黒田如水の大名論

2017年05月18日 21:16

910 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/18(木) 19:04:15.33 ID:/lkqHOXo
黒田如水の大名論

 今時の若い大名たちに、笑止千万な欠陥がある。
 それは、礼儀をやかましく法令を厳重に守らせようとするあまり猜疑心が強くなり、家臣たちにだまされまいなめられまいとして年寄りどもの言う事を聞かず、やたらに改革を好み新参の迎合者を近づける。
 老臣の功を忘れて遠ざける一方、新参の家老や奉行をつくるので、諸臣一般は納得しない。
 新参の迎合者は、邪欲が深いので、先輩を陥れようとする。
 徳の高い者が陥れられるので、諸臣の憎しみは主君の一身に集まる。
 大身の大名も小身の大名も、家の仇となるのはこのような新参者である。
 かつての功臣で部下の信望を集めている者を近づけその意見を尊重してやれば、家中は睦まじく諸士は安心して出仕する事ができる。
 このことは大名の心得として最も大切なことなので、いくら強調しても足りるということはない。

(古郷物語)

 なおこういう話を残した家で発生したお家騒動が三大御家騒動の一つに数えられる黒田騒動である。



911 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/18(木) 19:06:05.10 ID:kCwotbhR
栗山大膳に同情的だったのかな

914 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/19(金) 05:50:51.35 ID:1HPoejV7
>>910
秀吉を隠喩したのかもしれないw

915 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/19(金) 11:29:49.72 ID:3r0AizNy
いや愚息のことだろう
スポンサーサイト

黒田如水公式設定

2016年10月29日 12:31

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 22:25:21.46 ID:hT+bzspg
黒田勘解由次官孝高は、黒田職隆の嫡子である。母は明石氏、天文15年孝高を播州姫路に産んだ。
この時雪が降って、その家を覆った、これは英雄の生まれる奇瑞であった。また家門繁栄の
前兆でもあったのだろう。

孝高は天性聡明、鋭敏にして才知たくましく、武芸も人に優れていた、彼ほど勇猛、英武な事も、
また世に少なかった。古の和漢の良将といえども、彼を越えることはないだろう。
まさしく天が下した英材であり、本朝においてこの右に立てる人は殆ど居ないと言える。

秀吉が播州に初めて来た時から、これを助け、遂に天下を平らげたのも、ひとえに孝高の功である。
黒田孝高を知る人は、孝高はよく秀吉を助け、天下を平らげたと思っている。
黒田孝高を知らない人は、秀吉が孝高を取り立てたと思っている。
例えれば、漢の張良が高祖を助け、明の劉基が太祖を補佐した事に似ているが、その功は
それらを越えているのだ。

(黒田家譜)

これが黒田家譜の、黒田如水公式設定である。



257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 22:50:02.34 ID:a0vwWu8v
黒田家譜だししゃーない

258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 23:03:20.81 ID:JnJrWcR6
作者はキリシタンなんだろうな

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 23:15:53.53 ID:0wqTwghO
貝原益軒はキリシタンだったのかφ(..)メモメモ

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/29(土) 00:31:26.90 ID:qpXB4M5+
中国の王朝開祖のテンプレートみたい

吝い上に汚いこと、世に稀である

2015年10月12日 18:34

451 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/11(日) 21:08:13.67 ID:O9Fntjyb
黒田如水に関して、瓜や茄子の皮を捨てずに漬物にするという話よりも、なお可笑しき事がある。

歳末の時期、折紙、箱、葛籠、革籠、百重張といったものを、細工人には申し付けず、
大小姓、児小姓、馬廻り、何者であっても、細工らしく張らせた。
そしてその時出た反古を食いさき、口の中にたまったものを、板に吹き付けさせ、
坊主どもに申し付けこれを念入りに乾かして、少しも散らさぬように取り集め、
白土のすさ(壁土にまぜて、ひび割れを防ぐつなぎとする材料)にさせていた。

如水は何であっても捨てることを嫌われ、普通は何とも思わないような細かなことに、
吝い上に汚いこと、世に稀であると思わせてくれる人であった。

(古郷物語)



456 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/11(日) 22:15:57.56 ID:a59pr6qI
>>451
如水ももしもの時の為にとっておくタイプなのか

伊藤次郎兵衛への手形

2015年10月11日 19:24

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/10(土) 19:37:58.31 ID:BHa9ax9z
黒田家家臣の伊藤次郎兵衛と言う人は、若いころ新参の無足人であったが、根強く奉公を心がけ、
日夜油断なく勤めていたのを黒田如水に認められ、3年目に知行二百石が与えられた。
もとより人に越えた気根の強い若者であったので、知行を与えられたことを忝なく思い、
その後も前にもまして少しもたゆまず働いた。

ある時、この伊藤がお目見え仕った時、如水はこんなことを聞いた
「次郎兵衛、お前は気分でも悪いのではないか?」

「いや、そんな事は有りませんが…」
伊藤はすぐにそれを否定し、如水の御伽衆たちも

「彼は殊の外、無病と聞こえています。この御家に参ってはや25年となりましたが、一時も
心の重いということは有りませんでした。」

実は黒田如水は、家中の者達が、気分が悪い、喉が痛む、物が食われぬなど、病がましいことを言うのを
常に嫌っていたため、御伽衆の者達も、ことさらに無病であることを申し上げたのである。
しかし如水

「あいつは段々疲れが見えて見苦しくなっている。さては食米が不足して、ひだるさに疲れているのだろう。
よし、食米を取らせる!」

そう言うと自筆で手形を書き、

「これにて飯を炊かせ、食いたいほど食うが良い」

と、伊藤の方に投げた。罷り出て戴き、次の間でその手形を見ると、なんとそれが五十石加増の手形であった。
実は伊藤はこう思っていた。
『如水様が食米と言っている以上、せいぜい五俵から十俵程の手形であろう。しかし何ほどであっても、
いままで奉公に精を入れていた所を見ていて下さっていたのだ。』
そう嬉しく思っていたのだが、五十石の手形を見て、肝をつぶしたという事である。

