FC2ブログ

大谷吉継と平塚為広・いい話

2009年02月20日 00:09

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/19(木) 21:08:21 ID:P1F8qvO8

関ヶ原の合戦終盤
大谷吉継隊も周囲の裏切りにより戦線が維持できなくなった
大谷隊に属する平塚為広の支えた戦線も崩壊
もはやこれまでと悟った平塚は

君がため 捨つる命は 惜しからじ つひに止まらぬ 浮き世と思へば

と辞世を詠んで部下に自らの挙げた兜首と共に吉継の陣に届けさせた
この後、討ち取られたとも自害したとも
そして、この句を見た大谷吉継は

契りあらば 六つの衢に まてしばし おくれ先立つ たがひありとも

と返した(常山紀談)

六つの衢とは仏教における輪廻の地獄・餓鬼界・修羅界・畜生界・人界・天界の事
「先に逝くぜ、兄弟」「ああ、何処に堕ちても待ってな。必ず逝く」と詠み合ったのである
もちろんこの返歌は平塚には届かなかった
それどころか吉継の辞世とされるため三成宛との解釈もある
正確には平塚為広宛なのである


たぶん、まとめに無かったと思うので
あったら俺の検索不足です




59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 00:18:22 ID:aie9YMRg
>>57

平塚、戸田コンビ、小大名だったけど
この善戦で裏切り当然のこの時代、歴史に良い名を残せましたよね。

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 05:09:34 ID:GpgcbTRY
>>57
辞世は見たことあったが、そんな伏線があったんやね。
大谷刑部も平塚為広もカコイイ!! けど切ないのぅ……

大谷吉継と千人斬りの噂・悪い話

2008年11月12日 00:14

929 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:04:29 ID:lJWcy4my
そういえば、百人ならぬ千人斬りをやったという噂が、意外にも大谷吉継にあったりするな。

931 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:06:32 ID:VlPdtbnJ
>>929
病気で千人て強すぎ
この人は人格者であってほしいが

932 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:07:54 ID:F0RZ76eb
>>929
kwsk

933 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:10:21 ID:lJWcy4my
>>931
何でも吉継が発病した頃に、大阪で辻斬りが頻発して、
「大谷吉継が病気回復の願掛けのため、千人斬りをしている」って噂が立ったらしい。


934 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:13:04 ID:VlPdtbnJ
この噂知ってあのお茶飲んだ三成良い奴だな

935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:15:18 ID:F0RZ76eb
>>933
噂だよね? まあ当時は業病なんて言われていたし、
妙なこと言われちゃったんだろうなー

ガチで斬ってそれを刀に名付ける人とはとてもとても…


940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:23:13 ID:VxenCe+V
大谷は人格者であってほしいけど、凄い噂だな。
千羽鶴にしといてほしいよ

941 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:25:10 ID:Eu1mnTUi
業病って言うくらいだから
元々蔑視されてて、それに根も葉も無い噂話を付けられたんじゃね?

942 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:31:52 ID:VxenCe+V
まぁ、そう思いたいよ。

943 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:31:56 ID:lJWcy4my
まあこの時代、癩発病→千人斬りってのは、結構噂のパターンだったりするしね。
確か結城秀康もそんな噂立てられた。

945 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 23:36:06 ID:7pfyQJn/
千人斬りで業病が治るという迷信が元々あって、そこで大谷が発病+辻斬り頻発で嫌疑が掛けられた、って流れだね。

一方武田家の今福浄閑斎は罪人をバッサバッサと切る趣味があり40代にして千人切りを達成したと謳われた。
子供が次々病死して罪人のたたりだと噂されても、んなわけねーだろwガキが死ぬのは死に至る理由がちゃんとあんだよww
と笑い飛ばしたという。
願掛けとかと関係ない千人斬りのお話

大谷吉継と島左近とその息子・いい話

2008年10月31日 00:10

6 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/10/30(木) 12:30:45 ID:QmQn6cwM
大谷吉継と島左近の間のちょっといい話。

関ヶ原の戦いにおいて、大谷吉継の隊に島左近の息子、新吉信勝(一説には嫡子)が配されている。

小早川の裏切りを察し、それを迎え撃つべく布陣するまさに死地中の死地である大谷隊に、
なぜ大事な嫡男である新吉を預ける事にしたのか、父・左近の胸中はわからない。

がしかし、お互い立場は違えど三成を思いやる間柄だった吉継と左近。
自分と同じく三成の為に命を差し出してくれた、主の親友への左近なりの義だったのではないだろうか。

ちなみに新吉は藤堂高虎の従兄弟、藤堂玄蕃を一騎打ちで打ち取り、大谷隊の士気を上げるなど
多いに貢献、健闘したという。
その後、新吉は玄蕃の従者高木平三郎に討ち取られ己が役目を全うした。