小野次郎右衛門遠流の事附御免にて召し帰られし事

2016年07月30日 14:18

13 名前:1/2[sage] 投稿日:2016/07/30(土) 06:17:50.15 ID:n3UleyDq
小野次郎右衛門遠流の事附御免にて召し帰られし事

 世に愚かな者がいた。両国の辺りに看板を出し、
「剣術無双の者なり。誰でも真剣で立ち向かってこい。
たとえ切り殺されても厭わない。」
とのことを記した。

 都鄙から夥しい見物人が来て、
彼を切ることができず木刀でやっつけられた者は門弟となり、
もっぱらの評判となった。

 次郎右衛門がこれを聞き及んで、

「かのようないかがわしい者を天下の御膝元に置く事ふがいなし。」

と門弟を引き連れて見物に行った。
桟敷でかのいかがわしい者のなせる業を見て門弟一同は微笑していたのを、
かの者が聞いて大いに怒り、
「どうして笑いなさるか!
すでに看板を出しておるように、誰でもあれ真剣で試合しようと言っている。
笑いなさるのならば、ぜひ立ち合ってくだされ。」

と罵ると、傍輩の者が

「あの桟敷にいるのは、将軍家の御師範次郎右衛門です。」

と押し留めたが、全く聞き入れなかった。

「たとえ御師範であろうとも」

と申し止らなかったので、次郎右衛門も嘲られては武備の恥辱と、やむを得ず下へ降りて

「しかる上は立ち合おう」

と、鉄扇で立ち向かわれた。
かの者は正眼にかまえただ一討ちと切りつけたので、あわやと思われたが
いかがわしき者の眉間は鉄扇で打ち砕かれ、二言なく果てたという。

この話を大猷院様(家光)が御聞きになられ、
「師範たる者の行状ではない。」
と遠流を仰せ付けられたとか。

14 名前:2/2[sage] 投稿日:2016/07/30(土) 06:18:12.16 ID:n3UleyDq
 その後のことである。流された先の島では畑の瓜・西瓜を盗み食う曲者がおり、
捕らえようと島中の者が集まっていた。
しかし、盗人は大勢に手を負わせ、瓜小屋に籠り、小屋の周りに西瓜・瓜の皮を並べて、
捕り手の者が込み入っても瓜の皮を踏んでしまい身体が自由にならず、
多人数が死傷を負ってしまった。

次郎右衛門の元へ島の者どもが来て、

「なにとぞ捕らえてください」

と嘆くので、次郎右衛門は粗忽にも軽々しく脇差をおっ取り駆け行った。

「瓜の皮で足場がよろしくありません。」

と傍らから申してきたが、耳にもかけず駆け行き、やはり瓜の皮を踏んで仰向けに倒れてしまった。
待ち受けていた曲者は拝み打ちで打ちかけたが、
小野派の神妙といわれる太刀筋で、滑りながら脇差を抜き払って、上へ払うと
曲者の両腕ははたと落ち、すぐに召し捕らえられたという。

この趣が江戸にも伝わり、召し帰され、即時に元の禄を下されたという。

さて、次郎右衛門が召し出された時、、
「彼は遠流でしばらく剣術の修行を怠っているだろう。
我は日夜修行してきたので、立ち合って成果をみせてやろう」
と、大猷院様の思し召し、毛氈を敷いて、木刀を組み合わせて
「いざ、次郎右衛門、立ち合え」
との上意をされた。

次郎右衛門は謹んで毛氈の端に手をついて居た。
ただ一打ちにしてやろうと御振り上げ御声をかけられた時、
毛氈の端を取り、後ろへ引いたので、後ろへ御転びになられたという。
よって、大猷院様は御信仰なされ、一刀流を御修行なされたという。
(耳袋)




15 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/07/30(土) 12:28:58.10 ID:v3P/mw3I
>「瓜の皮で足場がよろしくありません。」
>と傍らから申してきたが、耳にもかけず駆け行き、やはり瓜の皮を踏んで仰向けに倒れてしまった。



言っちゃ悪いけど次郎衛門ってやっぱバカだよな・・・

16 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/30(土) 13:24:47.42 ID:XkDfPbFP
敵の誘いにわざと乗って油断して掛かってきたのを返り討ち
知勇兼備の男だと思うね