(古郷物語)



819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/10(土) 23:18:15.57 ID:JIT+3Gex
社長表彰の副賞が寸志程度だと思ってたら、とんでもない額だったみたいなオチか

820 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/11(日) 09:00:52.38 ID:QYWKA/Qj
一石で成人一人が一年間に食べる量だっけ?
どんだけ食わせる気だw

821 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/11(日) 09:20:45.27 ID:mQLzoH1z
最近思うんだけど、人間、頑張っても他人の倍までが仕事できる限界だよね。
3人分は回んないわ。

黒田如水「人を殺すというのが、どれほど重大なことか」

2015年10月10日 18:39

800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 18:51:44.43 ID:sZtCnp/b
ある時、黒田如水が作事奉行に、「木くずや用に立たない木の切れ端を、念を入れて取り集め、
風呂屋に渡すように」と申し付けた。ところが

「木くずは、大工が回収したもの以外は長屋の者が皆盗みましたので、少しもありません。」

これを聞いた如水は怒った
「木くずを盗んだ者たちを捕り搦めよ!首を斬るべし!!」
そう厳しく申し付けた。

これを聞いた作事奉行は思った。「如水様は慈悲深く物事に柔らかであるから、このような法度も
徹底しないのだ。これは法度の徹底のために、かえって幸いのことである。」

そう思い注意して作事場を監視し、その夜には早くも木くずを盗んでいるものを見つけ搦め捕らえてみると、
それは草履取りだった。その者の主人は彼が捕らえられたことを迷惑に思い、人を頼んで色々と
詫び言したが、奉行は「固く申し付けられた事であり、許すことは出来ない!」と申し付けた。

奉行は盗人を捕らえたことを手柄立てに如水に申し上げた。如水は内心「たわけたやり方だ」と
思ったが、「よくやった。後で首を斬ろう。」と申し付けた。
奉行は斬首が今日か明日かと思っていたが、4,5日延びた。
如水としては「きっと詫び言が出るだろうから、その時、いかにも厳しく恐れるように言った上で
許すのだ。」と思い、詫び言があるのが遅いと待っていた。

そんな時、留守居の者が作事奉行を同行して罷り出た。作事奉行は聞いた
「木くず盗人は、今夜首を斬るべきでしょうか?長々と縛りおいていると、日夜
その番に人も入ります。」

この言葉に如水は激怒した
「大たわけめ!物をよく聞け!その木くずを盗んだものの首を斬り、盗んだ木くずに、
彼の着物を着せて使ってみろ?それが人間の役をすることはない!
人を殺すというのが、どれほど重大なことか解っているのか!?それをおまえは何とも思っていないようだ。
彼を急ぎ赦せ!」

そう申し付けたため。奉行はかえって叱られ、面目もなく盗人の縄を解いた。

「厳しく仰せ付けられたから、見つけ次第に縛ると宣言し、盗人たちに『本来首を斬るべき罪なのだ。
今後構えて盗んではならない。大変なことに成ってしまうぞ。』としたたかに脅し、盗まれぬように
することこそ奉行をする者のやり方なのに、どうして黙って盗ませ、捕らえて、急ぎ首を斬れなどと
申してくるとは。全くもって、主の為にならぬ覚悟である!
己の役をさえ勤め、良きように仕事をすれば、人の迷惑も、主の為も構わぬと考えているのだ。」

如水はそう思ったのであろう、その作事が終わると、この奉行には重ねて役を申し付けること無く、
遠ざけた。このことは、如水が後日語ったものである。

(古郷物語)



801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 19:14:08.54 ID:E2zbjZW+
主の言うことを真面目に聞くと馬鹿をみる

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 20:12:33.79 ID:P6yRHuhm
こういう家風だと愚直な三河者みたいなのはやってられないな

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 20:27:54.77 ID:K/raKVWt
あほな上司で奉行がかわいそうやなw

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 21:15:10.14 ID:L5gHh0gn
市松みたいに酒飲んでて命令した内容忘れちゃったのかな

805 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/10/09(金) 21:25:07.25 ID:Rf5ZWUVV
跡継ぐ長政のために家臣に嫌われようとしていた時期の話かな?

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 22:06:57.62 ID:Ym1a6QgQ
悪い話で盗みを重ねた中間を追っ払えと怒鳴り散らした逸話のあとにこれか
やるなあw

807 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/10/09(金) 22:15:40.15 ID:CbrSMVmd
>>800
これのどこがいい話なのか?

808 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 23:23:45.88 ID:b/HxYO8G
首を斬られる罪人が命長らえた良い話

809 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 23:53:06.57 ID:WE0alqGT
金正日の車を検問で停めた兵士が、最初はちゃんと仕事してると褒められたが
2回目に車停めたら、何で車を覚えていないんだとキレられて処刑された
話を思い出したw

上に立つ人間が法を守らないで気分次第のとこは危険

810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/10(土) 00:40:51.80 ID:7Z1ooVW6
それでも貝原益軒なら、貝原益軒ならちゃんと官兵衛アゲアゲ話にしてくれるはず!!

