正木信茂、牛の角を

2013年09月08日 19:08

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/07(土) 21:08:11.86 ID:I0PrKMFi
ある時、里見義堯は家中の者たちを集めて宴を行ったが、その中で古今の豪傑の話となった。
義堯が

「昔、異国の孟賁という豪傑は、牛の角を握って捻り潰したというが、本朝には未だ、
そのような武者はおらんなあ。」

と言うと、そこに正木大膳亮(信茂)が進み出て

「私がやってみます」

と言い出した。里見義堯は宴会の良い余興だと面白く思い、庭に出て大きな牛を連れてこさせた。

すると、大膳亮は牛の角を左右の手に握り、まるで五月雨の頃に草を抜くように、
いともたやすく牛から二本の角を引き抜いた。

これには里見義堯以下、驚き肝をつぶさぬものはいなかったという。
(関八州古戦録)




58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/07(土) 21:32:27.95 ID:er6/6ZjN
坂東武者って…

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 05:25:15.57 ID:ttDeX7al
牛が可哀想だ

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 06:07:17.64 ID:pUDhCi6C
ホモ・サピエンス以外の何か

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 06:23:25.36 ID:blsv0fNV
戦国の宴会芸は血なまぐさいのお

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 06:37:00.04 ID:YYChAss4
>>57
牛「モーやだこんな国」

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 07:53:44.59 ID:OlnOaeaz
H川F孝「どれ、拙者がひとつチャレンジをば…」

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 10:44:06.44 ID:bK/qCks7
親父の大膳ばかり注目されて息子の大膳はほとんど無視されていたから名前が出てくるのはうれしいね

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 18:47:31.26 ID:CRrfZWGO
(´・ω・`)「力自慢がいると聞いてきますた」

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 19:03:12.03 ID:7jINFss/
>>63
寝ながら考えたけど、H川F孝って誰か分からん。
てか、F行ってことは「ふぁ・ふぃ・ふ・ふぇ・ふぉ」のどれかだよな。
一体誰だ?w

スポンサーサイト

桐生家顛末

2010年05月11日 00:01

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 21:46:51 ID:muMvWpiF

この関連の話でよく見かけるのはこんな感じかな

戦国時代、桐生家の版図を歴代最大に広げた助綱には子がなく、
ために同族(藤原姓足利氏。源氏じゃない)の佐野昌綱から親綱を養子に貰い受けた。
この親綱、入嗣の際に都布子、山越ら四人の佐野家譜代の家臣を後見人として連れ添い、
永禄十二年に助綱が病没すると桐生家家臣を排斥し、伝来の家風は無視し、
四家臣のみの意見を重用して佐野家の属領であるかのような統治を始めた。

このため佐野系と桐生系の家臣団の対立が急速に拡大、
旧来の桐生家を慕う民心は親綱から完全に離反して支配体制は麻の如く乱れ、
これを憂えた里見勝弘は旧臣代表として繰り返し諫言するが親綱は聞く耳持たず。

これに呆れた勝弘の子二人は出奔して越後に亡命、
勝弘を疎んじていた親綱はこの事を反逆の証としてついに勝弘に腹を切らせるに至る。

で、この状況を奇貨とした由良国繁は藤生紀伊守を大将として柄杓山城を攻撃。
桐生系家臣団の内応を得て瞬時にこれを陥落させて親綱を佐野に追い、
以後桐生領は由良氏の領知するところとなった、ってもの。

ちなみに親綱(重綱)には後日談があって、
天正六年に由良成繁の病没すろと、由良家の家中に混乱が発生すると期待して、
桐生に潜入して旧臣や領民を扇動してみたけど、『誰一人』応じるものがなく
むなしく佐野に戻ったそうな

里見実堯の切腹、そして

2010年05月10日 00:00

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:51:30 ID:KsBT8uBT
房州里見家に、里見実堯という人物がいた。
第一次国府台合戦の後、当主であり、甥でもある里見義堯と不和になり、安房を出
奔、一族の由来の地である上野国に流れてきていた。

里見家が房州に逃れた際、上州に残った一族の許を尋ね、その食客として遇されて
いた実堯だったのだが、天正二年、身を寄せていた里見宗連が上杉謙信の攻撃を受
けて自害。上州里見家が断絶してしまう。

