獅子踊祭

2017年01月10日 17:50

497 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 00:34:24.29 ID:bY/+l3+r
獅子踊祭

最上義光の御世、7月の盆辺りになると方々から300人もの獅子踊りの集団が集まってきて、山形城下の三寺を打ち揃えるでもなく太鼓を叩いて練り歩いたという
今は廃れてどの様な祭事であったかは定かではない

「新庄古老覚書」



スポンサーサイト

野口(もしくは野上)七郎右衛門という人は

2017年01月05日 09:39

489 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/05(木) 01:01:30.53 ID:Kng6zxaG
 最上の侍の野口(もしくは野上)七郎右衛門という人は、
首供養までしたほど働き軍功を稼いだ侍であったが、一生具足を着なかった。
いつでも羽織ばかり着て功名を得た。

 とかく命は天に在り。死のうと思っても、時節が来なかったら生き延び、
どれだけ用心して逃げ隠れても、命の極ならば逃れる事はない。


『武士としては』

本多忠勝みたいな人だ…



最上駿河父之遺跡を受て後

2016年11月11日 11:10

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/11(金) 02:18:29.80 ID:1jlJkqVM
今日は鮭の日なので、鮭様関連の話を一つ

※原文準拠

最上駿河父之遺跡を受て後

駿河守家親(最上家親)父の遺跡を受て後 日々に花車を好み 双六鞠俳諧に日を送り 殿宅に金銀を鏤むを 諸人諌めける
昔時源頼朝公政道正敷諸士に情深かりしが共 御子右衛門督頼家政道宜しからず
終に弟の実朝に殺れ玉ひ 実朝は頼家の子悪禅師公暁に討れ 頼朝父子三代治世纔四十余年にして亡びぬ
是頼朝平家を亡さんと多くの人の命を断し故 其積悪子孫に報ふて断絶せり
去れば義光も頼朝の如く政道正敷 万民に情深く 寺社を敬ひ其領を寄付し 古今に稀なる大将と云へ共
以謀略多くの領主を打亡 栄花身に余ると云へ共 其積悪子孫に報ふて 源五郎(最上家信=最上義俊)殿御代に至て没落せり
彼頼朝父子の古へに不異
家親御行跡宜しからざる由 三浦上総助御諌言申ければ 御腹立有て終に切腹被仰付けり
延沢能登守(遠江守延沢光昌の誤り)楯岡甲斐守(楯岡光直)御一門顔にして御異見無れば 最上家の家の可亡時節至来と見へたり
去れば聖人禍福将に至らんとし善必先知之 不善必先之を知と云り
孔子も国家将に興らんとし必禎祥有 国家将に亡んとし必妖□(けつ=草冠に辟)有と 云り

「信辮手記」等




義光は笑った

2016年10月21日 09:24

266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/21(金) 02:00:56.12 ID:ZIiyZKTJ
義光は笑った

慶長5(1600)年9月半ば、直江兼続率いる上杉の大軍が山形盆地を臨む菅沢丘へと布陣した

最上軍の将の氏家左近(氏家光氏)は「(富神山奥の)西黒森で上杉の荷駄道を撹乱し、後方を掻き回したい」と軍議で申し出た

この提案に小勢ではすぐに消耗し、あたら兵を失うと諸将の反対はあったが、左近の手勢60人程での作戦が認められた

兵には命知らずで足の早い者が集められた

これを耳にした延沢遠江(延沢光昌)も沼木方面への遠見の役を申し出た

最上義光は延沢の重臣有路但馬、笹原石見、糟谷延元らに軽挙あるべからずと念を押した

その日の夕刻延沢勢の進出した沼木の西、須川の東岸に大量の最上方の幟旗が立ち気勢が上がり
横目衆から義光に「この様な立て札が至る所に立っております。いかがいたしましょう?」と問い合わせがあった

立て札には「最上は 国の真秀(まほ)ろば 畳(たた)なづく 青垣 山篭れる 最上し 美(うる)はし」と書かれていた

義光は立て札を元に戻す様に命じて声を立てて笑い、非常に嬉しそうであったとされる

「山形合戦」等



【話題】最上義光・義姫兄妹がヒストリアに

2016年10月20日 17:47

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 11:30:53.75 ID:4lT/gcTv
【話題】最上義光義姫兄妹がヒストリアに

ツイッターから

最上義光義姫が「歴史秘話ヒストリア」に登場!