811 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/10(土) 01:43:30.83 ID:sJpBltH4
>>809
あまり関係ないけど、ダイエー創業者の中内氏は自社の店舗を視察する時も率先して、出入管理簿に自分で記入してたってね、店のルールで決まっているから

結局は戦国に例えると敗北して他家に占領されたような形になったけれど

黒田如水「首を切るのは要らざる事ぞ」

2015年10月09日 12:26

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/08(木) 23:13:41.06 ID:dcYCBE5X
黒田如水の中間に、盗みをした者が出て、組頭たちが如水に申し上げた
「彼はこれこれの盗みをいたしましたので、捕らえて搦めおきました。
ご成敗されて然るべきでしょう。」

しかし如水はこれを聞いて「首を切るのは要らざる事ぞ、早々追い出せ」と命じた。

「いや、彼が盗みをするのた度々のことです。是非とも首を斬るべきです!」
組頭たちは再びそう申し上げた。しかし如水

「それこそ上々の事である。度々盗みをするというのは、よくよく盗人に産まれついた者なのだろう。
急いで追放せよ。追い出された先でもきっと盗みをするだろう。彼はそこの領主に斬らせれば良い。

だいたいお前たちのやり方は何だ?度々盗みをしているのを知っているのなら、どうして今まで
そのまま置いておいた?1度やっただけでも合点のあるべきだ!」
そう、したたかに叱りつけた。

(古郷物語)



423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/08(木) 23:36:12.59 ID:Yl5kjjlJ
改心させようとか命には使い道がとかいう綺麗事が無くてよいと思います(小並

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/08(木) 23:56:18.15 ID:XL8unw7h
ガチで性格悪い人の対応だな

425 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 10:06:19.69 ID:69L6ypXj
きっと追放先は細川領だな?

426 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 11:10:35.47 ID:zqR3s8Bq
なんだかんだ言って助けちゃう官兵衛のいい話だろ

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/09(金) 11:13:36.93 ID:6K4fuHS1
跡継ぐ長政のために家臣に嫌われようとしていた云々の時期ではないよな

如水の兵士応募に参加した人々

2015年09月27日 13:57

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/27(日) 09:46:44.86 ID:xn1Ub7CY
関ヶ原の役が起こると、中津に在った黒田如水は、兵を集めるためこうお触れを出した
『諸浪人、親掛かりの者をはじめ、歳寄って隠居した者、百姓、町人、諸職人によらず、
望み次第何者であっても罷り出でるように。』

これに人々、我も我もと罷り出た。もちろん武具一式を持たない者達多かったので、黒田家では
普段出入りの業者より古い捨て道具などを乞い集め、鞍骨を一緒に乞い、切付、肌付を片方ずつあてがい、
轡、片鐙は縄で、具足の無い者には紙羽織の後口に朱にて紋をつけ、兜のない者には竹の皮笠の周りに
四手を付け、痩せた馬に乗り、中間一人に馬を引かせて槍を持たせるような者も多かった。
しまいには、知人の陣屋に飛び入り、これに馬人養われて陣を務めるような者もあった。

その者が言った、「このような見苦しい体では出陣すべきでないと思われるかもしれませんが、
私も若い時は侍の真似をしていました。しかしこの国が京から来た人(黒田家)の物となり、
私は本領を離れ、詮方無く百姓をしていましたが、慣れぬ業ですから、口を過ぐる事も出来かね、
餓死にも及ぼうかという有り様を口惜しく思いながら、自害することも出来ず遺恨に思っていた折、
思いもよらず乱が起こり、先祖の家業を継ぎ、もう一度侍の真似を仕り、討ち死にできることの嬉しさよ!」

また、職人にもこのたぐいの参加者が多かった。

笠冠をかぶった百姓の中の、樋田山城守・小城源兵衛という者は、昔の代には一城の主であり、
人をも引き回し、度々手柄を仕った者達であった。

また職人たちが俄に侍になった事について、日頃より関係の在った裕福な町人たちがこんな意見を言った
「親が何であったとしても、入らざる武士立てである。今の分で、鉄などを吹いていたほうが良い。
きっと炭や地金の代金がなくて、それを惜しんで参加したのだろう。」
そう言って笑った

この時笑われた職人たちは、戦後正式の武士となり知行を取ったものも多かった。
金は失せやすいものであり、笑っていた金持ち達は、程なく財産を失い、乞食となり、
笑われた者の知行の内に行き小さな屋敷に乞い、鉢を開き、終には餓死したものもあった。

こういった者達がもし思い立っていれば、その頃裕福だったのだから、一廉綺麗に支度も
あい調ったであろう。元来侍の果てでもあったのだから、武士として取り立てられ知行取りに
成ったこと疑いないのに、その気性が甲斐ないために、そういう将来を捨て去ってしまったのだ

とにかく侍というものは、とりわけ気概を持たない者は、何の役にも立ち難いと見えたり。

(古郷物語)

関ヶ原の折、黒田如水の兵士の応募に参加した人々についてに記事である。



751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/27(日) 17:31:12.93 ID:vOxey6zv
これって結局どっちにしてもおちぶれるんじゃね?
気概のない者は選択の余地なしってことだよね

大村由己が申し上げた通り、吉野の花も今が盛り

2015年08月25日 12:17

598 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/24(月) 18:30:55.00 ID:SwsAnAYe
本能寺の変の報を聞いた羽柴秀吉が、いわゆる中国大返しから姫路城に入ると、大村由己がこのように
挨拶を申し上げた

「今の世間の様子を物に例えれば、名花の桜、ただいま花の盛りと見えます。
お花見されることがご尤もと存じ奉ります。」

この大村由己は下天第一と呼ばれるほど歌道に深い造詣を持つ人物であった。
その場の人々は「由己には流石に、似合いたる挨拶である。」と感じ言った。

ここで、黒田官兵衛が突然大村由己に向かって言った

「あなたは申し上げにくいことを申したなと、人々言い合っていると承りました。
殿様(秀吉)はおおいに嘆いているかのように見えていますが、その底意を推量すれば、
実に目出度いことが起き、博奕をも遊ばされます。大村由己が申し上げた通り、
吉野の花も今が盛りです。

桜の花というものは寒のうちに見たいと思っても、時が来なければ見ることは出来ない花です。
春の雨風の陽気をうけて、おのがままに咲き出るものですから、見る者の心には任せる事は
出来ません。

