飛びあがり飛びあがりいたされ候

2017年08月04日 09:30

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/04(金) 04:47:25.63 ID:++S31VTs
大久保玄蕃頭(脚注:玄蕃頭忠成)は小田原陣の時に13歳。権現様(徳川家康
に直訴して小田原へ御供し、御馬の側にいた。玄蕃頭は大筒の鳴る音を聞いて、

驚いて頭を下へ下げられたため、権現様は御覧になられ「侍の子はその様には
せぬものよ」と仰せになった。そのため玄蕃頭は、

それからは鉄砲の鳴る中を通るたびごとに、飛び上がり飛び上がり致された。
(それより鉄炮のなり通る度ごとに。飛びあがり飛びあがりいたされ候。)

――『武功雑記』



120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/04(金) 06:35:41.31 ID:BUqreTBj
>>119
余計にびっくりしてるような

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/04(金) 09:05:23.56 ID:YjmFAJXA
>>120
うんw

124 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/05(土) 02:19:32.10 ID:ijKyoav/
>>119
鉄砲の音にビビって、恥じて切腹未遂したパターンがあったな
超絶有能だけど、息子の汁かけ飯にケチを付けたことになってる人
鉄砲伝来以前だから、何を見たのかは結構気になるが
スポンサーサイト

大久保忠成13歳、鉄砲の音に・いい話

2009年05月04日 00:06

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/02(土) 23:07:31 ID:SCHixyT7
大久保忠成は小田原陣の折、まだ13歳であったが、家康に直訴してこれを初陣とし、
お供として、家康の傍にあった。
ある時忠成が、大筒の音を聞いて、驚いて頭を下げた。するとこれを見た家康が
「侍の子はそんなふうにはしないものだぞ」
と、注意をした。

そこで大久保忠成、この小田原陣の最中、鉄砲の音が鳴る度ごとに、ぴょこんと
飛び上がるようにしていたそうだ。

子供がむきになっている感じの、戦場のちょっとほほえましいお話。