17 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/30(土) 17:11:38.20 ID:7z8Vcp0+

>>13-14
脳筋過ぎないこの人wそれで勝っちゃうのが凄いけど。

18 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/30(土) 18:52:32.85 ID:e1XwGdjL
わざと引っかかったのか、そうでないのかはわからん
ただ、咄嗟に脇差しを抜いて払っているあたり、わざとかかったようには見える
まあ、ただの反射神経かもしれんが

20 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/07/31(日) 08:41:19.10 ID:PQ8Hl6kn
>>15
言っても悪くないぞ。 俺もそう思うから。

スポンサーサイト

小野次郎右衛門、手筋を見たいと頼まれて

2009年11月23日 00:20

467 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 18:09:59 ID:nHISOxUn
ある大名が小野次郎右衛門を招いて
「あなたの手筋を見たいという配下がいるんだけど見せてくれない?」
次郎右衛門
「それは仕合を望むということですね?遠慮は無用、相手をしましょう」

いざ試合となると木刀を逆に執って
「余計な事を望むな。怪我するだけ損だぞ」
相手の木刀を叩き落したうえで両腕を打った

「見えたか」
と一言って身を引くと「多分腕が折れてるよ」と平然をしてる

相手はその後両手の自由を失ったそうな




468 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 18:17:28 ID:HPrp6dsm
>>467
小野さんはえげつない話が多いよね。
武芸者の興行に飛び入り参加して優勝してみたり。

469 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 18:18:55 ID:Mp0hRGqL
容赦ねぇなw

徳川家康、小野忠明を召抱えた理由

2009年09月11日 00:25

166 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/09(水) 22:06:33 ID:ywSu4LZc
武芸大好きな家康は、小野忠明に武芸を披露されたが、そのときは特に召抱えることはなかった。

失意の忠明は」そのまま江戸に住んでいたが、ある時、具合が悪く
寝込んでいるときに、近所で人を傷つけて立てこもった修験者がいると聞いて、
病を押して取り押さえに向かった。
しかし、体調の悪さが響いて、忠明は立てこもり犯に押されまくり、溝に落ちて
あわや殺されそうになる。そのとき、倒れざまにはなった一刀が立てこもり犯の腕を切断し、
なんとか助かった。

ところが、この話を聞いた家康は、すぐさま忠明を召抱える。
何で最初のとき召抱えなかったのかと不思議がる家臣に、家康は、
「最初、忠明の術を見たとき、あまりに人間離れしていて、妖術を使っているのか、
天狗でも憑いているのかと思った。
今回、危なかったと聞いて、初めて人間の技であるとわかった。」
と述べたという。

レベルを落としてやっと評価された、小野忠明のすごすぎる話




169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 23:32:19 ID:seKkSzNk
>>166
異能者嫌いも信玄から学んだのか・・

170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 23:36:19 ID:53kjVKsD
信玄だったら殺してんじゃね?


小野忠明三話(プラス1)・悪い話

2009年03月19日 00:13

935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 16:44:21 ID:9tco4EK3
上で小野次郎右衛門忠明の話が出たので、
因縁のライバル、柳生宗矩との絡みの話をいくつかまとめて書いてみるか。

その1「小野忠明、柳生宗矩をフルボッコにする」

その昔、小野忠明がまだ神子上典膳を名乗っていた頃、
たまたま立ち寄った宿の近くに、将軍家剣術指南役・柳生但馬守宗矩が
いると聞き、勇んで挑戦しようとした。

宿の主人「おやめなさい。柳生様は天下の達人。命の保障はありませんよ」

主人が止めるのも聞かず、柳生宗矩に立ち合いを挑んだ典膳は、
真剣の宗矩に対し、その辺りの燃えさしの薪を手に立ち合い、
一太刀もかすらぬまま、宗矩の服を薪の炭で真っ黒にした。

典膳の腕に驚いた宗矩は大久保彦左衛門にこのことを伝え、
これがきっかけで、典膳は将軍家指南役になったという。


936 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 16:45:41 ID:9tco4EK3
その2「小野忠明、諌言する」

