FC2ブログ

滝川一益の最期

2009年11月29日 00:25

674 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 14:33:25 ID:/dP2D5gJ
滝川一益の最期

蟹江城の戦いが終わり、豊臣の世がやってきた
剃髪し、僧籍に入った滝川一益は放浪し、越前国今立郡の五分一庄に流れつき、
そこで何をするでもなく毎日村はずれの楠木の下に座り込んでぼんやりとしていた
そんな姿を地元の人々は時折気にして見ていたのだが
ある日奇妙なことに、この一益の足元の真っ黒な影が
日に日に小さく、薄くなってゆくことに気がついた
空模様のせいだろうなどと言っていたのだが、しかし改めて見てみると
やはり楠木の影と比べて一益の影は異常に薄いのだった

ある日とうとう影は、フッと消えてしまった
それを見ていた人が驚いて走り寄ると、もはやそこには
一益自身の姿もなかったという話である




675 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/28(土) 17:03:54 ID:aEWVkSGM
>>674
伝説だろうけどある意味スゴイ話しだな。
ゾッとした

676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 17:04:55 ID:zp6qLNeM
そう言えば滝川一益忍者説、なんてのもあるな。

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 17:07:50 ID:TY8J/lKh
>>674
戦国ちょっとホラーな話だな
こんな話他にもある?

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 20:23:41 ID:DTQj3VaP
>>676
某ゲームでも忍者だしね

679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 21:12:45 ID:0umufALV
海外なら、リンカーンが暗殺される前に
メイドが自分の死を悼んで泣いている夢を見た
という話があった


683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/28(土) 22:23:36 ID:FFwIVmm7
>>674
一益も本能寺から後は転落人生だよね…
関東を任された時が絶頂で。

下津次郎右衛門と二枚の感状・いい話

2009年04月06日 00:09

499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/05(日) 07:23:56 ID:YQrDWa3V
滝川一益の家臣に、下津次郎右衛門と言う者がいた。
この人、武功を称えられた感状を、2枚も持っている勇者であった。
彼は滝川没落の後、松平忠明に仕えた。

ある時、この下津の所に客人が来て、感状とはどんなものか、是非見せてほしいと言った。
しかし津田は
「昔の感状なんて、役に立つもんじゃないよ。それにどこにやったか…
古いものをまとめてある所に、まぎれてると思うんだけど…。」

そこで津田の女房が古物入れの中から探し出してきて、客の前に出した。

客、下津が感状を、あまりに大切にする気配が無いので思い切ってこう尋ねた
「もしよかったら、この感状、1枚頂けませんか?」

すると下津、「いいよー」と、簡単にこれを与えてしまった。

感状を持ち帰った客は、この事を色々な所で話したため、たちまち世間に広まり、主君松平忠明は
「1,2枚の感状に拘らないとは、流石は下津次郎右衛門」と、感じ入り、二百石を加増したそうである。

才能と言うか自分への自信というか、そう言うものをもっている人は、今も昔も強いなあ。
そんな事を思ってしまうお話。




502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/05(日) 11:21:35 ID:xHdKYiJx
>>499
何気に悪い話なんだよな~
感状ってのは公文書だから無碍に扱う事は旧主への礼を失する事になる
忠節の道筋からすれば軽薄ととられかねない
感情が公文書であるが故に再仕官に際しては強みになるんだし
保管していた妻は間違いなく良妻

滝川一益と雀・いい話

2008年10月16日 10:50

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/08/14(木) 23:06:15 ID:4xoZcDaX
滝川一益が上野厩橋にいたころのはなし

ある日一益が何人かの家臣と亭で休憩をしてると周囲を警戒しながら餌を食べている鶴を見つけた。

しかしもう少し近くを見てみるとその鶴の周囲にじゃれあい、好き勝手に餌を啄ばんでいる沢山の雀がいるのを見つけた。

昔の自分と今の自分を比べた一益は家臣たちに呟いた。
「あの鶴はまるで私、大勢の雀は家来である貴様らのようだ」
「大名ともなればあの鶴と同じく一時として安心できるときはない、心配してばかりだ。
だが貴様ら雀はあのように自由気ままな暮らしが出来る」
「貴様らは鶴を羨んだり、また、鶴になろうなんて思わず、今の雀の楽しみを楽しみ給え」

晩年、一益は雀に戻ったわけだが実は幸せだったのかもしれない。