再び浪人となった実堯を庇護したのは桐生直綱。
直綱の許で実堯は頭角を現し、外様の家臣であるにも係わらず、小さな城を任され
るまでに出世した。

この頃の関東は北条家と上杉家の草刈場と化しており、桐生家内部でも親北条派、
親上杉派の対立が深刻になってきていた。
謙信の強さを目の当たりにしていた実堯は親上杉の急先鋒として家中に重きをなし
ていた。
しかし、桐生直綱が没し、養子である重綱が桐生家を継ぐと、事態は複雑になって
くる。

親北条派 vs 親上杉派
譜代家臣 vs 新参の実堯
桐生家家臣 vs 重綱の実家出身の家臣

複雑に絡み合った対立関係は、結局の所一番単純な形に落ち着くようだ。
すなわち

「アイツ気にいらねーから殺っちまおうぜ」

実堯は以前から、謙信とのパイプ役として二人の息子を越後に出仕させていた。
それが反実堯派の口実となってしまう。
「上杉家と結んで独立、桐生家に取って代わろうとしている」
というのだ。

居城を攻められた実堯、家臣が防戦する間に越後に向かって落ち延びる。
少なくとも本人はそのつもりだった。
しかし、城を離れ、供のモノも少なくなったその時。

「殿、ここで自害してくだされ」

近侍の者として非常の際にも係わらず、実堯の側を離れなかった石原石見守が敵と
通じていたのである。
もはやココまで、と観念した里見実堯は切腹して果てた。
石原石見守はその首を持って桐生の陣に帰って行ったと言う。
この後まもなく桐生家は没落し、由良国繁の庇護の下、細々と命脈を保つコトとな
るのは、この時の卑怯な振る舞いに対する報いだと噂された。


663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:52:13 ID:KsBT8uBT

この顛末を聞いて怒ったのが越後にいた実勝、勝安の兄弟。
「父の仇を取らずには死ねない!」
越後からひそかに上野に帰ると、高津戸城にて旧桐生家で親上杉派、親実堯派とし
て知られた面々を糾合、反乱を起こす。
反乱から約半年後、用明城を攻略。
この城を守っていたのは、桐生家没落後、由良家の下に仕えていた石原石見守。
兄弟は石原の首を狙って奮闘するも取り逃がしてしまう。

この反乱は怒りに任せて、というモノではなく、かなり周到に準備されていたモノ
らしい。
天正四年冬の挙兵から、実に鎮圧まで二年近くを要している。

最終的には本気になった由良勢の前に父の仇を討てぬまま、弟の勝安が討死。
兄の実勝も城兵の助命を条件として切腹して果てた。
天正四年から六年と言えば謙信は北陸方面にかかりきり、遂には死去。という時期
である。
越後から期待していた援助も得られず、孤軍奮闘の末に志も果たせぬまま死した兄
弟。

現在、里見兄弟のモノとされる墓が群馬県みどり市に残っている。
その形式から鎌倉時代のモノと推定され、里見兄弟についての記録も江戸中期以降
のモノしか残っていない為、父の実堯はともかく、兄弟の反乱については疑問視さ
れているらしい。
が、仇討ちの物語を作るなら反乱が失敗で終わったり、石原を取り逃したりと色々
微妙なストーリーと言わざるを得ない。
脚色があったにせよ、基になる史実がそこにあったと信じたいような気がする。




664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 21:29:12 ID:BE5mwTXT
この話は里見実尭じゃなくてその子の勝弘で、
路線対立も佐野家による桐生家乗っ取りの話が主軸になってるのが主流だよね

このバージョンは正直はじめて見たな、何に載ってるものだろう

666 名前:662-663[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 14:05:42 ID:/PCApoSE
>>664 こめ 遅 ゴメ

前半の里見実堯の話は『関八州古戦録』が元ネタです。
で、後半の里見兄弟の仇討ちは逸話中にも登場する「里見兄弟の墓」という群馬県
みどり市内の史跡を紹介したHPを中心にあちこちのサイトから拾い食いを。(^^;

父も兄弟も紹介されているHP毎に名前が違うような状態でしたので、名前は全て
『関八州古戦録』のモノで統一していますが、『古戦録』には仇討ちの話は載って
いません。

元々GW中に桐生の方に旅行した際、「里見兄弟の墓」なる史跡があるのを知り、
そこから調べて行ったモノですから、里見勝弘というのも里見実堯の名前が別バー
ジョンで伝わっている、という程度の認識しかありませんでした。

