横山長知、大いに憤る。

2012年06月23日 21:01

103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 14:24:49.68 ID:6HtTLQ3l
小瀬甫庵の信長記(甫庵信長記)と言えば、三河物語の

「さて又、信長記を見るに偽り多し。3分の1は実際にあったことがだ、3分の1は似たようなこともあった。
しかし残りの3分の1は全く事実のない、信長記の作者の創作である。
自分の贔屓のものの逸話を、自分の知恵のあるままに上手く捏造したのだろう。」

という批判が有名だが(ただし三河物語のここに言う”信長記”は、太田牛一のいわゆる「信長公記」だという説もある)、
実は「常山紀談」にも小瀬甫庵への批判が収録されている。しかもそのネタ元の人からの!


小瀬甫庵は町医者であり、加賀の金沢に住んでいた。
甫庵は、前田利家の家臣であった横山山城守長知の元に心やすく出入りし、毎晩のように夜話を楽しんでいた。

横山長知は尾張の出身であり、織田家のことをよく覚えていたので、甫庵は信長のことを毎回尋ね、さらに
秀吉のことも問いただした。
長知はが、あることは詳しく、あることはうろ覚えを語り聞かせた事を、甫庵は筆記し、信長記、太閤記の二部の書を著し、
世の中に発表した。

この事を知った横山長知

「信長や太閤のことを筆記するために尋ねたと知っていれば、もっと答えようがあったのに!
遺漏も多く、語り尽くしていないことも多い。
筆記し出版するということを全く知らせなかったために、ただこの場だけの物語として言い聞かせたのに、
それをそのままに書著するとは、今更ながら甚だ遺憾なことだ。甫庵はまったく馬鹿者である!
(今に於いて甚遺憾なり。甫庵馬鹿者なり)」

そう言い捨てたそうである。』

甫庵のネタ元、横山長知、大いに憤る。というお話。




104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 16:55:03.33 ID:3eke8mgx
やらしいな小瀬甫庵
まるでマスコミが事件現場周辺の住民にインタビューしたのを
都合よく編集した感じだな
スポンサーサイト

小瀬甫庵、取材する

2009年09月29日 00:22

868 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 21:30:07 ID:qpfM/E9a
小瀬甫庵、取材する

小瀬甫庵は太閤記を編むにあたって武将たちを取材した。
ある時、甫庵は立花宗茂を取材した。甫庵が

「太閤記にあなたの事蹟を載せたいので、昔の事を教えて
もらえないでしょうか?」

と頼んだところ、宗茂は

「私は自分の行い全てを隠さずに公表してきた。私の事蹟は
世論が決めるだろう。だから私が語る事はなにもないな」

と言った。また甫庵は黒田長政にも武功を教えてほしいと頼んだ。
長政の家臣達は、長政に

「殿のご武功を喧伝する好機ですな。私達が資料を作りましょうか?」

と言うと、長政は

「この天下泰平の世に、過去の武功を誇示してもなんの得にも
ならない。むしろ全て隠して、公表しないべきではないのかね」

と言って家臣達を納得させた。甫庵はまた断られた。





869 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/28(月) 21:43:38 ID:gsEbrDDM
さすが宗茂 名声は捏造しようもないということだな
徳川史観とか入ってるバカに爪の垢でも飲ませてやれ

870 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 21:50:19 ID:fuJNNWcV
「太閤記」って徳川の世になってから編纂されたものだよね。
その辺の事情もあるんじゃないかな。
「神君記」だったならあるいはと。

871 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 21:52:59 ID:tOZCvxhs
というか、今ある戦国の歴史資料って
大部分は徳川の世になってからじゃない?

872 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 22:00:27 ID:YXHS0ve8
太閤記であんま持ち上げられて名声を得ると
徳川に目をつけられそうって政治的配慮もありそう





関連
立花宗茂さんの取材拒否・いい話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-560.html


小瀬甫庵さん、秀吉の金配りを批判・悪い話

2009年02月21日 00:01

198 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 11:28:55 ID:qQPQ0vhn
小瀬甫庵さん、秀吉の金配りを批判。


天正十七年五月二十日、聚楽第南二ノ丸馬場で行われた、秀吉の有名なバラマキ政策
「金配り」

甫庵さんはこれにいたく腹が立ったようで、太閤記の中でよくこの話を持ち出して、秀吉を
批判しています。曰く

「秀吉の金配りも死んだ時の遺品の分配も、全部自分とその子の為だよね。
秀吉には民の為って視点がさっぱり欠落しているんだよ。

だいたい金配りって言っても、大名貴族に配っただけ。うなるほど金持ってる連中に、
さらに金を渡してどうするんだよ!
金銀を分銅にして大量に蓄えていたけど、これも結局民を搾取した結果でしょ。
千枚の分銅を敷き詰めて、珍しい調度をもてあそんで、一人だけ楽しんでる。どうなのよ?

政府ってのは、清廉な行政を形成して、無駄遣いをせずに下々の事をきちんと把握し、
公明正大な者に政務を取らせる。こういうことが大切でしょ?

