相良家、深水長智の奔走・いい話

2009年02月04日 00:26

198 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 08:52:18 ID:GSxGzsY3
相良家と言えば深水長智の奔走は欠かせん

義陽の戦死で家中取り潰しの危機→島津家と交渉し幼少の忠房を立て存続を認めさせる
数年後忠房病死、再び取り潰し危機→島津と交渉し弟の頼房を立てる
秀吉の九州征伐→いち早く島津から離れる事を進軍し、秀吉と交渉。所領安堵
肥後国人一揆→直ぐさま上京して秀吉に弁明、お咎め無し

この人がいなかったら相良はとっくに潰れていたはず
他にも連歌の才に優れた教養人で、秀吉からの信頼も厚く
相良家とは別に秀吉の直轄領の代官を任せられる程だった
それでも長智の相良への忠誠は終生変わらなかったけど

相良家って義陽や犬藤頼安、丸目蔵人とか、結構教養人が多いような




199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 09:41:32 ID:8jvuv7pw
ど田舎のマイナー大名なのに結構人材がいるもんだ

200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 09:55:28 ID:c6jleVFL
>>198
武将としては赤池長任もいるしな。
結構、多士済々。

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 09:56:07 ID:M/u4ay0v
幕末まで家が残ったから家臣の逸話も多いんだろう。

宗運の義陽に対する態度は実の息子以上の愛情を感じる。
つか実の息子たちに対する態度が酷すぎるんだよな、宗運は。

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 10:01:48 ID:c6jleVFL
>>201
主家>>>>>越えられない壁>>>>>>自家
だからなw

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 10:05:33 ID:uGP59T+u
実の息子だからこそより厳しくしなくては示しが、と考えるタイプの真面目な人に
揃いも揃って状況の読みが甘い息子達だからねぇ

204 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:35:29 ID:375pydaS
宗運は主家のために息子達を犠牲にし過ぎw
おかげで息子の嫁に毒殺され
阿蘇氏滅亡フラグたてちまった。

205 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 10:50:54 ID:qJhSlWU7
でも優秀で個性的な家臣が多いせいか
内紛も多いんだよねぇ>相良
江戸時代にはそのせいで直系断絶の憂き目にあってるし

ああっ、これは悪い話しかも戦国時代じゃない sagesage

231 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 19:29:40 ID:sH1pCkGL
>>198
>>200
深水や赤水、甲斐姓は今でも多いなあ<熊本南部
維新の子孫が栄えて目出たいということか

少ないけど犬童姓も耳にする

詩人犬童球渓(本名信蔵)
人吉、農家の次男で明治38年に音楽学校(東京芸大)進学ということは
よほど分限の農家。帰農武家かも。

幾年ふるさと来てみれば~故郷の廃家
更 け行く秋の夜旅の空の、 わびしき思いにひとりなやむ。
恋しやふるさとなつかし父母~旅愁



関連
新納忠元と犬童頼安の歌合せ・いい話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1219.html

スポンサーサイト