この上は明智光秀との天下分け目の御合戦、御尤もに候。目出度いことだ、お花見初めと
覚え申候。」

そう戯れに申し上げた。

秀吉は官兵衛の発言を聞いて、心のうちでは「我が心中と同じだ」と思ったのだろう。
その場でただ、にこりと笑ったという。

(川角太閤記)



599 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/24(月) 23:34:44.22 ID:UwNEzgok
山崎はよいけや

602 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/25(火) 10:21:51.35 ID:sibtuP1o
>>598
>目出度い事
ちょっちょっと官兵衛さん!
ラスボスも顔はにっこりでも....。

603 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/25(火) 13:04:53.06 ID:oVT5umCk
夏場に桜のたとえてのはなんとも…

605 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/25(火) 17:35:57.91 ID:W6OO8im/
ラスボス化以前とは言えなんか「にこり」がすごく怖いんですけど、毒されてるかなぁ

『夏の火鉢、日照りの傘』

2015年08月18日 13:52

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 08:55:58.62 ID:NBpl909+
黒田如水が隠居した頃、嫡男長政にこのようなことを語った

「武士を使うのに一つの伝授がある。これは私も、ようやく30歳を越えて合点したものだ。
小さな家中であっても、必ず心得あるべきものである。

『夏の火鉢、日照りの傘』

この言葉をよく味わい、堪忍を守らなければ、家臣は心服しないものである。」

そう、教え諭した。

(明良洪範)


どういう意味なんでしょうね?




575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 09:03:11.66 ID:FKrYwSyZ
必ず使う時が来る?

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 09:31:18.24 ID:4JvV4sSu
単純に考えれば、夏の火鉢も日照りの傘も(日除けという意味ではなく雨を防ぐ傘として)無用の長物だけど、
持っていれば、万が一の時には役に立つこともあるってことだと思う

いわゆる、古代中国の食客ってやつだな

577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 13:15:32.83 ID:f7a13/2H
鶏鳴狗盗的な?

578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 13:33:53.42 ID:arYbfGFK
使えない物はあっても邪魔になるだけだから、
どんどん捨てろって言いたかったりして・・・

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 14:20:11.18 ID:7o0KyfLQ
いやいや、冬には火鉢が必要になるし、雨が降れば傘もいる
万が一と言うより、今は必要なくともいずれ必要になるときが来る
だから、堪忍して人は使えということだろ

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 14:59:06.61 ID:/vWoNJNT
のび太が「壊れた扇風機は暑くない時に必要
壊れた電気スタンドは停電の時に必要」
とか言ってたなそういや

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 15:02:52.16 ID:qoulYF5T
有事にだけ非常に役に立つ系の人材に埃かぶせるなって事か

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 17:13:57.33 ID:YmcjVABZ
麦わら帽子は冬に買え
商人の心得を説いている

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/18(火) 20:46:15.20 ID:vM79DdxU
ちょっと弓片付けて犬煮てくるわ

軍の道を存じた私を遣わされれば、

2015年08月08日 13:03

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/07(金) 20:33:07.77 ID:vtwNp2Jb
黒田如水は、石田三成の讒言により太閤秀吉の御前より疎くなった。
ただ折々に、連中に出仕はしても、久しく対面を許されることがなかった。

ある時、秀吉が諸大老と朝鮮での戦略を評議しているのを、如水は壁越しに聞いて、秀吉の耳に入るよう
大声で語りだした

「去年、大軍を朝鮮に遣わした時、徳川家康か前田利家のどちらか一人を総大将として遣わされ、
万事一人の下知より出していたなら、軍法はよく行われ滞りは無かったでしょう。
もしまたこの両将の使わされる事が出来ないのなら、軍の道を存じた私を遣わされれば、
軍法定まって上手く行ったでしょう!

その上で和を以って人を懐かせ、朝鮮人が安堵して日本人に帰服すれば大明を征伐することも
安かるべし!

しかし、加藤清正、小西行長らは若き大将ですから、血気の勇のみにて軍の道を知らず、
その上両人は仲悪しく、清正の仕置を行長は破り、行長の法令を清正用いず、仕置一様ではありません。
それ故に、朝鮮の人民は日本の下知法度を信用せず、頼みなく思って、山林に逃げ隠れて
安堵することがありません。

日本より朝鮮への路遠く、兵糧武具等、日本より持続的に輸送するのは難しいことです。
朝鮮の民を懐け、耕作を元の通りにさせ、兵糧を敵であった彼らから徴収する事こそ然るべきなのに、
仕置き悪しく、日本人が通った朝鮮の三道は、人民散逸し、荒れ野となって五穀なく、
このように朝鮮は将に亡国となってしまいましたから、大明に入るべき基礎ができていません。

朝鮮の人民散逸し、日本からの運送もまた、持続がなり難いのですから、今後、味方の大軍は
兵糧が尽き、異国の在陣は不自由でありますから、士卒の苦労は耐え難いほどになり、
殿下が思し召された大功は、絶対に成就することは出来ません!」

そう高らかに言うと、これを壁越しに聞いた秀吉も、たしかにそのとおりだと思い
「来年、異国を討つときは私自ら朝鮮に入るか、そうでなければ私は上洛し、秀次を名代として
朝鮮に遣わすであろう。」
と語ったという。

(黒田家譜)



508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/07(金) 20:45:15.46 ID:q0lUqLcp
何も理解してない秀吉w

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/07(金) 21:04:35.47 ID:08oRjCCl
子飼いは温存しておいて
油断ならない徳川、伊達を朝鮮で消耗させれば一石二鳥なのに
逆だからな

510 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/08(土) 08:25:33.61 ID:nIQNXiUD
むしろ失敗したという歴史を知ってて、あとから好き勝手に書いてるのが黒田家譜
秀吉自身は当初から渡海する気満々だったし

