有馬晴信領内の仏教弾圧

2013年08月13日 19:57

148 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/13(火) 16:50:45.25 ID:YatkRy4b
キリシタン大名である有馬晴信の領内では、彼によって追放された僧侶たちが、加津佐の海岸近くにある
岩石の小島の洞窟内の祠に、自分たちの仏像を密かに隠し置いていた。

それを知ったキリスト教の宣教師は、若者たちを従えてその洞窟に向かい。、取り出せる仏像は取り出し、
後は放火して焼き尽くした。

そしてキリスト教徒の少年たちに仏像を運ばせ、有馬の住民達の面前で、仏像につばを吐きかけるなど冒涜し、
最期にそれらを皆打ち壊し薪にした。
(ルイス・フロイス「日本史」)

有馬晴信の領内における仏教弾圧の模様である。




149 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/13(火) 23:52:41.10 ID:2DKCJqo5
一神教の排他性や危険さは歴史が証明している。

日本では本地垂迹のように神も仏も仲良くというのが基本。

スポンサーサイト

林田作之右衛門「だいたいの場合人と言うものは」

2011年04月05日 00:00

503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 22:05:41.84 ID:JE/8rt2b
一応良い話ではあるのだがw


肥前有馬氏の家臣に、林田作之右衛門という、いかにも手際のよい者がいた。

ある時、この林田が鷹狩に出ているところに、人を殺して有馬家より退転する途中の者に出会した。
彼は林田を追っ手だと思い刀を抜き

「幸い良き相手である!さあ、勝負つかまつろう!」
と叫んだ。

ところが林田、驚くこともなく手元に鷹を据えたままこの男に

「人を殺し退く者というのは、何としてでも無事に立ち退くことが目的のはずだ。
そんな勘違いしたことを言わずに、さあ、早く逃げなされ。
何の関係もない私が、どうしてあなたの相手をせねばならないのか?」

これにこの男もそうかと思い、そこから去ろうと振り向いた、その時

林田作之右衛門、後ろから一刀のもとに討ち捨てた。


又ある時、家中の走衆(徒士組:下士官に当たる)の中に罪を得て追っ手がかかり、それから逃げる
者があった。と、その彼が逃げるところに林田作之右衛門が行き当たった(よくこういう目に合う人である)。

彼は当然林田を追っ手と見て斬りかかる。だが林田、彼ではなくその後ろの方に向かって叫んだ

「やあ追っ手の衆よ!侍を鉄砲で撃つなど、して良いことではないぞ!」

自分が鉄砲で狙われている!?この走衆の男、驚いて後ろを振り返った、そこで

林田作之右衛門、抜討にこの男を斬り倒した。


後に林田は、これらの事件のことを聞かれこう答えたという

「だいたいの場合人と言うものは、ああやって討つものよ。」


この人がというよりこの時代、騙し後ろから斬りつけてもオッケーだったらしい事がよく解るお話




504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 22:26:37.49 ID:hjR4cekh
なるほど問答無用で討ち取った方がいいわけだな
やられる前にやれといった感じか

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 22:30:50.30 ID:29TdxRMs
騙される奴が悪い話

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 22:47:41.17 ID:aS+DtlZE
主君の命令を果たした良い話では?
方法には問題あるが当時では普通では?

510 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 23:10:20.40 ID:dAXYNmrW
罪人に紀霊も汚いもあるかってな

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 00:28:02.34 ID:2s9SKT6k
とに賈栩討たなければ意味が無いからな

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 00:39:40.85 ID:Hfnb3Knu
曹操、そういうもんだよな

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 01:01:47.15 ID:CSh1avzR
これは己の実力を何進せず、策を用いたいい話なのでは?

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 01:28:23.04 ID:cLLtEdpP
曹洪しているうちにダジャレでスレを使い切ってしまいかねんので、ここら辺でお開きということで。

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 01:37:10.90 ID:PpSqd5rQ
俺が悪かった…

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 01:48:04.63 ID:9giuwpVi
>>510->>514
お前ら大好き

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 12:09:45.05 ID:uqe3e0iS
>>503
これは家中の犯罪者を処分する公務(上意討ちの助太刀)と見なされるので
どんな手段をとってでも勝てばおk

しかし個人的な果し合いで同じ事をやると臆病者とバカにされかねない諸刃の刃
未熟者にはお勧めできない。

520 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:57:56.44 ID:jhc9aJ4H
直家「油断させて騙し討ちとか武士の名折れですな」

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:17:48.05 ID:BRp7yDbs
>>520
OK、三村家親暗殺成功
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 流石だよな兄者。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
      ガガガガ・・・・
  遠藤秀清  遠藤俊通