それを、既に金持ってる貴族や諸侯に施しをするわ、大伽藍をやたらに造るわ、外国相手に
戦争始めるわ、もう日本中を苦しめまくったよね。

そんな事で金を捨てるより、その金を各国の大名に援助して、諸国の街道や橋なんかの、
インフラ整備をしたほうが、それこそ民が永代まで感謝する事業になるよね。
なのに、そういう支出に関しては嫌がってた。

そんな事だったから、秀頼の時代にあんなに簡単に滅びたんだよ。
金やら遺品やらあんなにばら撒いたのに、大阪の陣のときに大名はだれも助けなかったでしょ?
そんな風に何の役にも立たないものなんだよ。ああいう露骨な人気取りはね。」


まあ、そんな甫庵さんも、徳川家光が江戸や京でご恩沢として金をばら撒いた事に関しては、
「アレは貧乏な庶民に与えているので別。むしろグッジョブ」とやっているのも又、ご愛嬌w






200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 11:58:59 ID:PfMJ6j7d
>>198
なにそのダブスタw
今のマスゴミとかわらんなwww

小瀬甫庵、鬼武蔵を語る・悪い話

2009年02月19日 01:37

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 15:12:35 ID:1wRciNKC
小瀬甫庵、鬼武蔵を語る

池田恒興、豊臣秀次、そして最後は加賀前田家に使え、信長記、甫庵太閤記を著した事でも有名な、
元祖「戦国小説作家」小瀬甫庵。

彼はその太閤記の中で、小牧長久手の前哨戦、八幡林の戦いに敗れた森長可について
こう評している。

「だいたい森武蔵なんて、この前に2、3度勝利した事があるって言っても、
弱い敵に対してばっかりなんだよねー。

父親の森可成は非常に武勇に優れていた人だったんだけど、
森武蔵は小さい頃から、その父親に良く似ていたのね。それで
「父親と良く似てるから同じように武勇も優れているだろう」
なんて言われちゃって、しまいには鬼武蔵なんて呼ばれ始めて、もう見てられない。

こんな風だから、家康の軍とまともに当たっちゃったんだけど、これって若さゆえの過ちだよね。
家康は長い事武田と戦ってきた戦争のベテランなんだから、武蔵もそれについて
きちんと警戒すべきだったんだよ。
羽黒で茂みに潜んでゲリラ戦を展開してさ、日暮れまで足を止めさせて、その上で
夜討ちをかければ、相手の軍のほうが多くたって、打ち悩ます事もできたはずだよ!

それをまあ小勢で、羽黒を離れて八幡林なんて所まで出張って陣を張るなんて、
不覚にもほどがあるよね。

それに何が悪いって、加勢につけられた尾藤甚右衛門尉!
あいつ自分の武勇に自信過剰で敵の事なんていっつも侮って、森武蔵とおんなじ性格じゃん!
意気投合して一緒になって出撃してどうするよ。
森武蔵がああなんだから、普通加勢には逆の性格の、慎重で冷静なタイプをつけるだろ。

あー、そう言う意味ではあの敗戦は、森の加勢に尾藤なんてつけた秀吉のミスだな。」


結果論のオンパレードは、「小説家」としてのご愛嬌w
自らの仕える前田家に関しては、これでもかと言うほど美化させた甫庵さんも、
利害関係のない人には厳しいのだ。




137 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 15:15:57 ID:/mSCbZSh
>>136
おーっとそこへ鬼武蔵の亡霊が!

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 15:22:53 ID:SarQ6VUL
では、歴史家の太田牛一はどう評価しているんだろう?

139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 15:31:12 ID:1wRciNKC
>>138
森武蔵に対しての評論は知らないが、小瀬甫庵に関しては「あいつ馬鹿だから」って言ってるw
>大田牛一

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 15:40:46 ID:SarQ6VUL
>>139
悪い話スレにふさわしい話、ありがとうw

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 17:52:53 ID:155olgun
いやんばかーん、うふふ そこは羽黒なの あは~ん

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 17:56:09 ID:4NuO2QpQ
>>139
太田牛一と小瀬甫庵て凄い仲悪かったんだよね。
小瀬甫庵の方も「あいつは実際の出来事をそのまま書いていて面白みも何にもない」
と語ってる。

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 18:26:59 ID:RBH8WdRy
>太田牛一と小瀬甫庵て凄い仲悪かったんだよね。
「愚にして直」
「自分が見たこと聞いたことが絶対正しいと考え聞く耳をもたない」
と評価しつつ、甫庵は「信長記」を「信長公記」をベースに、「太閤記」を
「たいかうさまくんきのうち」をベースに書いている。

牛一の愚直さが後世の史料価値の差にそのまま反映されている。

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 18:39:59 ID:UvS4jMUS
>>136
>あー、そう言う意味ではあの敗戦は、森の加勢に尾藤なんてつけた秀吉のミスだな。

秀吉「ミスっていうかまあある種、計算だったんだけどな」

145 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 18:56:36 ID:NCS7cCo3
尾藤って秀吉に残念な殺され方するんだよな。

146 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 19:11:49 ID:iRd6h9ci
どうしてもイサオの顔が出てくる

251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/22(日) 01:32:47 ID:TzRga0z/
>>138
超絶亀レスだが太田牛一は信長の話題を書くはずの信長公記にわざわざ「森勝蔵働きの事」なんて項を作って
みっちりと鬼武蔵が信濃でやった事を書いてある。

これは他の武将にはあまりない扱い。やはり小瀬甫庵とは相容れないようだ。

立花宗茂さんの取材拒否・いい話

2008年11月16日 00:11

446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 12:08:15 ID:oZrO8AEL
取材拒否した話

小瀬甫菴が「太閤記」の編集に際し、立花宗茂に「貴殿の記録を。」と求めた。

すると宗茂はからからと笑って、
「拙者のしたことは天下の公論に基づいたもの。どうして名をあげる
ために、その功績を記録するようなことがあろう。」
と言って、何も情報を与えませんでしたとさ。