妻を手篭めにされた男の復讐

2013年06月11日 19:50

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 21:00:34.92 ID:B+lr4YVI
妻を手篭めにされた男の復讐

筑前国・豊後国の境にある針目山(現在の福岡県朝倉市杷木)には
筑前国側に針目城があって、戦略的に重要な拠点だった。
この事件の起きた当時は秋月氏の支配下にあり、
初山九兵衛大山源左衛門の2人が交代で城番にあたっていた。

天正9年(1581年)正月、初山家の与力・高久保彦次郎は妻を伴って
上司の屋敷へ年始の挨拶に上がった。酔いがまわった初山九兵衛
常日頃から気になっていた彦次郎の妻の美貌に我慢できず、
その夜ついに、待ち伏せをして手篭めにしてしまった。
「亭主にばらすぞ」と脅された彦次郎の妻は誰にも言えず
その後も好きにされていたが、あるとき初山九兵衛の奥方にバレてしまう。

奥方は旦那を問い詰めるかと思いきや「夫を奪われた」と嫉妬に狂った。
ある日、与力の妻たち5人が奥方に食事の席に呼ばれた際、
他の妻たちには労いの言葉や土産物を与えたのに、彦次郎の妻は自分が呼んだのに完全無視。
彦次郎の妻は初山九兵衛との関係が奥方に気付かれてしまったことに気が付く。

819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 21:02:41.72 ID:B+lr4YVI
奥方の仕打ちに悩み、夫に上司との関係が知られてしまうのを恐れた妻は
悩んだ挙句に首を吊って自殺。驚いたのは高久保彦次郎である。
妻の死について調べていくうちに事件の真相を知った彦次郎は怒り狂った。
そして事の発端であり全ての元凶である上司の初山九兵衛へ復讐を誓ったのである。

城番を破滅させるにはどうするか…城を敵方に奪われてしまえばいいのだ。
そう思った彦次郎は大友側である長岩城主・問註所統景を頼った。
突然の来訪に統景は敵の城を難なく奪えるのならばと喜び、
針目城奪取の計画を念入りに練り、チャンスを待った。

ある日、城番のもう一方である大山源左衛門が秋月本城に所用で出かけた。
好機と見た彦次郎は城が手薄になっていることを統景に伝え、問註所軍が急襲。
初山九兵衛は少ない味方で防戦したが多勢に無勢、
さらには高久保彦次郎が混乱に乗じて初山九兵衛を殺害。
針目城は問註所軍に奪われてしまった。
復讐を果たした高久保彦次郎は逐電。その後、彦次郎の姿を見た者はいないという。




820 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:22:42.92 ID:B1b1xfXe
陰湿な復讐だなあと思ったら普通に殺してた
生かしたまま追い込みかけるのかとw

スポンサーサイト