12月9日(金)20:00NHK総合テレビ「歴史秘話ヒストリア」で、「(仮題)もう一つの真田丸戦国を生き抜いた兄妹」が放送されるとい情報が!

野望と謀略が渦巻く戦国乱世を力を合わせて生き抜いた兄妹、最上義光義姫の実像を伝える内容で、最上義光が単独の番組としてフィーチャーされるのは、恐らく史上初めてと思われる

(´・ω・`)NHK…ヒストリアというのに一抹の不安が残る



262 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 15:15:57.17 ID:DlX9p96e
随分と先の番宣をするんだな

最上義光の小田原参陣

2016年06月19日 15:59

866 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/19(日) 14:38:17.62 ID:jsVozfSA
最上義光の小田原参陣

天正18(1590)年、最上義光が豊臣秀吉の命令により兵500(300とも)を引き連れ小田原に向かう途上徳川家康の使番が義光に文を齎した

家康「義光殿、遠路遥々ご苦労様です。この先酒勾川辺(ほとり)からは道案内をさせて頂きます」

義光が酒勾川に着くとそこには徳川家康自らが義光の到着を待っていた

義光はまさか家康本人が出迎えてくれるとは予想外でいたく驚き、大変に感動したと伝わる

「山形の昔話」




最上義光の武者修行(複数説あり)

2016年06月18日 11:27

743 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 11:06:57.52 ID:YWmczOZ9
最上義光の武者修行(複数説あり)

座王高湯(蔵王温泉)で賊を退治した最上義守・義光父子が山形城に帰って後、義光は昼夜問わずに寝食を忘れ武芸の鍛錬に勤しんだ。
そんな義光は城を訪れた者から「越後の主上杉謙信は世にも知られた名将ですが、幼少の時から修業に明け暮れ、国中のあちこちに忍び旅をされたと言います」といった話を聞いた。
また近習が言うには「天下に名前を知られる大将に愚かなる者は一人もいません。
小田原の北条氏康の祖父の早雲公は昔伊勢国で友達数人と巡礼の如く武者修行を行い、旅の途中の駿河で今川氏親に仕え両上杉を追い払い、伊豆相模は素より関八州の棟梁ともなりました。」と話をされた。
義光は幼心に英雄譚に想いを馳せ、父義守に暇乞いもせず親しい者わずか二・三人と語らい、書き置きを残して夜のとばりに山形城から忍び旅立ってしまった。

明くる朝若殿(義光)がいない事に気付いた山形城内は騒然となり、最上義守に近臣が義光の書き置き状を差し出した。

義守が紙を開いて見ると

義光(`・ω・´)「義光はいやしくも清和天皇の流れの武門の家に生まれ、おとん(義守)の慈しみを受けて成長してもう立派な若者なんよ。
…なのに未だ武勇の徳が足りずにご先祖様の名跡にふさわしい行いができていないからこれは歎き悲しむだけではダメなのでなんとかしようと考えたんよ!
だから天童街道から大石田を抜け庄内から越後方面へと武者修業するんよ!
名刹・古戦場を見学して修行の旅を通じて人馬の運用や地形と戦術を身につけるんよ!
あ、とりあえず七年くらい武者修行してくるんよ」

義守「・・・」

近習の者が殿(義守)を見るには微動だにせず、その内心を窺い知る事はできなかった。

「奥羽軍談」



744 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 11:39:34.08 ID:knxNHmPT
最後の一文も書いてあるのかな、それとも投稿者の創作?
最上は見極めづらい

745 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 12:33:02.22 ID:Ljbl26nA
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-8510.html?sp&sp
これだと自分より強い者を探しに全国で武者修行するぞ!ととりあえず隣の越後行ったら
軍神様がいて自分の弱さを思い知ったとかなんとか

746 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 12:49:24.85 ID:s4ObcymM
馬鹿だねぇ

747 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/06/18(土) 13:46:22.71 ID:YWmczOZ9
義守ヒラキテ見玉フニ其文「…先ツ七年ノ御暇玉ハリ候得カシ(義光書置)」ト有シトカヤ。義守気色少驚カセ玉ハズ。

748 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 13:59:37.20 ID:YWmczOZ9
(´・ω・`)雰囲気で

749 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/18(土) 14:39:23.92 ID:NzW65WpW
いつも同じ顔文字つけるといろんな解釈できる逸話も一様に印象偏るんだけどわざとやってんのかな