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:39:21.21 ID:4pImvaEl
そのAA懐かしいw

キリシタン大名有馬晴信、宣教師への不満

2010年07月04日 00:00

669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 23:48:11 ID:lCbRmmXe
有馬晴信と言えばキリシタン大名として、また岡本大八事件に関わったことでも有名な人物である。
この晴信、キリシタンでありながら宣教師に大いに不満を持っていた。曰く

「司祭たちは、日本人の美しい慣習や高尚な態度を学ぶ努力をほとんどしていない。
これは全く、無知と言うべきことである。」
(ヴァレリアーノ、ローマ・イエズス会宛書簡より)

「宣教師から見た当時の日本人」についてはよく話題に上るが、逆に
「日本人から見た宣教師」は、キリシタン大名という立場からも、このように見えていたのである。

後、岡本大八事件で幕府より死罪を命ぜられ、彼は切腹するのだが、
宣教師の記録では「彼はキリスト教徒であるため自殺を選ばず、妻たちの見守る前で家臣に
首を落とさせた」とある。

『日本人の美しい慣習、高尚な態度』を誇りにしていた晴信は、その思いのように
慣習に従い武士らしく、見事に切腹して果てたのか、それともキリスト教の教義に従って死んだのか。
どちらが事実であったか、定かではない。

キリシタン大名有馬晴信の不満、と言うお話。




島原の乱の一番乗りは?

2010年02月09日 00:05

716 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/08(月) 17:26:17 ID:sZsLy9Cx
島原の乱の話で
勝成の事が出てたので、この話のその後のお話を一つ
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2780.html

上の話の最後にあるように
水野家の軍は、城の本丸一番乗りを有馬康純と争ってた訳だけど
では、どちらが先に一番乗りであったのか?
という訳で、これにはある逸話がある。


当初、本丸一番乗りを果たしたのは、水野家の者達であったらしいのだが
ここで待ったをかけたのは、有馬家の者達
そう、こちらも別方面から攻めて、本丸に来ていたのだ。

有馬家の方は、大将自ら本丸に来ており
有馬康純は自ら周りの兵士達に「俺が一番乗り」と言い
その場でアピールをした。

これには水野家の方でも譲らず

「何が一番だ、俺たちはもう既に旗も立ててる
お前達が自ら二番目を認めるなら、ここに登ってきても良いぜw」

と煽り口調で家中の者達が反論。

そう既に水野家の方では、兵士達が本丸に旗を立ててアピールし
「俺たちが一番乗り」を印象づけていたのだ。

有馬家の方では、それを見たうえでこう反論した。

「おまえ達の大将はまだ下の陣にいるじゃん
俺たちの大将は今この本丸にいる。
だから、おまえ達は二番乗りだ」

こう言い、さらには、なんと大将の康純自ら
「美作守(勝俊)は何処にいるんだ?」と
水野家家中に尋ねて、この場にいないことを知ると
「じゃあ俺より後じゃないか」
と言い、なんとその場にずっと居座ったw

勿論、まだ戦が完全に終わった訳じゃないので
有馬の家中の方々は必死になってその場で守るような状況に。
鉄砲を前に並べて、鉄の盾を構えて朝まで必死にガードw

717 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/08(月) 17:28:42 ID:sZsLy9Cx
それから、次の日になって
ようやくその場に、勝成の息子で
水野家の軍を指揮してた勝俊が到着。

ここで本丸に居座った康純と、ようやく対面を果たすが、
勿論、勝俊は真っ先に、水野家が本丸一番乗りである事を反論する。
その場には、水野家一番乗りの証人でもある部下もいた。

「たとえ自分達大将が陣地にいても
軍法において、旗を最初に入れた者がいれば、一番なのは当然じゃないですか?
我々は力攻めで多くの犠牲が出てしまいましたが、
そのおかげで本丸一番乗りを果たしました。この事は誰にも譲りません」
といい一歩も譲らなかったが

康純の方は康純の方で
「旗の前後なんか関係あるか、この場には俺が一番最初に乗りこんだんだ。
俺以外の将がその場に誰がいたか?」
と、こちらも怒った口調で一歩も譲らない。

これでは埒があかないので、そこで勝俊
「今ここで争っては無益です。ですので、あとで戦に慣れた方に
どちらが一番乗りだったのか、決めてもらうのはどうでしょうか?」と言うと

途端に康純は打ち解けた様子になりw
その場で小姓を呼んで、そこでお茶を飲み、
一緒に来ていた勝俊の部下にも優しく言葉をかけ、
その場から去ったそうな。

これには勝俊「康純という方、並々ならぬ人だ」と
康純、勝俊共に互いに褒めあったそうな。


大将だからこそ、一番乗りにこだわる康純さんと
一番槍好きで、癇癪持ちの勝成さんの息子なのに
妙に人間が出来てる、勝俊さんの対比が見えるのが何とも。




719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/08(月) 20:27:59 ID:Jv5ZJkpF
>>716-717
有馬康純さん、いかにも戦国の気風を残した武人って感じでいいですねーw
これだけアクが強いのに嫌味が無い。