親子なんスか。佐野家による桐生家乗っ取り、というコトは「桐生重綱の実家」と
いうのが佐野家のコトなんですかね?
『古戦録』にはその辺りのコトは載っていないんですが。

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 21:46:51 ID:muMvWpiF
>>666
あんがと



関連
桐生家顛末
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4122.html

里見弘次の娘「夜泣き石」

2010年05月03日 00:01

508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 13:49:55 ID:/kkGCr6V
北条と里見・太田の連合軍が戦った、第二次国府台合戦。
連合軍は国府台城周辺の起伏に富んだ複雑な地形を利用して有利に戦を進めていた
が、「地黄八幡」北条綱成の奇襲をきっかけに総崩れとなり、多くの死者を出して
崩壊した。

その際討死した者の中には、里見一族の里見弘次の名前もあった。
弘次が討死したという報は、逃げ延びた里見軍の兵士によって安房に届けられる。
嘆き、悲しんだのは弘次の末の娘。十二、三歳となるこの娘は、異国の地で果て、
遺体も帰らないままの父を探して下総の地へと赴く。

が、そこに待っていたのは落城後の国府台城。
あちこちに遺体が転がるが、腐臭が漂い、もはや誰の遺体かも判別出来ない有様。
勿論、どれが父の遺体なのかも判るハズがない。

凄惨な光景を見たショックと悲しみとで、娘は近くの石に倒れかかり、そのまま息
を引き取ってしまった。

以来、娘の死んだ石からは夜毎すすり泣くような声が聞こえ、「夜泣き石」と呼ば
れるようになった。
徳川の世になり、国府台城が廃城になってもこの石は残り、現在城址に整備された
里見公園の片隅にひっそりと鎮座している。


……つっこみ所多いなぁ、この逸話。www
「里見弘次は戦死当時十五歳だったのでは?」
「北条に接収されたハズの国府台城本丸付近にどーやって忍び込んだんだアンタは」
「そこにまだ腐った死体が転がってたんかいっ」
etcetc……(^^;

まぁ逸話の真偽を問うのは野暮だから置いておくとして、国府台城からすぐ近くの
「じゅん菜池公園」付近の姫宮と呼ばれる祠にも、里見の姫たちがじゅん菜池に入
水自殺したのを祀ったモノだ、という言い伝えが残っているらしく、どうやら国府
台城は安房からの人気ツアースポット(女性専用)になっていたようだ。


更にはネットで調べていると、こんな話もあった。

昭和九年、台風で国府台城址の近くで数本の松が倒れ、道をふさいでしまった。
住民達は兵隊に頼み、それを撤去してもらった。
切ってもらった倒木は薪として近所の家で分けたのだが、倒木の株の内、大きな一
つだけがどうしても切るコトが出来ない。
近所の酒屋で「切れないのなら、あがりかまちの台に使おう」と言ってそのまま引
き取るコトになったのだが、それ以来、家族に病人が出たのを初めとして良くない
コトが次々と起こる。
まじないを良くする老婆に見てもらうと、貰ってきた松の株に古めかしい着物を着
た若い女性が縋っている。
「コレは国府台合戦で死んだ武将に縁のある姫君である」と言われた。
供養の為に社を建て、松の株をそこに祀ったのだという。


…………どーやら国府台付近では里見家縁の女性達がわんさか漂っているらしい、
というお話。(^^;




正木時茂の奔走と「里見の八賢士」

2009年10月17日 00:19

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/16(金) 14:09:04 ID:KPVS2Z0r
まとめに里見家と小田原の陣について載っていたので、
その続きを「イイい話」の砲へ。

関八州を与えられた家康にとって片隅に居座る里見家は邪魔な存在だった。
主家の危機を感じた正木時茂は、又従兄妹である家康側室「お万の方」を通じて、
お家安堵を計るが、大久保忠隣の失脚に連座させられ里見家は改易となった。
里見忠義は倉吉藩にながされ失意の中で没する。

この時家臣8名が殉死しており、みな戒名に「賢」の文字が入っていたことから、
「里見の八賢士」と呼ばれた。
後に滝沢馬琴はこのことを知ると、「賢」に「犬」をあてて
「南総里見八犬伝」の構想を練ったという。





戦国時代のとうもろこし

2009年09月27日 00:45

772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 15:38:34 ID:r+1ra3R9
いい話スレで食べ物が賑わっているようなのでこっちにも