横町の由来

2016年04月14日 18:49

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 02:08:21.73 ID:DDb6sdaQ
横町の由来

天童合戦で野辺澤信景(延沢満延)を味方に率いれた最上義光はその喜びの余り、山形城下の定期市町の名称である「九日町」の名を満延に上げてしまった

それを知った重臣の氏江尾張のなにがし(氏家守棟)といった者が眉間に皺を寄せ、義光に窺った

守棟「城下には一(日)から十(日)までの数を冠した市町がありましたかな。
嗚呼、誰かが能登殿(満延)にその一つを差し上げられたので、今は歯抜けがありましたか。
ーそれで、欠けた『九日町』の代わりになる様な素晴らしい名前を我が殿は用意なされているのでしょうか?
満月も一つを欠いてはままなりませぬ。
思いつきや勢いで町名を上げたり等という事はまさかありませんよな?」

義光は守棟を宥める様に口を開いた

(´・ω・`)「いくら儂でもノリだけで迂闊な事はそうはしない。九日町の名を満延に与えたのはそれだけ彼を買っての事。
…九日町は七日町の南隣(つまり横)
かつ十日町の北隣(つまり横)
九の字は四(よ)と五(こ・ご)を足した数だから旧九日町の地の町の名には四と五で横町なんてどうだろう!
…なんつって!」

守棟「…」

(´・ω・`)「…(やばい…怒ってる?)」

かい摘まんでますが、本当に横町の由来がこんな鮭様のおやじギャグが発祥とされています

「山形細見」

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 02:49:01.91 ID:DDb6sdaQ
山形市横町(現山形市民会館付近)
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?panel=detail&d01=10558417622106&c=10

●九は四たす五、だから四五町に。語呂が悪いから「横町」

…義光公時代に「九日町」は尾花沢の延沢城にくれたという。町人は、四と五を加えて九日となるので、九の日に市を開きたいので四五町(よご町)にし、語呂が悪いから「横町」というようにしたと語り伝える人も見られた。



525 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 07:32:45.86 ID:GMsMng5l
家康「安直じゃな」

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 08:00:54.98 ID:9jR94Tq+
ノブ「子供の名前に使わせてもらおう」

527 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 19:33:28.52 ID:VVpbIm0a
また最上の病気が再発したか

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 21:18:29.99 ID:1ByHse5H
>>522
せっかく1から10まで揃ってるのに9あげちゃうのかよw
それだけ買ってるってことなのかも知れんが、もらう方も微妙な気が…

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 21:51:26.97 ID:biJM3Xtr
一戸から九戸までのうち四戸は縁起が悪いせいか今はないのに
四日市はいろんなとこにあるな

530 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/15(金) 00:49:20.25 ID:aV2luiL4
そもそも町の名前ってあげちゃっていいものだったのか

531 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/15(金) 11:24:57.02 ID:toTFfKWq
犬ころに娘を差し出す奴だっているしねえ

一栗豊後誕生

2016年04月14日 18:48

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/14(木) 02:30:18.62 ID:DDb6sdaQ
一栗豊後誕生

山形の最上義光は目を掛けた家臣に「光」の字や受領名を与えていた

しかしあるとき市来隆春(一栗高春)といった侍が苦虫を潰した様な顔で義光に尋ね出た

高春「周りに人がいないので殿に直にお聞きしますが、何故に私の受領を豊後守になされたのでしょう?
いくさに後(おく)れ(油断や遅れ)を取る事が多い、もっと精進せよとでもいった意味でもあるのでしょうか?」

義光は高春に即座に返答した

(´・ω・`)「否、そちはなにか思い違いをしておる。そちは兵の道の他に歌や文の道にも長けておる。
豊後はいくさで遅れを取るのが多いといった意味ではなく、文悟(武道だけでなく文才もある一角の人物だよ)といった言葉遊びを含めてのもの。
難しく考えず、受領を授けるだけ気に入ってると考えてほしいんよ」

「山形の昔話」

裸武太之助や鶴ヶ岡・亀ヶ崎のネーミングと連歌の豊かな表現とのギャップとで、鮭様の普段のセンスが正直わからなくなってきた…



【ニュース】人物叢書『最上義光』、発売時点で品切れ

2016年03月12日 14:14

458 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 06:39:46.85 ID:x4ZIOuxh
吉川弘文館営業部
伊藤清郎『最上義光』(人物叢書)出羽57万石の礎を築いた戦国武将!山形を見守り続けたその生涯を描く決定版!3/11出荷開始。