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/08(土) 19:28:50.41 ID:xYPPspqx
うーん黒田家譜がソースかぁ。

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/08(土) 19:40:15.56 ID:vFyxtPXh
ラスボスの計算では前哨戦で子飼いを使い、
明との本戦で東国の大名を投入する予定だったのに
前哨戦で躓いたのかね

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 11:34:32.58 ID:WlkuYOw/
子飼い関係無く西国大名が先鋒なだけだろ
子飼いの多い近畿東海道軍は秀吉親征のために温存したままだ。

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 13:21:44.49 ID:6YzWbgGD
戦場に近い大名が先陣するのが豊臣政権のセオリーだもんな

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 16:24:11.68 ID:DBc4ZSEo
>>514
となると徳川家の転封先を九州にしておけばよかったのか

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 16:50:13.85 ID:WlkuYOw/
小田原征伐の時に関東を与えることによって徳川を当事者にして他大名より大兵力の提出させ
軍事力的空白地となった徳川領の防衛治安維持の名目で豊臣の兵を入れて
全ての主要城を一時的にしろ明け渡せたことによって徳川の完全服従を内外に示したという
プロセスが無くなるという事は、徳川は独立性を保ったままより厄介な勢力になる訳で、下策やね

517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 18:46:38.12 ID:6YzWbgGD
>>515
旧北条領並の石高となると九州全域になるから、小田原征伐の時点だと
九州の大名、国衆を転封させる手間がかかりすぎじゃないかな

そもそも関東に徳川クラスの大勢力がいないと奥州仕置のあとの一連の
一揆がとめどなく広がって大変なことになってた可能性も…

孝高・弾正、碁を打って三奉行に対面せず

2015年08月07日 12:59

162 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/06(木) 19:37:45.27 ID:6LDCYi5a
朝鮮の王城に在陣していた日本の諸勢、尽く撤退したが、宇喜多秀家が先ず最初に退いた。
この秀家の元に黒田孝高、浅野弾正(長政)が出向いて対面し、太閤秀吉より仰せ越された
趣を述べて、晋州の城攻めについて評定した。その日はそこで宿し、帰陣してくる者たちを待った。

その後、三奉行(石田三成、増田長盛、大谷吉継)が都より引き戻り、黒田孝高の宿所に来て
対面することを請うた。その時孝高は、浅野長政と共に奥の間で碁を打っていたが、
三奉行、特に石田三成が平生権勢に誇ることを憎み、表座敷に待たせて、対局の途中であった碁を、
打ち終わり石を収めた後、「対面するのでこちらに来るように」と伝えさせたが、三奉行は
孝高と浅野長政が碁をしている声を漏れ聞き、彼らが早く出てこないことを怒って、この時すでに
立ち帰っていた。

その後、孝高・浅野両人は三奉行に使いを出して追いかけさせ、『こちらに帰ってきていただきたい』と
伝えたが、三奉行は憤って帰らなかった。これに対し孝高と浅野長政は『我らは既に、総大将である
宇喜多秀家に遭って軍のことをしばしば評議した。太閤の命により軍評定をしようと使いを遣わしたのに、
帰ってこないのは彼らの誤りである。』そう言って再び使いを出すこともしなかった。

その後、三奉行はこのことを恨み、「孝高・弾正は囲碁におぼれ我ら3人が来たことにも気が付かなかった。」
等と言って、人に会えばこのことを語り謗った。更に後には、太閤秀吉にこれを訴えでた。


*貝原益軒の注釈
(この時、孝高・弾正が碁を打って三奉行に対面しなかったのは右に記す通りである。
ただし、太閤記に書かれているのは、伝える者の誤りを信じて、知らずに虚説を記している。
孝高・弾正はこれより先2月に既に渡海しており、この時に渡海したのではない。
軍評定のため宇喜多秀家が都より先に帰った所を対面し、また三奉行をも待っていたのである。
太閤記には、この時弾正・如水日本より使いとして渡海し、太閤の命を告げんとて三奉行を
待っていたと書かれているが、これは虚説である。2月26日太閤より黒田長政に送られた書状にも、
『浅野弾正、黒田勘解由、都在陣衆令相談、見計陣所可相定』とある。
また5月1日太閤より朝鮮に在する弾正、勘解由、三奉行に与えられた書状がある。
2月より既に渡海していたことは、これを以って知るべきである。
その上、黒田孝高はこの時まだ剃髪しておらず、太閤記で如水と称しているのも誤りである。)

(黒田家譜)




西国にて第一の弓取りは、黒田勘解由である

2015年07月14日 13:04

402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 23:31:14.33 ID:SiPwLPjQ
小田原の役、秀吉の軍勢は小田原城を囲み日々これを攻めたが、これを落城させることが出来ず、
無為に日々を多く送ったため、諸軍の士卒も長陣に飽きてきた様子が見えた。

ここで秀吉は尾張清州城に置いていた小早川隆景を呼び、この状況を打開する策はないかと聞いた。
隆景は答えて曰く

「この度の長陣は、秀吉公のたやすき勝利の基本となるものですから、ご心配も然るべきものです。
ですので、先ず城攻めを止め、弓鉄砲も止められ、その代わり仕寄等に念を入れ、敵の夜討などが
入らぬようにし、用心堅固に仰せ付けられ、若き輩には音楽をさせ、下々には小唄を歌わせ踊りを踊らせ、
味方の気をくつろがせ。長陣の覚悟をさせ、敵の気の屈するようにするのが、然るべきでしょう。」

秀吉はその旨に従って軍勢に下知したため、味方の諸軍は戦を止め、あちこちの陣所で謳い、舞、
囃子の音、踊りの声がしきりに聞こえるように成った。これにより味方は長陣の窮屈を忘れ、
敵方はこれを聞いて気を屈し力も弱まった。