千葉県市原市には戦国時代から伝わるとされる話に、とうもろこしが登場します。

里見家に仕える多賀氏の池和田城が、小田原北条家に攻められ落城しました。
城主の姫は城から落ち延びますが、逃げた先にはとうもろこし畑があり、
風でとうもろこしの葉が音を立てると、敵の追っ手と勘違いした姫は自害してしまいました。

それ以来、池和田城周辺の人々は姫の死を悲しみ、落城から400年以上経った現在に至るまで
とうもろこしの栽培をしないということです。

つまり戦国期には、すでにとうもろこしは日本で栽培されていた事になります。
まぁとうもろこしは連作障害が酷いので勝手に廃れた、というあたりでしょうか。




773 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/26(土) 16:27:54 ID:lrF/GiKy
>>772
土地がやせる割には食うところが少ないからな。
北朝鮮でも目先の収穫にとらわれてとうもろこし栽培
奨励して、益々土地がやせていったそうだ。


里見義弘、大蛇を見る・いい話

2009年03月04日 00:22

469 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/03(火) 00:35:15 ID:RBcCZQ7L
里見義弘が、かねて争っていた隣国の大名と講和し、盟約を結ぶため国境へと向かった。
その折の事である。

彼が四、五人の郎党達と共に城下を出でて、三里ほどすすみ山間の道に入ると、谷を隔てた場所で
どこからともなく長さ十丈(約三十メートル)あまりの大蛇が現れ、そこにいた大きな牛を
一口で飲み込んでしまった。

里見の君臣は「なんというすさまじい光景だ」と、しばらく馬の足を止めそれを眺めていると、
牛を飲み終わったかの大蛇は谷へと下って行ったが、不思議な事にこの大蛇、下るに連れて
その姿を小さくし、谷底に着く頃には、ようやく一尺(約三十センチ)ほどの蛇となってしまった。

そしてこの蛇は草叢へと隠れようとしたが、空を飛んでいた鳶がこれを見つけ、急降下して掠め取り、
二町ばかり先の辻堂の屋根でたちまち喰ってしまった。

家臣たちは「これは一体どういうことなのか」と、この不思議に困惑していると、
義弘は、はっと気がつきこう言った。

「つまりこういうことだ。この大蛇が始め、十丈の時は大きな牛も呑み込んだが、変形する通力を
使ったのであろうが、一尺の蛇となっては、鳶にすら喰われてしまう。

これは蛇だけの話ではない。人にも大身小身の別がある。大身は大身なりの威を用い、
小身も小身なりの力を尽くす。大象兎径に遊ばず、鸞鳳鶏雀と群れを同じくせず、と言うではないか。

ところが、今日我々は会盟に、このわずかな人数で挑もうとしている。
これは大蛇が小蛇となって草叢に遊ぶのと同じ事ではないか?

先ほどの事は我等が氏神、八幡大菩薩がわしを守るために見せてくださったのであろう。
もし今回の会盟で何事か変事あれば、この少人数では何も出来ないという事を悟らせるためにな。」

そうして義弘たちは城にとって返し、しっかりとした共揃えを整え、再び会盟へと出発した、
とのことである。





472 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/03(火) 01:30:58 ID:YRY+lOzR
>>469
>長さ十丈(約三十メートル)あまりの大蛇

・・・え?

474 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/03(火) 01:46:38 ID:ch158lLX
>>469
わがままフィリップと木伏ディレクターがアップを始めました

476 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/03/03(火) 10:53:25 ID:pqCIVy4s
>>469
鬼武蔵ならその蛇すら食ってしまうなw

正木時茂の「片手綱」・いい話

2009年02月09日 05:01

438 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 00:33:00 ID:FEWbUksu
安房の国里見義弘の家臣に、正木時茂と言う、剛勇無双と呼ばれた侍が居た。

時茂が12歳ほどの時である、乗馬の訓練を受けた時、彼は手綱を片手で持って
乗る事を好んだ。これに馬の師匠は怒りだし

「片手綱とは馬をよくよく乗り覚え、巧者と呼ばれてからはじめてやる様な乗り方です。
あなたは未だ、初歩の訓練すら終わっていないのに、そのような乗り方をすればそれは
馬上の姿勢も悪くなります。とにかく先ずは両手できちんと手綱を取って乗りなさい!」

それを聞いた時茂少年、
「わたしは将来、一軍を任されるほどの侍大将となることを目指しています。
大将であれば、馬から下りて敵に向かっていき、槍をあわす機会はほとんどありません。
大将として馬上において下知をし、また敵と戦うためには、片手綱の達者に
なっておくべきではないでしょうか?」