吉川弘文館営業部
人物叢書『最上義光』ですが、事前のご注文・ご予約が非常に多く、本日発売時点で品切れとなりました。ありがとうございます! 現在、3月末出来予定にて重版に取りかかっております。書店さんで見つけた時点で即ゲット、をお勧めいたします。

(´つω;`)おまいら鮭様好き過ぎ…どこにも在庫が無いお…



461 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 13:28:06.38 ID:uVrm8Bs+
>>458
すげーw出版社もびっくりしてそう、なんでマイナー武将が即日売切れするんだよ!?って

462 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 16:39:31.10 ID:QLqbZWfD
>>458
どんな本なん?
検索かけたら、最上義光 鮭と最上義光 シスコンがワンツーでワラタ。

463 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 13:28:45.82 ID:CgeMS3F6
>>458
ついさっきまでamazonにも残ってたけどな。
ネット通販なら探せばまだあるだろ

464 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/14(月) 12:08:33.67 ID:h0pzVdeU
いったいどこの奴らだ
最上義光と鮭やシスコンを結びつけたのは

義光がここに侍っている以上

2016年01月16日 17:58

190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/15(金) 19:57:16.12 ID:PiZdnrgl
文禄4年7月、秀次事件が起き、関白秀次が切腹すると、彼の側室となっていた最上義光の娘も
誅せられた。その上義光も秀次の謀叛に与していたとの噂が流れ、最上家滅亡かと思われた時、
徳川家康の計らいによりその罪免ぜられた。義光がこれに感謝することこの上ないものであり、
如何にもしてこの恩報じ参らせんと決意した。

明けて慶長元年閏7月12日の夜、伏見に大地震が起こり、伏見城も崩壊した。
この時、伏見に在った諸侯は皆、太閤秀吉の元に馳せ集まった。
しかし最上義光一人は、家の子郎党を具し、裸馬に打ち乗って徳川家康の館に馳せた。

「このような時には人心も計り難いものです。御館を御出になるべきではありません。
いかなる事態になろうともこの義光がこのように居る以上、お心やすくいて下さい。」

そう申して家康の館を守った。

その後、秀吉自ら茶を点て、家康にも参るようにと言ってきた。
この事、怪しく聞こえたため、義光は急遽秀吉の御所に参り、家康に近づくと
「相構えて、今日のことお気をつけ下さい。義光がここに侍っている以上、何の差障りも
起こさせませんが、しかしながら思うところもあり、事が終われば直ぐにお帰りに成るべきです。」
そう申し上げ、茶会が終わると家康の供をして御所を下がった。

(藩翰譜)



191 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/15(金) 21:40:35.81 ID:Fbvw596u
えらく屈強なボディガードやね…<家康の供をする鮭様

里見民部と秀頼の朱印状

2016年01月09日 09:24

916 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/09(土) 05:21:57.90 ID:1X0ifiPd
里見民部と秀頼の朱印状

慶長8(1603)年、最上義光に廃嫡された最上義康暗殺事件の黒幕とされた里見民部少輔(里見義章、里見義正・義満とも)は所領の長崎城を捨て突如として出奔した

里見民部は先の慶長出羽合戦において寡兵で上杉軍を翻弄し、直江兼続の副将の本村親盛を討ち取る等の高名を成したために加賀の前田家が二万石の高禄で召し抱え様と動きを見せた

しかしこれを知った旧主最上義光は激怒し、「民部の様な不貞(不逞)の者を家人とするならば一戦も辞さない。里見は不忠のものなれば身柄を拘束し山形に送られんと欲す。適わない場合はせめて所払いを願う」と使者を差し向けた

前田家も最上家からの介入を蔑ろに出来ずに、民部を雇う事を諦めた

しかし民部は豪(剛)の者であったために次に越前松平家が3万石で召し抱え様とした

義光は越前松平家にも使者を遣わし、徳川将軍家をはじめ有力大名へ里見民部の奉公構の文を出した

民部は幕府の懐刀本多某とも深い仲ではあったが、奉公構が出された事により幕臣になる道も裁たれ、高野山を頼った

やがて最上義光が死に、最上家親が山形藩主となると民部の元に家親から書状が届いた

家親「父(義光)は老齢にあって我が兄にして長男の義康を失った哀しみのあまりに正常な判断が出来ずに民部にその咎の責を取らせ様としたのだろう
悼ましい事件であったが私(家親)は民部に責はないと考えている
また私には頼れる近臣がいないために、是非とも片腕となり政を助けてはくれまいか」

