北条高広の降伏

2010年10月01日 00:00

355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/30(木) 18:30:41 ID:uhy7sY8i
上杉家の関東最前線に配されながら、情勢次第の行動をとった北条高広

謙信死後の御館の乱で景虎=北条派に属したものの、
景虎が自害すると武田勝頼に臣従し、織田がくれば滝川一益に従った。
ところが本能寺の変で織田までがいなくなると、
後北条と徳川の同盟が成立、後北条の北関東侵略にさらされるようになる。

天正十一年。
後北条氏は真田領を奪取すべく、高広にも出兵を命じた。
明らかな踏み絵だが、高広はこれを拒否し、抗戦の道を選ぶ。

そして、援軍を頼んだ先は、上杉景勝

真田昌幸がどうこう言われるが、こいつも相当なタマだ。
どうせ北関東死守のために景勝は動かざるをえないし、
そうすれば佐竹や宇都宮ら、反北条勢も動くだろうとたかをくくっていたらしい。

ところが、領内すら不安定な景勝の動きは鈍く、数ヶ月たっても牽制すらしてくれない。
焦った高広は、直江兼続らに長々と書状を送って援軍を懇望したが、たいした効果はなかった。

高広は半年以上も孤立した戦いを繰り広げ、ついに降伏した。
その後の彼の人生については、よくわかっていない。




356 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/30(木) 18:39:54 ID:izVheoeP
北条側につかなかったところまでは正解だったが・・・・
今までの行動が仇になってしまったなー
スポンサーサイト

北条(きたじょう)さんに関する勝手な話

2010年05月17日 00:03

781 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/16(日) 06:24:52 ID:ckpnP01f
上条さんも中条さんも下条さんも北条さんも
上杉家の有力武将に名前が出てくるから困る。

ところで北条(きたじょう)さんは上杉領の中でも
北条(ほうじょう)領との最前線におり、
上杉家と北条(ほうじょう)家との折衝もしていた。
つまり、上杉・北条(ほうじょう)間の戦や外交に頻繁に北条(きたじょう)が出てくる。
音で読めば違う家を指してることは分かるが、書状だと見分けが付かない。
現代人もこのややこしさに困って北条(きたじょう)さんを
北条毛利と呼んでみたり北条(ほうじょう)を小田原北条と呼んでみたりしているが

当時の人たちもややこしく面倒くさかったようで
北条(きたじょう)さんたら北条(ほうじょう)家の方では勝手に「喜多条」と書かれていた。
それなりに縁起のいい字を書いている辺り、悪意はないことは分かる。
ややこしいわこのやろう!と思う気持ちも凄く分かる。
しかしまあ北条(きたじょう)さんも結構な名家ですし誇りもあったんでしょうか
上杉から北条(ほうじょう)に離反したときも「北条」の字は使い続けた模様。

勝手な話ということで。




「北条」さんの悲劇

2009年12月01日 00:03

749 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 16:08:42 ID:zzhWNquo
>712
そんな「北条」さんの悲劇を

1554年上杉家から北条(ほうじょう)家に蔵変えした「北条高広」だが、
北条(ほうじょう)家から「北条」ではなく喜多条に強制的に変えさせられてしまった。
これに怒ったのかどうかわからないが上杉謙信の関東進攻の時上杉家に帰参、
名を喜多条から「北条」に戻したという。

名前の恨みは恐ろしい。




750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 18:50:28 ID:KgbiUf+Q
主家を憚る必要がなくなったから戻しただけじゃないか?

751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 18:51:47 ID:90JqhRN2
>>749
そんなKITA条さんは、御館の乱が勃発すると北条氏邦に従い越後へ攻め入るのでありましたとさ。

752 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 20:30:57 ID:vL2SefT9
北条が攻めて来たじょう