秀吉の小田原攻めと大道寺政繁・悪い話

2008年11月12日 00:10

912 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 19:44:06 ID:lJWcy4my
悪い話というか、酷い話

天正18年の豊臣秀吉の小田原攻め
北条家の宿老、大道寺政繁は上野松井田城を守備し、一月以上にわたり奮戦したが、
前田利家、上杉景勝、真田昌幸らの大軍の総攻撃を受け、降伏した。

降伏後、政繁は秀吉の命により、豊臣軍の道案内を勤めた。子息を人質に取られていたのだ。
そして小田原城がついに落ち、この戦が終わると、秀吉は、今度は政繁にこう命じた。

「おまえは我々を案内するなど、主家である北条家に不忠であった。よって切腹せよ。」


おそらく秀吉は、最初から殺すつもりで、政繁を利用するだけしたのであろう。
この処分に対する政繁の反応は、切腹した事実以外、何も残っていない。




914 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 19:57:02 ID:ajY1xSrk
さすが秀吉

915 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 20:11:56 ID:MJ5rleHN
>>912
秀吉っていうか、豊臣軍はそんなんばっかなんだろうか
九戸政実の乱平定の時も似たようなことしてる。

九戸守勢五千に対して六万五千で包囲しておいてそれで落とせないから
九戸家菩提寺の僧侶捕まえて
「降参した方が家も血も残るよ?その方がいいよって伝えてきて」
と言って使者にして、送り出しした。

政実の弟が「豊臣方の言うことなんか信用できない。その手口で小田原
落ちてるじゃねーか!」と徹底抗戦を主張するが、結局降参の方針で決着。

その後、主立った将は捕縛されて斬首。
残ってた兵卒は二の丸に押し込められて火付けられて全滅。
奥さんと子供も斬首。この時奥さんは
「子供はまだ幼い。この子に母親が殺される様を見せてはさぞかし衝撃だろうから
先に子供を殺してください」
と言い、その子供も落ち着いて首を差し出して死亡。見届けた奥さんは自刃。
九戸氏滅亡。

916 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 20:17:06 ID:VxenCe+V
政繁…。せめて辞世の句とか残ってて欲しいかったな。

918 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 20:17:36 ID:vpSOaLGK
惣無事令違反の罪人ですから

922 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 22:36:26 ID:T69xhuYW
秀吉への嫌悪がさらに高まった
そりゃあ死んだら家は滅ぶわ
スポンサーサイト