そう言って、ついに師匠の言う事を聞くことは無かった。

さて、時は流れ、里見義弘と北条氏康の戦った、鵠台の合戦が起こる。
この合戦において里見は敗北したが、正木時茂はしんがりの軍の大将として、
北条方の名のあるものを、片手綱で馬上より21人斬りおとし、その猛威をみせつけ、
静かに撤退した。


正木時茂は太膳亮を称していた。この時両軍の侍大将に、大膳と名乗るものが三人居た。
そこでこの頃の歌に

『依田の大膳、銭大ぜん。矢田の大膳、逃げ大ぜん、正木大膳、槍大ぜん。』

と、歌われたそうだ。

関東の勇者として名高い、槍大膳のお話。




439 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 00:53:27 ID:i6m0WJec
21人て凄まじいな

441 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 01:35:27 ID:gZCXANk7
>438
うむ「いくさ人の真の頼もしさが発揮されるのはむしろ負け戦、撤退戦」というヤツだな

普通に忠勇の士ってことだけど殿軍で大ハッスルした槍大膳カコイイ

442 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 02:22:06 ID:24IaX46/
>>438
この前後に正木時茂は3人居るからなぁ
どの正木時茂なのやら
謙信に救援要請して、その越軍南下によって里見の窮地を救った初代正木時茂
彼は鵠台の合戦以前に病死したというのが近年有力
初代が一番有名な「槍太膳」
その嫡男・信茂も正木時茂と呼ばれてるけど鵠台で戦死
初代時茂の養子、正木憲時(悪い話前スレ「越山して下さいヨー」の人)まで正木時茂
鵠台の合戦時は14歳
その年頃で「槍太膳」なんて呼ばれてるもんかな

443 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 07:23:18 ID:9sMsv83s
>>438
戦国のオレ流だな。

444 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 09:44:58 ID:OjWwYhRC
>>443
森武蔵を育成足軽で年俸400石で採用

445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 10:00:54 ID:blLshG7I
>>441
殿で活躍できる武将って凄いよなー
退佐久間や逃げ弾正、金ヶ崎で殿軍務めた秀吉・家康とか
まー、活躍できなかった武将って名前も残らんのだろうけど

って事で退き佐久間や逃げ弾正の逸話ってなんか無いかな?
異名の割にはあんま逸話が有名じゃない気がする

446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 11:52:31 ID:CN1l/RZK
>>444
俺達のモリさんが“きれいなモリさん”に!?

447 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 12:26:25 ID:6yb5N9sc
万石無いとゴネそうw

451 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/08(日) 14:47:56 ID:gZCXANk7
>447
複数年契約と代理人交渉、甲斐入りの出来高で信濃川中島を要求するのか

 ・・・お乱の「近江坂本をどうのこうの」噂話が笑えなくなってきたじゃねーかw

里見義弘と青岳尼・悪い話

2009年02月09日 04:42

681 名前:里見義弘と青岳尼1[] 投稿日:2009/02/08(日) 19:04:46 ID:m4x87EQC
小弓公方足利義明の娘、青岳尼。
父の義明が第一次国府台合戦で血気に逸った末に討死すると、安房の里見氏の庇護を受け更に鎌倉の太平寺に尼として入った。
この寺は代々関東公方家から女住職を迎え入れており、小田原北条氏も保護していた。
青岳尼は父の仇の北条氏康の保護を受けることになったのである。

江戸湾の制海権を巡って戦火の絶えなかった里見氏と北条氏であったが、ある時に里見義弘が三浦半島への上陸に成功、鎌倉に突入してきた。
そして義弘は太平寺を訪れる。
彼は幼なじみであった青岳尼を安房へ迎え入れようとしていたのだ。

682 名前:里見義弘と青岳尼2[] 投稿日:2009/02/08(日) 19:10:17 ID:m4x87EQC
仏に仕えることで一生を終えるつもりでいた青岳尼にとっては、まさに青天の霹靂であった。
彼女は、本尊を手に対岸の安房へ渡ることを心に決めた。