将軍家指南役になった典膳は、名を小野忠明に改め、
将軍・秀忠に一刀流を指南した。

そんなある日、秀忠が剣術について一手考え付いたので
それを忠明に話したところ、

忠明「剣は実際に斬って初めてわかるものです。
   そのような畳の上での思いつきの剣などに意味はありません」

とにべも無く答えたという。
また、別の日に一刀流の奥義について問われたところ、

忠明「奥義といっても、一刀流はどこかの流派と違い、
   実際に人を叩き斬って覚えた戦場の剣なので、
   特に奥義と言うようなものはありません」

と答えた。
また、忠明が厳しく鍛えたのに対し、
柳生宗矩は手加減をして秀忠の歓心を買うようにしたので、
次第に忠明は疎まれてしまったという。


937 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 16:47:19 ID:9tco4EK3
その3「小野忠明、柳生一族をまとめてフルボッコにする」

ある日、柳生宗矩に一刀流の剣を見たいと言われ、
柳生家の道場へやってきた忠明の前に、
柳生十兵衛、柳生兵庫助、その他木村助九郎や村田与三など
高弟たちがずらりと待ち構え、試合を挑んできた。

そして最初に十兵衛が出てきたが、
忠明と立ち合った瞬間、

十兵衛「小野先生には隙がまったく見当たりませぬ」

と叫んで剣を捨て、平伏したという。
それを見た兵庫助と高弟たちが次は誰が出るか相談したところ、

忠明「一人でも何人でも大して変わらん。
   いっそ全員まとめて掛かってきなさい」

と忠明が言ったので、兵庫助と高弟たちがまとめて掛かっていったところ、
これも全員まとめて叩きのめしたという。
それを上座から見ていた宗矩は「それまで」といい、忠明を帰した。

そして次の日、城では
「忠明が柳生家に乗り込んで無体を働いた」という噂が流れたため、
忠明は謹慎を申し付けられることになった。
これが一刀流が柳生新陰流より名が知られていない理由である。

だが、そんな謹慎中の忠明のところへ十兵衛がこっそりと訪れ、
忠明に弟子入りしたという。


938 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 16:48:39 ID:9tco4EK3
おまけ「小野忠明、柳生宗矩に忠告する」

ある日、小野忠明は柳生宗矩に対し、

忠明「剣は人を斬ってこそでござる。
   柳生殿の家でも罪人を貰い受け、ご子息に試し切りをさせなさい」

と忠告したが、宗矩は、

宗矩「いかにも、いかにも」

とだけ答え、一向にそのようにしなかったという。


いい話に乗せるかどうか迷ったが、
残念な結果になった話なので、こっちに乗せることにした。
でも、一刀流は現代剣道の元になったから、最後に勝ったと言えなくも無い。




939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 17:21:13 ID:9Dse5UIL
剣道といえば上泉伊勢守の発案した袋竹刀の影響が大とか思っちゃうけど、どうなんだろう?
そういえば、上泉伊勢守って悪い話はほとんど聞かないような。

940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 17:27:20 ID:28OZJUv/
こういう逸話を見ると、やっぱり忠明は最後まで分からなかった人なんだろうなあ…
と思わざるをえない

941 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 17:36:39 ID:CUrTcqrj
理解はしていたけど曲げなかった硬骨漢だと思うけどな

確か柳生の方にも似たような人居たよね?

942 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/03/18(水) 17:46:23 ID:JYi7sAaN
>>941
タイ斜流の丸目蔵人のことですか?

943 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 17:47:14 ID:9Dse5UIL
>>941
柳生宗章?

956 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 19:48:03 ID:lgDo7PZ7
善きあしき人の上にて身をみがけ 友はかがみとなるものぞかし

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 20:27:55 ID:CUrTcqrj
>>942
蔵人さんは・・・ねぇ

>>943
その人かも。恩人に報いるために奮戦して死んだ人だよね?

