「今日初めて汝の勇気を見たが」

2012年07月31日 20:50

777 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 18:22:59.77 ID:jcvCqkK7
徳川家康が織田信長と同盟を結ぶために清洲城へやって来た時、
その行装を見物しようと尾張の人々が城門の辺りに集まって騒がしくなった。

この時、長刀を持って供奉していたわずか十四歳の本多平八郎忠勝が
「元康が両国のよしみを結ぶためにやって来たというのに、汝ら何故このような
ふざけた真似をする!」と一喝すると、その猛威に恐れて群衆は静まった。

本丸へ入るという時、植村新六郎が刀をかかげて家康の後に従っているのを見た
信長の家人が「そのような物を持って入ってくるとは、一体何者だ!」と咎めたところ、

新六郎は「松平の家臣、植村新六でござる。主君の刀を持って従っているだけだ。
何を咎めるか!」と反論した。それを聞いた信長は「新六が参ったか。彼の者は
かくれなき勇士だ。くれぐれも無礼があってはならぬぞ」と言った。

その後、同盟がなった後の様々な催しの時、信長は新六郎を呼び出し「今日初めて汝の
勇気を見たが、鴻門の会の樊カイにもまさっておったぞ」といたく賞賛したという。

新六郎は幼年より多くの戦功をはげみ忠勤も怠らず、御家号を賜るかというほどであったが、
植村の姓は他国にも知られ、徳川にとっても誇るべきものだったので、一字を与えられて
家政(のち家存)とし、軍扇と一文字の刀を与えられ、直参の徒三十騎を付けられたという。




793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 15:18:14.52 ID:YVFkyYlK
>>777
新六郎はともかく合戦や外交行列には付き物の
見物の衆に突然ぶち切れる忠勝は何なんだw

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 15:21:13.45 ID:1H29ZaN/
まあぶっちゃけると清洲同盟の時の信長と家康の会盟というのは、実際には存在しなかったとされているw
三国同盟の善得寺会盟と一緒やね。

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 16:15:19.52 ID:dj1Fvg5z
>>793
戦国時代の見物客だからな・・・・
『みきゃーのとのさんがきとるらしーわ
おださんよりはちいーさー家らしーよーニヤニヤ
ちょーと見にいったろみゃーかニヤニヤ』
な態度丸出しでジロジロ見てたとか

796 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/08/01(水) 17:10:42.69 ID:ObEW6HMJ
忠興「見たくらいでそんなに怒らなくたっていいのに。」
スポンサーサイト

主君の仇を二度討った男

2009年10月08日 00:11

194 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 18:33:13 ID:WsTUlqBE
「主君の仇を二度討った男」

徳川家康の祖父にして、名将の評価も高かった松平清康。
その彼があっけなく暗殺された。
犯人である阿部弥七郎は、その場で植村新六郎氏明によって斬殺された。

やがて家康の父である松平広忠が今川家の後援を受けて再興するのだが、
今度はその広忠が暗殺された。
そして犯人の岩松八弥を斬ったのはまたしても植村新六郎氏明であった。
主君殺害現場にたまたま二度も居合わせ、二度とも刺客を斬った男。



195 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 18:36:57 ID:WsTUlqBE
上記補足

これが「事実」なら世界史にも存在しない記録だと思う。

もちろん、何らかの作為による捏造かもしれんが・・・
この頃の松平家には色々謎が多い。




196 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 18:57:39 ID:WgpBfE/W
植村家は錚々たる面子と縁組してるのに子孫はパッとしないねえ
ググって見たら信康切腹の時に一度浪人になってるからそれのせいなのかな

197 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 19:18:38 ID:ly/djnaM
>>194
実はその人が暗殺の黒幕だったりして…というのはさすがに毒されすぎか。

204 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 20:28:54 ID:CqWJNkv2
>>194
水さすようですまんが、
本人にしてみりゃ二度も目前での主君暗殺を
防げなかったわけで良い気はしないだろうねえ。