民部は義光の死と家親からの書状に望郷の念も加わり高野山を降り山形へと向かう事にした

海路庄内に着いた里見民部の一族は田川で下吉忠の軍に身柄を拘束され、最上義康が暗殺された櫛引付近で全員が処刑された

民部の遺品には文箱があり
中には「大坂方に与し大願成就の際には庄内三郡を与える」といった豊臣秀頼の朱印状が入っていたと伝わる

「奥羽永慶軍記」など



最上義光 長谷堂城の戦いで孤軍奮闘

2015年12月20日 17:18

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/20(日) 06:18:09.86 ID:2mb6e18O
徳川家康「上杉勢への手出しは無用」

http://www.sankei.com/smp/premium/news/151219/prm1512190013-s.html

最上義光 長谷堂城の戦いで孤軍奮闘

 「上杉勢への手出しは無用」。
小山評定直前の1600(慶長5)年7月23日付で、徳川家康最上義光に手紙を出した。上杉攻めの中止は評定前に決まっていたのである。

 義光は家康の依頼で北から上杉を攻める準備を整えたばかり。
随分勝手な中止要請だが、上方を空にして石田三成の挙兵を誘う家康の計算通りに事態が進んでいた。
最上義光歴史館(山形市)の学芸員、揚妻(あげつま)昭一郎さんは「義光はかなり前から家康との関係を大事にしていた」と話す。

 「奥羽諸将は自国の防衛もままならぬまま山形に集結したのでこれ幸いにと引き揚げていった」といい、
最上勢は独力で上杉軍と対峙(たいじ)することに。
直江兼続率いる上杉軍3万6千が三方から侵攻し、北の関ケ原「慶長出羽合戦」が始まる。
最上勢は8500。兼続は最上の支城を次々と落とし、本城・山形城も「時間がかかるまい」と豪語。義光は支城の兵を撤退させ、中央に集中。
地の利を生かしたゲリラ戦や夜襲で上杉軍を悩ませた。激戦の長谷堂城の戦いを中心に奮闘。9月末には両軍が関ケ原の戦いの結果を知る。

 この合戦の戦場や上杉軍進軍ルートを現地調査している同館サポーターの松本芳雄さんは「一気に攻められていたら山形城は持たなかった」。

 謀略を駆使するヒールのイメージが定着している義光だが、
揚妻さんは「内政に力を入れ、戦いは犠牲の少ない方法を好んだ。清和源氏、足利氏、斯波氏の流れから信仰心のあつい家柄だった」と強調する。



795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/20(日) 12:26:10.28 ID:HXV+bd3f
策謀家と内政家・篤信家の側面は別に両立しうるよな

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/21(月) 00:18:39.07 ID:y8HEMUWi
清廉は侮蔑され匹夫は殺され必死は囚われる

優れた将は真面目で嘘つきで誠実だが腹黒いというような清濁併せ持つ、複雑怪奇な生き物でなければならない

797 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/21(月) 02:16:56.11 ID:zI6t9Yup
>>794
謀略を駆使するイメージかw
例えるなら呂蒙かな

【ニュース】最上義光の新資料発見

2015年12月13日 12:33

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/12(土) 19:04:20.97 ID:9mCRu3uM
【ニュース】最上義光の新資料発見
白鳥十郎惨殺を信長許可
http://mainichi.jp/auth/check_cookie_set.php?url=%2Farticles%2F20151211%2Fddl%2Fk06%2F040%2F155000c


先日山形県立図書館で山形大学の松尾教授が再確認した「最上盛衰記」等に「織田信長が最上義光に白鳥長久の排除を許可した」文言がある模様

白鳥長久は1577年に信長に使者を送り出羽守を名乗ろうとしたが、これを知った義光もすぐさま徳川家康を介して信長に使者を送った

白鳥長久の記述の多い「天正最上軍記」とも異なる部分が多々ある様で興味深い(´・ω・`)