小野次郎右衛門忠明vs町道場・悪い話

2009年03月12日 00:13

772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/11(水) 17:53:03 ID:hFPEo9Td
神子上典膳が将軍秀忠より、”忠”の一字をいただき、小野次郎右衛門忠明と名乗った頃の事である。

その頃江戸に剣術の道場を開き、その指南を人に見物させ、評判になっている所があった。
忠明もこれを見物し、どう言う事か道場の者達を散々に笑い嘲った。
これには道場主も怒り出てきて、

「あなたはどういう人であるのか!?今のような嘲りをこのままにしておいては、
明日よりこの道場を立ち行く事が出来申さん。
我等の芸が拙いと言うのなら、ここに出て一勝負していただこう!」

願ったり適ったりとはまさにこのこと。
忠明、この時実に、生き生きした顔となったに違いない。

その言葉を聞くや否や板敷きに飛び上がり、腰にさしていた鼻捻り(木棒)を抜くと
この道場主に立ち向かい、彼の打ち出す大太刀を丁と打ち開いて、彼の眉間をひしと打つ!

道場主、鼻血を流し、尻餅をついて倒れた。

見物の者達、ここで初めて「これは喧嘩だ!」と、外に逃げ出そうとしたが、そこに奥より、
この道場のもう一人の師匠なる人が現れた。

「ただいまの勝負に関しては、何も言う事がありません。
今日はこれより、この者の介抱をいたさねばなりませぬ。よってあなたを御止めはいたしません。」

おいおい、これでお仕舞いかよと忠明、残念そうな顔

「…ですが、
明日までに、この場を清めておくよう、門人達に申し付けておきますので、
どうぞその時お出でになり、それがしと勝負、していただきたい。」

忠明、朗らかに一声「心得たり!」


さて翌日、約束どおり道場に出向いてみると、その様子が昨日とまるで違う。
見物人はみな敷地の外に出され、全ての窓は締め切られている。
道場のくぐり戸が一つ、開いているばかり。

「これは、戸の向こうに罠を仕掛けているな。」

忠明、嬉しそうに言う。彼はこういうことが大好きだ。
何ほどのことがあるかと、雷電の如くくぐり戸に飛び込んだ。

ところが踏み込んだ板敷きには、必ず滑るよう油が敷いてあった。
忠明、仰向けに倒れる。そこでかの師匠、上からたどんを打つように拝み打ちに来る。
しかし忠明倒れながら、愛刀”鍋釣”を抜き、かの太刀を払い、そのまま立ち上がると
一振り。斬り殺した。

そして満足した顔で、道場を後にする。
道場を取り巻いていた人々で、舌を巻かぬものはいなかったという。




773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/11(水) 17:58:47 ID:jmY65wIX
柳生宗矩「そういう厨二的な発想しかできないから、君は所詮、その程度なのだよ。
活人剣じゃないと」

774 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/11(水) 18:16:03 ID:de/esHF3
いや、マジで柳生但馬が再教育してくれてれば、身を滅ぼすこともなかったろうに

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/11(水) 18:23:58 ID:KQD57CsC
なんというリアル虎眼先生

790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 01:20:43 ID:DRs7Hr4e
>>773-774
二代目次郎衛門、忠常

       /⌒\                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      / 家光公を指南しろって言われたから
      |/             \  <   気絶するまでフルボッコにしたら
      /   ∠,,_ノ ソ _ ,,.. _)   \ 二度と稽古に呼ばれなくなった。リアルで。
     /|  '',,((ノ )   ノ (\)  |      \__________________
     | |     ̄'      ̄ イ  ハァ ハァ
     \| υ     、_/ロロロ)_ ノ  
     /         ̄ ̄  \ 甘っちょろい稽古してんなよ柳生
    /|    υ          \ 
    ( .|    /  ノ ̄ ̄ ̄)  ノ  \
    ヽ.|◯  |   ノ ̄ ̄ ̄)  /\ ○\
    /.|  o .|  ノ ̄ ̄ ̄) /  \ o゚ \

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 01:25:31 ID:kAUEph79
>>790
柳生十兵衛「オレもホモマザコン家光をフルボッコにしたら、クビになりましたw サーセンw」

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 01:29:55 ID:mV3Zgzwi
>>791
そんなことしてるから荒山先生に一族ごとファックされる羽目になるんですよ