ねじ首太郎左衛門・悪い話

2009年02月10日 00:07

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 12:25:27 ID:o/t+YDRn
>>630
ねじ首太郎左衛門

清水康英の子太郎左衛門は、谷から牛と俵を引き上げたという母のDNAを受け継いだ
怪力の持ち主であった。
その怪力ぶりをぜひこの目で見たいという北条氏直の御前で、鹿の角2本を片手で引き
裂いたとある。

彼の馬は1日1斗の大豆を食らうという甲斐黒という馬で厩の出し入れにも中間7人がかり
でないと引きだせないというとんでもない馬であった。
ところが、太郎左衛門が甲斐黒に騎乗してお股をキュッっとすると、甲斐黒はたちまち血
反吐を吐いて死んでしまったという。
そこで、太郎左衛門は次に岩手つき毛という馬に乗り換えた。この馬は太郎左衛門の騎乗にも
耐え21時間乗り回しても汗ひとつかかなかったという、こらまたとんでもない強馬であった。
太郎左衛門いわく、「蛇であっても手綱をつければ乗りこなすことができるわい!」

太郎左衛門の武器は「六角の樫棒」で、佐竹義重との合戦において棒をぶんぶん振りまわして敵
を5人・10人単位で粉砕したのはご存じの通り。
三方が原の合戦では、太郎左衛門は武田軍の援軍として参加し、ある紅の鎧の武者にロックオンした。
敵は太郎左衛門と目を合わすことすらおそれ、「太郎左衛門参上!」の一言で敵は我がちに逃げ出した
とある。
「待てコラ。逃がすものか!!」という太郎左衛門の大音声に紅武者の郎党は主人を捨てて逃げ出した。
紅武者に追い付いた太郎左衛門は、兜のしころをむんずとつかみ、鞍の前輪に首を押し付けてねじ切った。
「ねじ首太郎左衛門」の異名は敵味方中に轟いたという。

国府台合戦では老骨をひっさげて、親子ほど年の離れた太田康資と壮絶な一騎討ちを繰り広げた。
そのすさまじさは、「敵味方ともしばらく戦うのをやめて一騎討ちに見入った」とある。
そして、怪力で知られた康資を打ち負かし、彼の武名はますます轟いたのである。

一方、太郎左衛門の嫡男・又太郎も武勇に優れた武将であったが、国府台合戦にて敵将の首に手をかけ
たところを敵の郎党に返り討ちにあい戦死した。
敵の喉輪を外すのに手間取って隙を見せたためといわれる。
その敵将の名は、太田資正という。

清水親子は国府台合戦にて太田一族と戦い、父は武勇で勝ち、息子は知略に負けたのである。
(北条五代記・関八州古戦録)




717 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 13:37:25 ID:FJI+tSWe
>>714
しかし清水氏って、北条家では水軍を担当する家なんだよね。
その中からこんな陸戦型の化け物がw

718 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 14:00:12 ID:qXSzK9di
現代の海兵隊だと思えば有り得る

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 14:02:52 ID:HrV+9fR6
太郎左衛門「馬鹿息子めが、刀など使わず資正が首をねじ切ればよかったものを!」

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 14:07:59 ID:koUtxcl4
>>714
>ところが、太郎左衛門が甲斐黒に騎乗してお股をキュッっとすると、甲斐黒はたちまち血
>反吐を吐いて死んでしまったという。
ケツで割り箸なんてレベルじゃねぇぞw

721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 15:03:43 ID:aE1CUstd
>>720
お手もとニーグリップわろた

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 17:06:47 ID:f6P2lCru
>>717
陸戦でも強いんだな
ズゴックみたいなもんかしら

724 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 18:19:40 ID:YcEyCNlc
>>722
いやゴッグだろ

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 18:25:39 ID:zJfNywRP
股でキュッwwwwwwwwwwwww



関連
太田康資の周辺の人々について
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1242.html

太田康資、鬼に金棒・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1208.html
スポンサーサイト

太田康資の周辺の人々について

2009年02月07日 00:06

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 17:52:24 ID:4+HYzei4
>>423 
>舅の脳天砕くとかキチガイすぎる…
>あと清水某との決着はついたのかが激しく気になる。

亀だが、名前は「清水太郎左衛門政勝」。父は清水康英だからかなりのビックネームだな。
幸いにも、金棒の餌食にはなっていないみたいw
太田の8尺金棒VS清水の樫の棍棒 対決は見たかった気がする。

580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 18:09:47 ID:zTopRFqb
太田康資の舅だったら遠山綱景だよね?確かに第二次国府台合戦で
息子ともども討死してるけど娘婿に金棒で殴り殺されたとは…

康資の奥さんが儚んで尼さんになってしまうのも止むを得ない話だ。

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 18:24:58 ID:uMVXjB1+
むしろ康資が嫁さんの出家にどうリアクションしたのか気になるw

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 18:28:15 ID:wv51c67d
康資「ガハハ、わざわざ出家するとは信心深い奴よ。感心感心。」

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 18:59:54 ID:4+HYzei4
>>580
史実的にはそのほうがしっくりくるが、逸話集には「舅は太田下野守・金棒振り回したのは太田資高
(康資の父)」としっかり書いてあるから仕方がないw
この太田下野守って人物は太田資正の舅なんで、そこらへんごちゃになった可能性もある。

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 20:46:55 ID:m2O5ASE7
>>579
太郎左衛門は五代記にわざわざ一節割いて説明されてるくらいだから。
樫の六角棒の一振りで五人十人をホームランかます奴だw
三方ヶ原にも援軍として参戦して、逃げる敵将の首を180度捻ってぶっ殺したり、やりたい放題。

でも真に凄いのは太郎左衛門の母。
牛をひょいと担いで崖から這い上がりますw

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 20:54:20 ID:wv51c67d
人間なのか?

593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/06(金) 20:58:03 ID:m2O5ASE7
なあに、全盛期のイチローのテンプレみたいなもんだ




関連
ねじ首太郎左衛門・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1275.html