【ニュース】最上義光の新資料確認

2015年12月06日 12:23

82 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/12/05(土) 17:50:19.10 ID:4KviSj0O
最上義光の新資料確認 県立図書館、所蔵の和装本4点11冊

県立図書館は4日、山形城主・最上義光(1546~1614年)に関する和装本を新たに確認したと発表した。
著作者不明の「最上義光物語」を書き写した同館所蔵の4点(11冊)などで、著作者とされる人物を記していたり、流布本にはない記述がみられたりする資料。
書写時期は江戸末期から明治時代と推測され、5~13日に同館で特別展示し紹介する。

県立図書館は本年度、郷土資料のデジタル化作業を進めている。
片桐繁雄元上山市立図書館長、新藤透米沢女子短期大准教授の協力を得て、本県関係の241点の中から67点をデジタル化対象候補に選定した。
このうち最上義光の資料については、義光の研究に当たる山形大人文学部の松尾剛次教授(日本中世史)が分析し、その作業過程で和装本を確認した。

4日に記者会見を開き板垣裕治館長、松尾教授が説明した。
4点は「義光物語 全」(1冊)「最上義光物語全」(1冊)「最上物語一~六」(6冊)「最上盛衰記」(3冊)。
これらは1959(昭和34)年に購入した記録は残っていたものの、詳細な内容は明らかになっていなかった。

「義光物語 全」は、最上義光物語の著作者に関する記載があり、家臣の八鍬孫九郎との説を伝えている。
また「最上盛衰記」は46話で構成。一般的な25話を上回っており、
義光が謀殺したとされる谷地城主・白鳥十郎長久に関する細かな記述、各地であった戦の話など、流布本にはない記載がみられるのが特徴。
松尾教授は「そもそも原本には細かい話が書かれていたと推測される。

だがあまりにローカルな内容のため、次第に省かれていった経緯があるのではないか。
原本を知る上で貴重な資料」との見解を示している。

義光関連以外でも、米沢藩初代藩主・上杉景勝に関する「景勝公御武功記 全」などの資料5点も確認した。
これらの一部を県立図書館1階県人文庫で展示する。
板垣館長は「来年度中にはデジタル作業を終え、多くの人がホームページなどで閲覧できるようにしたい」と話している。

山形新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000100-yamagata-l06



85 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/12/06(日) 10:01:18.35 ID:FENVfXfB
>>82
>流布本にはない記載
σ (´・ω・`)の新しい黒歴史が出て来たか!

鬼切丸(髭切)悲話

2015年12月03日 07:29

724 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/03(木) 06:15:50.09 ID:gakzoNKC
鬼切丸(髭切)悲話

秀吉の天下ほど、大名間の交流が華やかであったとは言われるが

「オニギリ」異聞
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5622.html

上記のものとは一転し、負のスパイラルの話

文祿年間、天下を我が手に収めた豊臣秀吉はその力を以って名物狩を行っていた

豪商は茶器や軸の献上を迫られ、各大名も重宝を要望され、応じる様に圧力を掛けられていた

出羽の一大名最上義光もその例外に漏れず
秀吉「最上家には源氏の至宝髭切(鬼切丸)があるそうじゃな。天下を束ねる今の儂の手元にあってこそ相応しいと思わぬか?」と譲渡を求められていた

義光「…鬼切丸はただの家宝にあらず。今天下人とは言え譲れぬものもある…」

義光は一計を案じ、刀の茎(なかご)の安綱の銘に鏨を入れさせ、銘を「國綱」と合切させた

義光「-使者さま御役目ご苦労様です
秀吉様から要望された『鬼切安綱』ではございますが、念のために献上の前に茎を確認したところ
やや、銘が『國綱』となっているのに気付きまいた
髭切は伝説の刀。呼び名が変わった話は有名ですが、当最上家に伝わっていたのは安綱でなく『國綱』でありました
國綱も名工ではありますが、紛い物を要望されたとあっては秀吉様の名に泥がつきます
偽物とはいえ國綱も名刀で伝家の宝なれば、こたびの献上の話はなかったことにして頂けます様お伝えくだされませ」

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/03(木) 07:01:24.29 ID:gakzoNKC
義光は拓を使者に渡し、刀の銘が「國綱」である事を確認させた

使者「…事が事だけにそれがしでは即答できませぬ
…なにかあるときは追ってお呼び立てがあるでしょう」

しばらくはなにもなく、鬼切丸は件はうやむやながらに安泰かと思われた、が…平穏は長くは続かず文祿4(1595)年7月15日、関白豊臣秀次が秀吉に謀叛を疑われ高野山で切腹