その後、黒田孝高(官兵衛)、小早川隆景は敵の気が屈した時節を考え、秀吉に申し上げた
「今や良き時分です。徳川家康は東国の案内者であり、特に北条とは縁者ですから、秀吉公は
家康とご相談なさって、和議を持ちかけるべきでしょう。
現在、小田原城中は追い詰められていますから、必ずこれに同心するでしょう。」

秀吉も尤もだと思った。北条氏直は家康の婿であったのである。
秀吉より、北条を降参させるようにと家康に相談するため、黒田孝高がその使いとして度々家康の元に
派遣された。
ある時、使いの孝高が家康の御前を下がった後に、家康は孝高をこう絶賛した

「西国にて第一の弓取りは、黒田勘解由である。」

この頃、黒田孝高は秀吉の御用が無いときも、しばしば家康の元に行って物語などした。
これによって孝高は、いよいよ家康に君徳があることを知り、かねて志を属したのだという。

(黒田家譜)




403 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/07/14(火) 05:26:29.50 ID:x6VFdDis
あれ?この話前に出ていませんでした?

404 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 06:36:03.79 ID:Cop9a00z
孝高「今日は内府に馳走になってのう…内府自らわしの手を取り案内をしてくれたわ」
長政「それはどちらの手ですか」
孝高「右手じゃ」
長政「その時、父上の左の手はどうしていたのです」

405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 12:51:01.58 ID:k4FcCftr
あいにく手元に村正がなくてのぉ

そんな中、黒田孝高一人はこの書状を見て

2015年06月30日 12:53

t6 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/29(月) 20:44:41.98 ID:3Oj9L+42
羽柴秀吉が毛利と備中にて対陣している時、長谷川宗仁より織田信長が生害したとの事が報告された。
これは六月二日の午の刻(正午ごろ)京都から飛脚が出され、三日子の刻(午後九時頃)に秀吉の陣所に
到着したのである。

秀吉は腹心の者達を呼んで密かにこの書状を見せ、それぞれの了見を尋ねた。
しかしいずれも、不意の変のため然とした答えをすることも出来ず、ただただ当惑するばかりであった。

そんな中、黒田孝高(官兵衛)一人はこの書状を見て、ありきたりの事など一言も言わず、秀吉の膝元に
這い寄り、座を叩いて大笑いし

「さてさて、天の加護を得られました!もはや殿のお心の儘に成りますぞ!」
(扨々天の加護を得させ給ひぬ最早御心の儘に成りたり)

そう申し上げた。衆人に異なる器量である。
(明良洪範)



7 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/29(月) 21:48:53.85 ID:j7Fii2i/
秀吉の野心を見抜いていたんですね

8 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/29(月) 21:54:09.25 ID:VAUgp930
もうノブに怯えなくていいね
と読んではいかんかw

9 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/29(月) 23:17:12.45 ID:i5IujC+n
黒田家譜ヴァージョン
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-8007.html

形見の面桶

2014年12月31日 17:45

473 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/31(水) 11:15:47.28 ID:P8+iXeXC
慶長19年(9年の誤り)、黒田孝高入道如水は病気が重くなって、子の甲斐守(長政)を呼び、

「お前には親に優ることがある。そして、私もまたお前に優ることが二つある。語って聞かせよう。
今、私が死ねば、私の士は言うに及ばず、お前の士大将から士に至るまで、悲しみ嘆くことだろう。

だが、お前が死んでも私が生き永らえたなら、誠に大いに道理に反するが、「如水がいらっしゃる」
と言って、力を落とす士はおるまい。これは、人が懐き従って私に服しているということであり、
私がお前に優っていることの一つである。

次に、私は無双の博打の上手である。関ヶ原で石田が今暫く支えたならば、筑紫から攻め上り、
身分の低い者の言う勝相撲に入って、日本を手の平の中に握ろうと思っていた。その時は、子の
お前をも捨てて、一博打打とうと思っていたのだぞ」

と、言いなさった。そして、如水は紫の袱紗に包んでいる草履片足分と、木履片足分を取り出し、

「戦は万死に入って一生に会う(万死一生)のが習いである。十全(十分に整っていて、危なげの
ないこと)を思慮しては叶うまい。

例えば、草履や木履を履くように、二つ物掛け(二つのうちのどちらかに賭けて、勝負をすること)
の戦をする心得をせられよ。お前は才智があって、先のことをあらかじめ推し量るから、大功は
ゆめゆめ叶うまい。

ところで、面桶というものは飯を盛るものだ。上は天子から下は百姓に至るまで、一日として
食物無くては、世に生き永らえる者はいない。国を富まし、士卒を強くすることの根本一大事は、
この飯入れにある。必ず忘れてはならない。それゆえ、この面桶を形見として差し上げる」

と、言いなさった。

――『常山紀談』




阿閉城の防戦

2014年12月08日 18:22

968 名前:1/2[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 01:45:19.73 ID:6ZE/ro+x
播州において織田信長による三木城攻めが行われていた頃のこと。

毛利輝元の中国勢、並びに紀伊淡路の兵あわせて8千あまりは軍議し、
「別所長治に同調せず、織田方についた別所孫左衛門(重棟)の籠もる別府の阿閉城を攻め落とし、
その上で三木城の別所の人数も相加え、大軍を以って姫路へ押し寄せたなら、羽柴秀吉・小寺政職も
こらえかねて城から出て戦うだろう。その時に勝負を決すべきである。」

そう決定し天正6年(1578年)4月1日、船手より阿閉城へと侵攻を始めた。

この動きを察知した小寺官兵衛孝高は、即座に精鋭五百を率いて阿閉城へと入り、諸卒に下知した

「この城は人数少なく城郭も堅固ではない上に兵糧も乏しい。敵が時間をかけ、攻め支度を備え
軍法を整えてここを攻略されては、小勢を以って防ぐこと難しく、必ず落城するだろう。
であれば、長期の籠城をするよりも、敵が寄り来たばかりで行列も未だ整わず、攻める用意も無い内に、
速やかに門を開き突き出て戦えば、必ずこの一戦に理を得ることができる。