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/08(月) 21:39:50 ID:ny0NKRDI
めったに無い名を上げる機会なので皆必死なんだよな
参戦して無いはずの大名も「陣中見舞い」と称して人派遣して
そのまま居残りあわよくば家中の名を上げようと虎視眈々とチャンスを狙ってたとか

721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/08(月) 22:28:10 ID:Gjd+uPA1
有馬とか池田は別系統がいるから系譜がごっちゃになる

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 12:35:45 ID:Lv/mpRtt
有馬康純の嫁の親父が水野勝成の弟だね。
義理の従兄弟か


729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 17:14:25 ID:CBIOewsT
>>722
調べてみたら康純さん
女系とはいえ家康の玄孫なのか。
と言うことは、遠いながらも
こちらの方からも水野さんとは血縁関係。
あと本田忠勝の孫でもあるのね。

慶長13年のことでした。弱小大名の私はいつも金に困っていました・悪い話

2009年04月17日 00:01

696 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 22:17:33 ID:vjY51SIN
有馬晴信

慶長13年のことでした。弱小大名の私はいつも金に困っていました。
そこで家康様にお許しを願いインドシナに伽羅の香木を買い付けに行き、
ひと儲けする算段を致した次第です。
上様も交易には積極的、銀60貫を投資なさり朱印状も頂き万全の構えで現地に赴きました。
買い付けは上手くいき、帰路船はマカオに寄港しました。
ところでそこでひと騒動が持ち上がりました。気の荒い船乗りども、
マカオの住民と喧嘩となり、鎮圧にきたマカオの兵士に刃向ううちに60名の私の部下が殺されたのです。
その結果投資は失敗、大損をしてしまいました。
これには私も腹が立ちましたし、上様もたいそうご立腹でしたが、
遠隔の地ではどうしようもありませんでした。

ところが翌14年、なんとマカオの総督がわが領地にやって来たではありませんか、
お宝満載のポルトガルの大船に乗って。
この千載一遇のチャンス、逸するわけにはまいりません。
上様も、マカオの仇は長崎で、の気合もこめ、
長崎奉行長谷川左兵衛らを派遣し、船内をくまなく臨検、
お宝も没収することにしました。
ところがマカオの前総督、アンドレア・ベッソアはけんもほろろでこれを拒絶、
さらには奉行殿に高圧的侮辱的態度をとる始末。
「わしの奉行を馬鹿にするとは断じて許せん、全員処刑せよ」、
と上様激怒のお言葉。
親しきイエズス会士を使者に送るも、不穏を感じた司令官アンドレア・ベッソンは召喚に応じるどころか、
長崎港の外に逃げ出す始末。
そこで日本国の威信をかけての船いくさとなりました。
この大船、900トンもありなかなかに手ごわく、
1500の兵を小舟に乗せて向かわせるも10門の大砲の威力に近寄れずにおりました。
そうこうするうちの4日目。
高き櫓を組んだ2隻の船を大船に寄せ、ポルトガル船に一気に兵をなだれ込ませました。
ベッソアもしぶとく剣で刃向うも、
わが方が放った火籠が甲板上の火薬に燃え移るや否や大爆発となり船員どもは火だるま、
さすがの大船も轟沈。

私も大手柄に溜飲を下げたのです。
ところが幸事魔多し、ご加増、旧領復活を狙った下心、
これが旗本岡本大八の詐欺騒動までに発展、
わが息子にも裏切られ、挙句の果てには私が死を賜った次第です。

デウスのお導きとはいえ、とほほの人生でした。




697 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:48:08 ID:UURDdCYa
(>'A`)>
( ヘヘ

698 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 23:16:39 ID:eemgkOKr
m9(^Д^)

岡本清三郎と立て籠もった足軽・いい話

2009年03月28日 00:16

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 02:25:52 ID:FUhUMvIX
有馬豊氏の家臣に、岡本清三郎という者がいた。
彼は常に神仏に「どうか悪事災難に合いますよう」などと、願を懸けていた。
そんな男だけに、何か事あったとき、先駆けしなかったと言う事は無かったそうだ。

この頃有馬家中では、近習の山崎半兵衛、津田主馬が、二つの派閥を作り、
何かにつけて武勇を争っていた。
しかし清三郎が山崎半兵衛の派閥に属していたため、いつも半兵衛方が勝っていた。