山形から秀次に輿入れのために入洛し、屋敷で休息を取っていた最上義光の愛娘駒姫も、謀叛人秀次の女房として囚われの身となった

義光「これはなにかの間違いじゃ!駒は京に着いたばかりで秀次卿に見(まみ)えもしておらぬではないか!?」

7月20日秀吉は大名たちへお拾(秀頼)への忠誠を誓わせる誓約書を書かせた

義光「天地神明の下お拾様に忠誠を誓います…」
義光は血判を押し、豊臣家に服従する姿勢を示した

義光「…血判を以って忠誠を誓ってもなお駒は幽閉の身…神仏よ…駒を扶け玉へ」

日に日に切迫する状況に義光は実力者の徳川家康を頼った

義光「太閤殿下に意見ができるのは家康様しかおりません
子の親として娘が囚われの身となっているのは断腸の思い
何卒何卒重ね重ね娘の助命にお力をお貸しください…」

義光は伝家の貞宗(笹切)を家康に誠意の表明として託した

…しかし時を置かずに義光には閉門の命が下され
文祿4(1595)年8月2日駒姫は処刑

自室に閉じ込もり遮二無二に法華経を唱えていた義光は娘の最期を聞くと
「過去の業こそ(私が罪深いばかりに、娘にその仕打ちがいってしまったのか…)」と呟き
肩をいからせ眼をひんむき「口惜しや、口惜しや」と唸る様に嗚咽し続けた

726 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/03(木) 07:17:18.40 ID:gakzoNKC
義光は三日も四日も食べ物も水も休息も取らず、乱れた髪と血走った眼と深いクマはさながら幽鬼の様であった

数日後閉門中の義光に代わり、内室の大崎夫人(としよ姫)に秀吉から「最上の秀次謀叛荷担の容疑を弁明せよ」との呼び出しがあった

処刑した駒姫の美貌を知った秀吉が母の大崎夫人に眼を付けたのだろうと京人たちの噂もあり
夫人の侍女である谷柏直家の娘を代わりに登城させたが、直家の娘は義光の年齢に見合わずうら若かったために秀吉の勘気に触れて斬り殺された

大崎夫人も心労のためか急死した
一説には世をはかなんで娘の駒姫の後追い自殺をしたと言われる

京童らは秀次に懇意だった最上家が転封か取り潰しになると口に戸を立てずに噂しあった

ちょっとどころかかなり悪い話

「北野天満宮傳」「尊祐手記」「出羽国風土記」「太閤記」「山形軍談」等

727 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/03(木) 07:27:11.71 ID:gakzoNKC
そして駒姫の助命嘆願の時にか閉門蟄居のときにか
今更銘を改竄した鬼切丸を差し出す訳にもいかなくなり、「反意無い証」として秀吉に献上されたのがかつて織田信長が足利義輝から譲られ最上家に伝わった光忠の太刀(最上光忠)という…




729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/03(木) 13:40:25.00 ID:gakzoNKC
最上義光自身は禅宗(曹洞宗)に帰衣していたが駒姫のために法華経を唱えていたのは、日蓮が経を唱えて天の神助で処刑を免れた逸話に縋ろうとしてたのか、なんとも哀しくやり切れない

730 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/04(金) 04:09:14.58 ID:UJG6kRmd
>>724

最上家をめぐる人々#6【駒姫/こまひめ】
【駒姫/こまひめ】~悲劇の美少女~(最上義光歴史館)
ttp://mogamiyoshiaki.jp/?p=log&l=103062

秀次事件(駒姫処刑時に最上義光は京堀川屋敷で閉門蟄居中)
ニコニコ動画sm7194373
京都国立博物館で髭切(鬼切丸)と膝丸(薄緑)が期間限定公開決定
ttp://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/f1_1_korekara/token_2015.html


秀吉が駒姫を鎌倉で尼にさせよと早馬を出して命じたというのは、遺体が最上家に返却されなかったので甚だ疑問が残る

731 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/04(金) 07:26:58.66 ID:UJG6kRmd
髭切
最上家伝来の宝刀「鬼切丸」の謎 !?
ttp://mogamiyoshiaki.jp/?p=log&l=38707