めでたしめでたし、としたいが・・・

保護していた寺の住職と本尊を宿敵里見氏に奪われた北条氏康の怒りは尋常なものではなかった。

氏康は『まことにもって不思議なるお企て』と書状で不快感を顕にしたうえに、主のいなくなった太平寺を容赦なく破壊してしまった。

安房へ渡った青岳尼も、仏罰か長くは生きられなかったようである。




小田原の役の、里見氏のトホホ・悪い話

2009年01月26日 00:03

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/25(日) 07:13:55 ID:oKuM1OGv
小田原の役での里見氏のトホホな行動

房総の大名里見義康は小田原の役の時に弱冠18歳。
戦国期を通して里見氏は小田原北条氏と争っていたので、秀吉の小田原征伐に応じて
安房から三浦半島へ進出。
しかし、ここでやらかす。

三浦半島の、とある村に出した禁制。
『村に放火しちゃったけど、俺らは関東公方足利氏の再興・鎌倉帰還のために闘ってるから勘弁ね。あ、今後は乱暴狼藉した連中は取り締まるから安心してちょ』

1538年の第一次国府台合戦で滅亡した小弓公方足利義明の一族を、関東制圧の
旗印に闘ってきた里見氏。
小田原北条氏が秀吉の圧力を受けたことに乗じて、父祖伝来の野望を遂げようとしたのだが、
この勝手な行動に秀吉が黙っているはずがなかった。

結果、上総国の領地を没収され安房一国に押し込められることに(だいたい三分の一に削減)。

ちなみに里見氏が奉じていた小弓公方家の足利頼淳。
秀吉に娘を側室として差し出して、下野喜連川領を新たに与えられている。
これがのちの十万石格の喜連川足利家。


秀吉に味方したまでは良かったものの、戦略的に大失敗した里見氏。
里見氏の大義名分になっていたものの、領地を与えられた喜連川足利氏の対照的な
小田原の役であった。



戦国大名、里見義尭・悪い話

2009年01月25日 00:05

701 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 01:03:55 ID:0kleO/9d
里見家当主として北条と渡り合い、里見家全盛期を築き上げた里見義尭。その彼は
まず北条と手を組み従兄弟をブチ殺し家督を奪い、その直後に北条を裏切り
足利義明と手を組み国府台合戦を引き起こした。

702 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 01:05:20 ID:0kleO/9d
だがしかし戦況不利と見るや義明を見捨てて自分だけ逃げた挙げ句、義明死後
空白地となった領土を掠めとって勢力を拡大する等、関東の梟雄と言える所業を重ねた男。
彼はそれだけでは飽き足らず記録の改竄を行うのだった。

703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 01:06:23 ID:0kleO/9d
家督継承の経緯を、非道な従兄弟により無実の罪で殺された父の復讐の為に立ち上がり、
見事仇討ちを果たし晴れて里美家の家督を継いだ……という美談にすり替えてしまった。
後年書かれた里美八犬伝などギャグにしか見えなくなるくらいの、里見家の悪い当主の話。




719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 12:05:06 ID:CaALm+vg
>>702
その評価はどうかなぁ。義明がバカすぎるけどねぇ。
馬鹿な上官は敵より怖いし。ぶっちゃけ、おれに弓ひけるわきゃないし、
姿見せるだけで敵はにげだす、
なんて考えてる人間に付いて失敗したぁ
って思ったんじゃないの?

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 12:47:08 ID:2oIjPF3j
>701-703
よくも悪くも、見事な戦国大名じゃないか。
子供や孫の代で内紛お家騒動起こしまくってるのもアレだな。

里見義実、百首を詠む・いい話

2008年10月16日 13:24

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/22(月) 01:28:17 ID:hzc4SQH0
城盗り百人一首

里見家初代、里見義実、成義親子が、真里谷武田家のを攻めた時の事。
篭城していた真里谷武田家から里見家に、このような提案がされた。

「我らの城の回りは名勝が多くある。この景観を題材に、里見の諸将が
今日一日の間に百首詠む事が出来れば、我らは開城しよう。出来なければ
撤退すべし。いかが?」

こう挑戦された里見の諸将、我らは文武両道の家、風雅のたしなみも
並々ならぬぞ!と、その提案を受けて立った。
そして里見親子は見事百首を読みきり、造海城をめでたく開城させた。
この造海城、この時から「百首城」とも呼ばれるようになった。

その時の一首
里を見よ はげしき春の山嵐 世をつくろみに さはらざりけり

なんとも雅な城盗りのお話



141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/22(月) 01:33:08 ID:m4CvUvQJ
なんという趣のある戦争・・・
現代ではこうはいかない