三村紀伊守と妖婦

2014年08月07日 18:52

879 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 01:59:57.59 ID:0e3+1740
三村紀伊守(親成)は備中半国を保って成岩(成羽)に在城した。物事のついでに
紀伊守は容色艶麗な富民の娘をひとたび見て、その姿が目の前にあるかのようで、少しも
忘れられず「文を通わせる伝手でもあればなあ、この心を知らせたいものだ」と思い煩った。

そんなところに、どのような手引きであろうか、人が静まった深夜に前述の女が初めて
参り、それからの紀伊守は日暮れを待ち、夜が明けるのを恨んで、稀に逢瀬が途絶える
ことも無かった。

そんな中、紀伊守の精神は気が抜けてぼんやりした状態となり、この頃気鬱している
ということで城外に出て遊んだ。日暮れ過ぎになって、遥か山上を見ると、鞠の大きさの
光物が飛んで来て、城中に入り、家屋の間に隠れた。

家老は怪しんで近侍の士に詰問した。近侍の士は密通のことを告げて「あの女の来る所も、
帰る所もわかりません」と言った。家老は(紀伊守のいる部屋に)入って諌めようとしたが、
近侍の士は、

「この事は深く秘密になされましたが、相談のために申し上げました。まずは小臣が
諌め申し上げます。それでも御承諾なされなくば、その時はよろしく御計らいください」
と言ったので、家老は「もっともだ」と同意した。

近侍の士が紀伊守の前に出て、「昨暮、山上の光物が飛んで来て、御城に入りましたのを
御覧になられましたか? この頃の御病苦は魑魅の祟りがあるのか、色々と訝しい諸事が
ございます。古えにもそのような例が無いわけではありません。御気をつけてくださいませ」
と申し上げると、紀伊守は「心得た」と言った。

880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 02:01:42.65 ID:0e3+1740
その夜、紀伊守ははさみを使って、こっそりと女の髪を少しばかり切って懐中に入れておき、
次の日、取り出して見ると、髪は銀針のようであった。紀伊守はたいへん驚いて近侍の士を
呼び、その髪を示した。近侍の士は「これは猶予してはなりません。小臣が今夜、寝室の外で
待ち、女を捕らえて刺し殺します」と言ったが、紀伊守は、

「それはよくない。あの女は寝床に就く前に気が緩んだりはしないだろう。万一仕損じれば、
悔いてもどうにもならない。前夜に髪を切られたことについて女に覚えがあるなら、必ず
疑う心があるはずだ。私がものやわらかな言葉でその感情を解き、その後でお前にも知らせ
ようぞ。お前は早まってはならない」と、制止した。

夜半を過ぎた頃、寝室で俄に騒動があった。近侍や宿衛の者たちは同時に起きて、
戸を押し破って入り見れば、紀伊守は気絶していた。しばらくして紀伊守は目を見開き、

「私が気絶したことは無念である。しかしながら、あの女はよもや生きてはいまい。
女が戸外に立って『今宵は心が普通ではないので、これから帰ります』と言ったのを、
私はなだめて呼び入れた。

いつもより懇意に語らい、女が少し眠るのを待って直ちに胸に乗り掛かり、三刀まで刺した。
すると、あの女は私を脇に挟んで天井に飛び上がった。私は固く捉えて手を離さなかった。
天井から落ちてしまったが、(どうして落ちたのかは)夢のようで記憶していない」

と、語った。天井は破れ、そこから血が流れて避ける所が無かった。夜が明けて光物の
来た所の山に人を遣わし、血を印しに女を捜索させたところ、三里余りの深山に入り、
血痕が巌穴の入り口に到り止まっているのを発見した。恐れて中に入る者はいなかったが、

一人の壮力の士が腰に縄を付けて二、三十間這い入ると、中が暗いために何なのかは
わからないが、死んだ様子のものがあった。その足に縄を付け、出てからこれを引き出した。
それを見ると、身長六尺余りの老女だった。白髪の長さは一丈ほどで、面背(表側と裏側)
を覆っていた。胸には大きな傷が三つあって死んでいた。その後、紀伊守の病気は癒えた。

――『武将感状記』




881 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 02:50:12.89 ID:Ls+TpjCi
六尺もの長身な上に美しい娘に化けられる老女か…