慶長5(1600年)10月8日 最上義光、秋田実季宛書状

2015年11月18日 06:51

5 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/17(火) 23:48:14.57 ID:ZH/DUF6/
それぞれの駆け引き

慶長5(1600年)10月8日
最上義光から秋田実季宛の手紙
(´・ω・`)「大柿(大垣)に籠居候治部(石田三成)・刑部(大谷吉継)・備前中納言(宇喜多秀家)・嶋津(島津義弘)なとあをのゝ原へ罷出、人数十二万ほとにてひかへ候処へ
内府様(徳川家康)御人数八万ほとに候而被切懸候処に敗軍之躰に候処に、又筑前之中納言(小早川秀秋)後切を被成候故、尚々たまらす敗北仕候
治部・刑部事者主一騎にて伊吹をさして逃候を、被御触を廻、此等之者共生捕にいたし参候へよし被仰候間、定而百姓共とらへて参候ハんと申候
大柿之事者そのまゝ焼却被成候
、佐和山之事者十七日に落城仕候」

この手紙は10月1・2日に長谷堂で米沢へ退く直江兼続を追撃して後、谷地城に取り残された下吉忠を包囲していた時に書かれたものである



義光と宗教

2015年11月13日 18:09

981 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/13(金) 00:44:09.19 ID:YZvVgPpg
義光と宗教

山形の最上義光という人は仏教に留まらず、神教や修験道や古道など、様々な宗派を厚遇した

自身は禅宗に帰衣していたが、室(妻のとしよ姫)は浄土真宗で、人に頼まれ法華経を唱え、三河や甲州から武田旧臣の秋山某を浅間神職として招き、野州の大田原某を古峰社別当とした

そのため城下には寺社仏閣が入り交(混)じり、龍門事(最上義守の葬儀)にはどの寺を上位にするかですったもんだがあったと言われる

「山形の昔話」



小僧丸参上!

2015年11月13日 18:09

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/13(金) 02:21:42.10 ID:YZvVgPpg
小僧丸参上!

「青木某様
従来通りの知行を預置候(お預けします)
(天正17・1589年)
(鮭仮面もとい最上義光こと)谷地小僧丸(より)」

「河北青木家文書」ほか

青木家は先に暗殺された白鳥長久の重臣の家柄

40歳を過ぎた最上義光が何故に「小僧丸」と安堵状に署名したのかはわかっていない




草苅将監の憂鬱

2015年11月13日 18:09

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/13(金) 06:51:42.54 ID:YZvVgPpg
草苅将監の憂鬱

天正13(1585)年、天童八楯の盟主一色大夫(天童頼久)の治める天童城は勢い盛んな山形義元(最上義光)の軍勢に攻められていた

緒戦は数に勝る天童軍が優勢だったが、天童八楯の一翼楯岡満英の庶流の楯岡右馬頭(楯岡満茂)が山形勢に靡き、戦況は膠着状態となった

ときに天童頼久の下には沼沢伊賀といった美童がいた
しかし伊賀が優れているのは容姿だけで、元来無知文盲で女の胸中に似た嫉妬深く名誉欲の強い男だったので、
崇められる事を喜び、気に入らない者を頼久に告げ口し追いやる等、天童城内で好き放題をしていた

天童氏重代の家老職にあった忠臣の草苅将監は男色に耽(ふけ)り沼沢伊賀の専横を許す頼久を諌めたが聞き入れられず
伊賀は天童方の主戦力の要であった野辺澤能登(延沢満延)の名声までもが気に障り、満延に頼久の権威を笠に様々な嫌がらせをした

これを知った義光の軍行(奉行?)の氏江尾張(氏家守棟)は策を講じ、満延を寝返らせ味方とした最上軍は一気に攻勢へと転じた

満延が最上軍に降った後の天童城では味方の兵の夜逃げが相次いだ

いよいよ敗戦を悟った将監は夜闇に隠れ主頼久を奉じて陸奥の国分盛重を頼って落ち延びた

「天堂(天童)古話」「天童の昔話」

しかし翌年伊達政宗の援助を受け天童家の再興を信じ、天童出兵を図った将監だが、最上家を出奔して伊達領に逃げて来たと思われた最上義光の放った刺客の手に掛かりあえない最期を遂げ
主柱を失った頼久は兵を起こす事も出来ず、天童氏は伊達政宗の客人としての余生を送った

「伊達治家記録」