであり
江戸の古着屋の総元締めとなった鳶沢甚内の名から
日本橋の古着屋が密集した地区に鳶沢町の名がつき
これが現在の日本橋富沢町の起源となった。

なお神崎甚内は捕縛された際マラリアを患っており、身の自由が利かず捕まってしまった。
その遺言は「後世瘧(マラリア)を患ったものは、自分に祈れば治してやる。」というものであり
彼が処刑された浅草鳥越には「甚内神社」が今も残っている。




460 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/16(木) 01:52:44 ID:9rWNlZWe
>459
もう一人、庄司甚内というものは遊郭を作り……というのが隆慶一郎の吉原御免状だったな。


スポンサーサイト