882 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 03:05:04.24 ID:yxi26cir
山姥だろ

883 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 03:28:30.46 ID:lDwTBDoc
お前のようなデカいババアがいるか

884 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 15:26:42.66 ID:6GG21SAs
>>879
>三村紀伊守(親成)は備中半国を保って成岩(成羽)に在城した。物事のついでに
>紀伊守は容色艶麗な富民の娘をひとたび見て、その姿が目の前にあるかのようで、少しも

出だしの段階だと宇喜多さんの娘かと思った

885 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 17:49:04.31 ID:5RLxnS35
(中略)…女が生んだ娘は、後年水野勝成の妻となったのである

というオチになるのかと思ったぜ

887 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/08/07(木) 20:10:35.52 ID:+S/R0Uo0
お茶飲んで幻覚見ただけ。
備中ではよくあること。

888 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 23:10:19.42 ID:yxi26cir
だ、誰が淹れたんだろう

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 23:23:25.09 ID:iT1TS5YI
きっと島村は貫阿弥ですぞ

890 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/08(金) 15:49:47.43 ID:XM906JXL
うっきーの茶は飲みたくないぞw

スポンサーサイト

三村元親、明禅寺崩れ

2009年12月11日 00:11

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/10(木) 19:17:16 ID:scC/yPxF
やっとカキコできた記念に
みんな大好きウキウキさんの合戦話。拙い文章ですが・・・
暗殺とかばっかり有名ですが、ちゃんと合戦もできるんです。

直家は三村家親を史上初の銃で狙撃という手段で暗殺したのは有名な話。

その後、三村五郎兵衛の玉砕は以前語られている通り。


「今こそ父の敵を討つぞ!」

家親の死の一年後、跡を継いだ三村元親は備前へ侵攻し、
明禅寺城に夜襲をかけ陥落させた。

この城は当時直家の本拠だった沼城の防衛用に築いた城だった。
当然、その城を奪われると言うことは喉元に刃を突きつけられるに等しい事だった。

直家は奪われた明禅寺城を取り返す為、5000の兵で城を包囲、
それを知った元親は、20000大軍で備前迎撃を行い、直家の目論見を打ち破らんとした。
そして軍を3隊に分け、2隊を明禅寺城へ、元親本隊は直家の本城沼城を目指した。
その報告を聞いた直家、総攻撃を命じて自ら明禅寺城下に突き入り、
先陣が明禅寺城へ到着する前に落城させた。

驚いたのは三村軍の先陣を率いていた庄元祐である。

落城を知り浮き足立った先陣は城を落とした宇喜多忠家らの猛攻を受け、
庄元祐は討ち死にして敗走する事になった。

中軍は敗走する先陣の兵に遭遇し、動揺しているところを
またもや宇喜多勢に襲われ、これも敗走する事になった。

別働隊2隊の敗走は元親の軍にも動揺を与えた。
元々備中の国人衆を寄せ集めた元親の軍は、
次々に勝手に退却、残った元親の軍は覚悟を決めて
直家の本隊に襲い掛かったが、先陣を攻撃していた忠家らの軍も合流し、
ついには三村軍本隊も敗走する事になった。
この合戦を人々は明禅寺崩れと呼んだ。

金光宗高「先陣の道案内は俺がしたんだよねー♪当然内応済みっす。」
中島大炊介「本隊の道案内は拙者が。上に同じく」
直家「計画通り。わざと城をくれてやったら見事に誘いに応じてくれたわ」

この二人のその後を書くと悪い話になってしまうので割愛。

ちなみにこの時戦場となった備前平野では、
その死者を直家が手厚く埋葬したといわれている。
その首塚は、現在もいくつかは現存しています。




34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/10(木) 19:59:02 ID:mXPFHNjz
中島大炊介って備中の人で、清水宗治の部下で、中国兵乱記を書いた人だっけ。
面白そうなので悪い話スレで楽しみにしてます。

117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 16:19:50 ID:0OMNbPok
>>30
悲しいけどいい話やね。新たにやって来た大名(出羽なら佐竹や酒井とか)に仕えたり、
帰農して庄屋・名主で家名を残したり(加賀守護の富樫一族とか)、戦国武将の末裔も様々だねい。

三村五郎兵衛の弔い合戦・悪い話?