ある時のこと、とある足軽が人を殺して、城下の町屋に立てこもると言う事件があった。
有馬家中の者達がその町屋を取り囲んだが、事態はそのまま膠着し、埒が明かない状況になった。

さてこの時、最初に駆けつけ、取り囲んだのは津田主馬派の侍達であった。
そしてどういうことか、いつも真っ先に駆けつける清三郎が現れない。
主馬派の者達は
「おいおい、いつも俺たちに勝ってるって自慢している、山崎半兵衛派の衆は
何を油断していたんだい?あと、あの岡本清三郎は、どこに引っ込んじゃったのかなー?」
などと、半兵衛派の者達をここぞとばかりに馬鹿にした。
これに主馬派の者達の外から取り囲まざるを得ない半兵衛派の面々、屈辱に震える。

実は清兵衛、この日、自分の知行地を見に行っていたのだ。
その帰り、城下に人が群がっている所に出会った。そう、立て籠もりの現場である。
見物していた町人から話を聞いた清三郎、その立て籠もっている町屋の戸口に、
ツカツカと近づき、いきなり大声で

「おいお前!このように取り囲まれているのだ、いつまで立て籠もっているつもりだ!?
わしは岡本清三郎である!ここを開けよ!」

すると足軽「なんと?岡本清三郎か!それは良き相手だ高名の機会!こちらこそ願う所!」
と、戸を開け「さあかかってこい!」清三郎町屋の中に踏み入って、この足軽の攻撃を
避け、いなし、子供のようにあしらう、たまりかねた足軽が外に飛び出した所を踏み倒し、
腰の三尺手ぬぐい(これは清三郎のトレードマークである)で小手を縛り上げ、この足軽を
主馬派の侍どもの前に引渡し、一言、

「おいおい、あんたらは自分達で、この程度の者も取り押さえられなかったのかい?」

そんな事を言って、自宅へ帰っていったそうだ。




256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 03:10:14 ID:MUmR7Lu7
凄すぎわろた

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 03:22:41 ID:UsvJz0gQ
清三郎無双ですな

258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 09:30:06 ID:FAM6w66J
つか、強い相手だからと戸を開けて挑む足軽もすげぇな・・・

259 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/03/27(金) 15:43:55 ID:+Qn4iZzg
手ぬぐいってこの頃からあったんだんねえ。

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 15:50:47 ID:o4UCibJ8
下帯が進化して手ぬぐいになったとか

261 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 16:21:02 ID:3EF5RWc0
戸を開けたら死亡フラグて、なんてホラーゲームだよw

262 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 20:36:06 ID:iaf4mcQI
>>261
なんか手紙が届きそうだな。段階を踏んで……矢文?

西の晴信さん、華麗なる変節遍歴・悪い話

2009年02月21日 00:04

196 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 04:38:24 ID:ZBEYgU2r
華麗なる晴信さんの変節遍歴
 ・島津に泣きついて龍造寺家を事実上滅ぼす
 ・秀吉が来たら速攻で島津家との縁を切り島津征伐軍に従軍
 ・関ヶ原は西軍→一連の寝返り連鎖に上手く乗っかり領地安堵
 ・〆は岡本大八事件

西の晴信さんも中々捨てたもんじゃ有馬・・ありませんな




有馬晴信と潮見神社の巫女・悪い話

2008年10月16日 12:24

271 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/16(火) 23:32:49 ID:j8tJ8pXb
永禄三年、肥前国において有馬勢は、渋江公親の篭る潮見城を攻めあぐねていた。
城自体が堅固な事もあったが、なによりその、そろえられた鉄砲の力に
やられていたのである。「あの鉄砲をどうにかしなければ。」
考えた。そして、思いついた。

有馬勢は、渋江氏の氏神潮見神社の巫女を買収し、潮見城に向かわせ、こう言わせた。

「鉄炮で敵を討つことは、この城の穢れになります。敵は神力にて退散させますので、
鉄炮は城外に運びますように。」

そしてその巫女がお祈りを始めると、なんと城を取り囲んでいた軍勢が、
瞬く間に消え去ってしまった。公親はこれに喜び、巫女を信じ鉄砲を場外に運ばせた。

さて、勿論有馬勢の撤退は見せ掛けだけのものである。鉄砲を運び出した事を
察知すると直ちに引き返し、攻撃を仕掛け、見事潮見城を落とした、とか。




272 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/16(火) 23:43:01 ID:j0dQ0bIg
なんつーか巫女も巫女だなw
神に仕える身なのに買収されるとは

273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/17(水) 01:18:15 ID:fWX0P1DO
有馬晴信は沖田畷の直後にも神代貴茂を和睦と見せかけて謀殺してるしな