この城が要害おろそかであることが幸いである。敵がこの城を見れば必ず侮り、大勢であることを頼んで、
仕寄(攻城施設)も付けず攻め支度も用意せず、盾ばかりをつき並べて攻め寄せてくるであろう。
その時、城中静まり返って鉄砲も撃たず、敵を近々と矢頃まで引きつけた上で、打ち損ぜぬよう
弓鉄砲を一斉に射撃させ、また弓鉄砲を持たぬ者は石を多く集めておいて、これをひたすら投げ打つのだ。

私は大手の矢倉に上がり、敵が弓鉄砲に打たれ、恐れ浮足立った時分を見て太鼓を打つ。
その時味方の諸卒が城門を開いて突き出れば、その頃は寄せ手が大軍であったとしても、鉄砲に当たり
石に打たれ手負い多く戦うものも少なくなっているだろうから、ここで鬨の声を上げ
競い攻めかかれば、敵の勇気も一時に挫けて、必ず大崩れするだろう。」

そうして予め軍法を定め敵が攻めくるのを待っていた。

969 名前:2/2[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 01:45:51.54 ID:6ZE/ro+x
襲来した敵軍は、案の定城の形状を見て「この程度の小城、いとも容易く、即座に攻め落とす事が出来る。
であれば仕寄も作る必要はない。ただ直攻めに攻め落とそう。」と、盾を一面につき並べ、
柵際まで攻め寄せ、柵を破り堀下へと侵入した。

城中の者達は、かねて議定していたことなので、鳴りを静めて音も出さず、敵が既に石垣に乗らんとした時、
思ったとおりに引きつけたと、鉄砲を一度に、雨が降るように撃ちかけた。
寄せ手の兵はこの城を侮って、ただ一挙に攻め落とそうと勇んで進んでいたため、石に当たり鉄砲に撃たれ
多く死傷者が出たが、それも顧みず死骸を踏み越え我先にと城内に乗り込もうとしたが、
城中の防戦激しくこれを破ることができず、やがて死傷者の増加に浮足立ち始めた。

ここで孝高「時分良きぞ!」と太鼓を打ち鳴らすと、かねて決めていた通り、城中の兵城戸を開け、
鬨の声を上げて三百余人一度にどっと突いて出た。
寄せての内、城下に近づいていた先鋒の者達は、鉄砲で多数が撃ち殺され、残った者も多くは負傷していたため、
これを防ぎ戦う力なく、即時に敗退した。
その後ろの敵は先陣の崩れに押し立てられ、一支も出来ず大崩れとなり敗退した。
阿閉城勢はこの機に乗じて強く勇み、追い打ちしたため多くの敵を討ち取った。

このことが姫路に聞こえると、羽柴秀吉は大いに喜び、孝高に感状を与え、また秀吉より信長へも注進された。

(黒田家譜)

そういえばこれも若いころの官兵衛の有名な戦なのに、大河ではやらなかったなあ。



971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 17:52:06.97 ID:hhTpV3Lt
>>969
ぷろでぅーさー「合戦はお金が掛かりますので出来ればなるべく無しの方向で・・・」

と、ここで桐若は思った

2014年11月30日 17:35

919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 02:42:13.18 ID:pLG88mxo
黒田官兵衛の家臣である秦桐若は、敵の首を三十三取り、首供養を果たしたほどの勇者であった。
天正10年山崎合戦の時、大いに傷を受けたが、ともかくも治療し、創口は既に癒えたものの、
未だ全快には至らなかったため、翌年正月、摂津国有馬の温泉へ行き湯治をしたところ、
幾日もたたない内に体調も平癒し、創口も完全に癒えた。

と、ここで桐若は思った。
「この有馬の湯の妙なる事、入浴しただけでも傷を癒やすことが出来た。
であればこの湯を飲めば、その功より効くのではないか?」

そして柄杓に三杯ほど飲んでみたところ、たちまち腹痛を起こし、激しい下痢に襲われ、
これによって再び創口も開き、身体衰弱して死んだ。享年四十二歳であった。

官兵衛はこれを聞き、「私の利剣が折れてしまったようだ」と、甚だ惜しみ悲しんだという。
(黒田家臣伝)




920 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 02:49:14.40 ID:tguffU65
垢が浮いた湯を飲んだのだろう

921 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 04:38:45.75 ID:4+dTxvQd
>>919
これ風評被害の元になるだろ。
有馬温泉、今でもあるのに

922 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 05:17:41.12 ID:yMxNelkf
美女が入った温泉なら飲めるよね?
http://i.imgur.com/SgYzZGm.jpg

923 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 05:53:20.69 ID:nCdId23L
>>922
精神的ブラクラ注意

それはそれとして、有馬の金泉は錆臭くて飲めたもんじゃないよ

925 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 10:19:25.19 ID:qErjAoXQ
>>919
子供じゃないんだから…ってふと思ったんだけど、昔の温泉て今で言えば「秀吉と混浴なう」みたいな事ってあったんだろうか
「見てあの黒田さんのとこの…温泉飲んでるし」…[って

黒田官兵衛がまだ播磨にいた頃

2014年09月21日 14:48

847 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 21:47:35.10 ID:LJ4+hyCP
黒田官兵衛がまだ播磨にいた頃、ある土地を没収した。
その土地の一部を称名寺という寺に売却した際、代金の一部が未払いのままになった。
寺と武家のやり取りだから、借金の証文(のようなもの)が作られ、官兵衛側が保管していた。