2009年06月11日 00:03

183 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 12:59:17 ID:BjrBxrYA
宇喜多直家による三村家親の暗殺。この、日本で初めての銃による暗殺事件の、その後の
話である。

家親の葬儀もすんだ後、三村家の重臣達が集まり、今後の方針を協議した。
この時。三村五郎兵衛が進み出て、弔い合戦を主張した。

「宇喜多の為に先君の命を奪われた事!その無念、憤り、骨髄を貫くほどです。
当家の恥辱である事は、言うに及ばず!一日も早く軍を出し、先君の敵宇喜多を討って、
その頸を手向けになさるべきです!」

これに、故家親の弟、三村親成は

「確かに五郎兵衛の言う事は一理ある。が、今怒りに任せて戦えば、味方も多く損じ、
戦の勝利もおぼつかないであろう。再び負けては、もはや我らに後は無い。
しばらく時を待ち、家親様のご子息である元親、実親の両君を我らで守り育て、成長の上
これを大将として一戦を遂げることこそ忠義である。」

集まった一族郎党の多くは、この親成の意見に同意し、その方針を採ることに決定した。

が、五郎兵衛は同意できなかった。

「皆様が親成殿の、遠い思慮に同意し、家中皆生き延びて若君を守り立て忠義を成せば、
この先、危ういことは無いでしょう。

しかし、この五郎兵衛は愚昧であります。命永らえても、主君を助けるような才を身に着けては
おりません。ですから、

私は、一人でも敵に向かい、弔い合戦をし、討ち死にをして君恩に命を奉ります。
それより他に、やりようがないのです。」

そう言って座を立った。すると一族、若党のうち50人あまりが続々と立ち上がり、
五郎兵衛に続いた。さらに家親に厚恩を受けた士数人もそれに合流し、都合70人あまり、
彼らは禅寺に集まり、それぞれ自分の法名を過去帳に記し、焼香して出陣をした。
皆、一途に討ち死にを決めていた。

永禄九年四月、この事、宇喜多直家の耳にも入る。三村より、100にも満たない弔い合戦の勢が、
二手に分かれて、一手は五郎兵衛が大将となり釣の渡りより南へ、もう一手は
矢津越より直家の本拠沼城に、それぞれ向かってくるとの事。
直家は弟忠家、戸川、岡、長船、小原らに、3000余りの兵を与えこれに備えた。

三村五郎兵衛勢、宇喜多の備えを見ると先ず、弓鉄砲を放射、そして一斉に突撃した。

死を決めた兵たちである、その勢いは凄まじく、一段の長岡の構えはたちまち崩され、
二段目の、岡の構えも今にも崩れるかに見えた。ここに宇喜多忠家の勢が横から槍をいれ突き崩すが、
三村勢は一歩も引かず、そのまま乱戦となり、大将、五郎兵衛が宇喜多の多くの兵たちを道連れに
討ち死にすると、ようやくその勢いを止めた。

もう一方の矢津越の部隊も、備えの戸川勢を打ち破るなど奮戦したが、やはり数に押され、全滅。

三村勢70余人、ことごとく討ち死にして果てた。

一方宇喜多勢は47人が討ち死に、負傷者は百人を越えたと言う。

しかし五郎兵衛をはじめとしたこの七十余人は、命を君恩に報じた者たちであると、
後々まで称えられた、とのことである。


悪い話とも言い切れないが、だからと言っていい話でも無いので、こっちに投稿して見る。





184 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 13:30:06 ID:ZP/HW8Ke
>>183
その後の三村家の顛末を見るとここで五郎兵衛にのっかった方が良かったような・・・。

192 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 23:15:18 ID:vmIhYouE
>184這いつくばって家を残すのも、
意地を通して(死してなお)名を残すのも
武士の考え方としては一理あんだよね。

193 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 23:19:42 ID:UEY6vqEh
一方、宇喜多さんちの忠家さんは兄にいつか殺されるのではと不安のあまり普段から鎧を着て歩いていた

194 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 23:54:04 ID:SARvkVb4
>>193
鎧じゃない。鎖帷子。

195 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/11(木) 00:16:22 ID:RlhovSPt
>>193
前門の暗殺、後門の毒殺ですね