その後、称名寺はちゃんと代金を支払った。
そうなると証文を寺に渡すのが決まりだが、どういうわけか官兵衛、
その証文をなくしてしまった。探したらしいが見つからなかったそうだ。

仕方なく官兵衛「この手紙を、本来そちらに渡す証文の代わりにして欲しい」と書いた手紙を
称名寺に送った。

-----その手紙が、今年の大河ドラマ特別展で展示されていた。




毛屋主水の加増

2014年08月30日 19:24

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 20:32:37.32 ID:7t0m7ntB
関ヶ原の後、黒田長政は筑前国を拝領した。この時長政は家中の功のあった者達にも加増をしたが、
毛屋主水武久一人は、関ヶ原の武功者の中で加増がなかった。

これを知った黒田如水は長政に尋ねた
「どうして毛屋に領地の加増がないのか?」

「先年、私が彼に加増をすると言った時、彼はそれを嫌って受けず、私は面目を失いました。
この為、今回も施さないのです。」

如水はこれを聞くと
「往昔の事を今に至ってまで心底に残してはいけない。武功が優れているのなら、躊躇なく
恩禄を与えるべきである。」

このように言われたため、長政もそれを了承し、主水に四百石を加増し、本領と合わせて七百石を
領させ、さらに足軽30人を預けた。
(黒田家臣伝)

黒田長政、如水に「昔のことをウジウジ気にしてるんじゃない」と窘められる、というお話。




69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 20:36:01.03 ID:WSwk8WNd
そうそう、奉公構とかしちゃだめだよな!

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 21:27:46.84 ID:eEykDr0m
「やっぱ長政はケツの穴の小さいやつだなぁ」と又兵衛さんが言ってた

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 02:46:22.45 ID:R3cmJUQK
そら官兵衛に掘られてた又と一緒にするのは酷だろ

「すなわち、其の方である」

2014年08月24日 18:59

25 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:36:22.20 ID:xmvQs2DI
黒田孝高は衆人を超えた智謀の良将であり、常に天下の望みがあった。

ある時、豊臣秀吉は孝高を呼んで酒宴を催し、「おい孝高、いま天下に英雄や豪傑は
たくさんいるが、天下を保つことができる程の者は誰だと思う?」と尋ねた。

孝高は打ち笑って「それがしの如き者に、どうしてそれを知ることができましょうか」
と答えたが、秀吉は「我は試しに議論しようと思うのだ。まずは言うて見られよ」

と言うので、孝高はやむを得ず、「それがしが考えますに、現在天下に威名高く、
天下をも掌握できる者は、中国の毛利輝元でありましょう」と、述べた。

すると、秀吉はにっこりと笑い、「誠に輝元はいま十余ヶ国を切り従えて、その威勢は
破竹の如くである。けれども、それは皆父祖の余徳であって、輝元の器量によるもの
ではない。であれば、どうして天下を保つことが叶うだろうか。その他に一人おるのを
知らぬのか?」と、言った。

孝高が驚いて問うと、秀吉は「目の前におる」と言う。これに孝高が「目の前とは、
どこにおるのでしょうか?」と言うと、秀吉は「すなわち、其の方である」と言った。

これを聞いて孝高は大いに驚き、額に汗を流して、「どうして愚昧のそれがしが、
そのような大器に当たることでしょうか」と、答えた。だが、孝高は自分の胸中を
秀吉に見抜かれ、針の莚に座る心地がして、その日の酒宴を退出し、

自分の館に帰って、「結局、秀吉に見抜かれた以上は、我が身の命も危うい」と考え、
それからは世(時勢の意か)を悟ってすぐさま入道し『これまでの望みを水の泡にする』
という意味で『如水』と号して、家督を子息の甲斐守長政に譲り、隠居した。

――『常山紀談(異本に拠る)』




26 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:44:46.82 ID:lCeyV+k8
上善如水と違うんかよ

27 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 21:57:34.39 ID:G8Z/X4eg
何度か出てる話だけど如水当人にハッキリそういったパターンは初めてだな

この時のラスボス笑顔だろうけど絶対目は笑ってないんだろうな
汗だらけになって顔面蒼白になってる如水の表情が想像できる
そしてバッサリディスられるTERUw

28 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:01:22.34 ID:rw6g+rlZ
羅貫中「雷に驚いて箸を落としておけば、野心を見抜かれずに済んだのに」

29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:34:56.77 ID:nzaMxAU9
三国志に箸か匙を落とした話があって、
華陽国志にその時雷がなって、劉備が雷にかこつけてごまかした、
と書かれてるわけですが、羅貫中?

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:41:56.42 ID:ou2If9HK
裴松之が悪い

31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/24(日) 01:13:49.39 ID:uMH8pU3G
この話法螺の具合から黒田家譜が出所だと思ってるんだか合ってる?

感状を与えなかった

2014年08月12日 18:50

927 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/12(火) 11:44:39.26 ID:91sz6eqC
黒田家中の三宅若狭守家義が、ある時黒田如水・長政親子にこのように申し上げた

「私も兼々武功をなしてきましたが、今後後代に至った時には証拠もなく、また人も
知らないということに成るでしょう。
これは子孫のためですので、御感状を頂けないでしょうか?」

黒田親子はこれを聞くと

「其の方には、上方口並びに豊前表の押さえのため、小倉の城に近い若松城を預け置いている。
これは天正のころ、上杉謙信の押さえのために、武田信玄が高坂弾正を越後表に置いたのと
同じ意味である。

其の方の軍功のことは、家中の諸士は兼ねてからよく知っている。後代に至っても
その記憶は著しいことだろう。」

そう言って感状を与えなかった。

黒田家においては、封禄を多く与えられている家臣で、黒田如水・長政の感状を持つものは
居なかった、という。

(黒田家臣伝)

それにしてもどうして感状与えなかったんだろう?他家に転職されるのを防ぐためですかね?