元均の人柄を見るに

2016年12月30日 18:17

元均   
479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/30(金) 00:16:58.55 ID:vzqPZiwu
誤った文で送信してしまったので再投稿

唐入り戦間期の頃、李舜臣が失脚し元均が統制使(朝鮮水軍の司令官)になった時の話。

私(安邦俊)の叔父である東巌公の妻が元均の親族だったので
統制使となった元均が私の家を訪ねてきてこう言った。

「何がうれしいってをこの肩書になったことで栄華を極めたことなどではなく
李舜臣に対する恥辱を雪ぐことになったことが何より嬉しい」

これを聞いた東巌公はこう答えた。

「あなたが充分に忠節を尽くして敵を打ち破りその功績が李舜臣を上回った時こそ恥辱を雪いだと言える。
ただ李舜臣の肩書になり替わっただけで嬉しいとは…。恥を知れ!」


すると元均

「私が敵と戦う時は遠ければ片箭(弓)を使い近ければ長箭(槍か?)を使い
ぶつかり合う時は剣と気合を使うので勝てないわけがないだろう」

といった。

東巌公は笑って

「隊長なのに刀を振るわねばならないのか?」

と答えた。
元均が帰った後、東巌公が私に

元均の人柄を見るに将来は立身すると思っていたが間違っていた。
 元均は趙括や騎劫と言った古の武将と似たような男ではないだろうか」

としばらく嘆いたという。


(隠峰全書)



スポンサーサイト

討ち死にした元均をどうするかという話になった

2010年01月30日 00:08

元均   
446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 20:04:55 ID:mgHpKWg3
朝鮮出兵が終わり朝鮮では戦功を立てた者達の選考をしていた
光海君の下、次々と選別されていく中、水軍の将で討ち死にした元均をどうするかという話になった

すると光海君が口を開き

「壬申倭乱の緒戦の頃、元均が李舜臣に救援要請したけど
あいつ王命がないからって渋って出陣を半月以上も遅らせやがって。
元均は死を恐れず常に先鋒に立って軍の士気を高めて功績は李舜臣と同じだが
李舜臣は元均が将兵を倒して接収した船を掠め盗りやがった。
元均が李舜臣に代わって水軍の長になった時、何度も勝てない事を進言していたが
備辺司も都元帥の権慄も出陣を促したから敗北を知りながらもやむおえず出陣し
溺れ死んだ全兵士と共に自らも国に命を捧げたのだ。
元均は知略と勇敢さを備えていたのに運に恵まれず戦功が消えてしまい不憫でならない…。
今日の選考で彼を二等功臣などにしてしまったらそれこそ無念であろう。」

こう言うと権慄、李舜臣と共に元均を一等功臣にした

頑張った人がちゃんと評価されたという良い話




448 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 20:28:45 ID:QGX+FoUg
光海君自身が不憫な人だから思うとこがあったのかも知れないな

元均の指示は

2010年01月30日 00:00

元均   
147 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 20:06:49 ID:mgHpKWg3
元均が李舜臣に代わって水軍の長になっていた時の話
彼は愛妾を運籌堂(参謀本部のようなもの、現制勝堂)に入れ
二重籬で隔て諸将と顔を合わせる事すら稀であった
また酒を飲み酔って怒っては刑罰を与えるのが常態化していた
これ対してに元均の部下達はこんな上司に命を懸けるのがアホらしくなったのか
( ´д)ヒソヒソ(´д`)ヒソヒソ(д` )「賊(日本軍)に遭ったらとにかく逃げようぜ」
と密かに申し合わせ命令を聞く気などさらさらなかった
このような状況の為、元均の指示はまったく実行されていなかったという




148 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 20:09:48 ID:JbdCxw+b
日本以外もここなのか

149 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 20:13:38 ID:f4M77OSB
一応日本の戦国時代にかかわる文脈であればここでよかったような。
前も明の倭寇対策の専門家な恐妻家が出てたし。
朝鮮出兵の件の向こうの事情なら関係あるかと。

150 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 22:42:38 ID:e8jUPcUv
それで戦闘時具体的にどうなったとか、もうちょっと日本絡められないか

151 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 22:59:31 ID:aMlTLbp/
その後元均は日本水軍に強襲され戦死するのだが、
兵士がこのような士気の元では当然だと言えるのかもしれない

ぐらい最後に書いておけばまぁ良かったんだろうけど、
でもこれ位このスレに居る人なら普通に知ってるだろうしねぇ

159 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 04:48:06 ID:xHCUPWqk
>>147
いい話スレの朝鮮話とセットで朝鮮王朝の論功行賞が節穴のダメぽな話、だなー…

161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 12:03:49 ID:wOpOVfnq
>>159
まぁ話はそう単純ではない
良い話スレの朝鮮話は宣祖実録が元ネタ
>>147は懲録が元ネタになってる
で、懲録は元均と仲が悪かった李舜臣を推していた人物によって書かれている
その上宣祖実録は公文書だが懲録は私文書
個人の思惑が強く反映されていると思われる

元均は懲録の他に宣祖”修正”実録(朝鮮ではクーデターが起こり
記録の編纂が行われ原本に比べ元均の評価は著しく低下している。
クーデターの中には李舜臣の親族がおり李舜臣を持ち上げ
元均を蔑む事で権威を得ようとしたとも言われる。)
でボロクソ書かれて現代でも評判は悪いが厳格な記録書である
宣祖実録の方が元均の実像に近いんじゃないかって話もある
実際の漆川梁海戦では主だった武官は元均と共にほぼ戦死してしまっているしな

163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 13:26:09 ID:DseapK3F
>>161
単純では無いのだけれど単純にすると、当時の朝鮮内部の二大派閥で考えると、
北人派 光海君(北人派により擁立)
南人派 柳成龍(李舜臣の上司で、上によって失脚)

・・・と、まあそういうもんもあるんだろうなあと思ってくだされ。

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 14:20:59 ID:mMxssEhG
>>161、>>163
語り手によって毀誉褒貶激しいあたり三成を連想した

178 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 21:42:44 ID:xHCUPWqk
>>165
忠武侯こと李舜臣は三成を通り越して安藤帯刀みたいな、めんどくさい人だったらしいけどなw

舜臣が朝廷に任官していたころ道で偶然いきあった旧友を無視して通り過ぎた
「あいつ(李舜臣)は栄達して俺に挨拶もしなくなった!」と友人が憤慨していると、
やがて倭乱の時かね“いつもの”派閥争いに巻き込まれ官職を辞した舜臣が田舎に帰ってきて友人に「やあ」と話しかけてくる
「お前は一体どうゆうつもりだ!」と怒って詰め寄る友人に舜臣曰く
「官職にあるとき人前で友情を露わにしたら、以後どんな人事も情実だと思われてしまうだろう?
君が朝廷に出仕した時に要らぬ陰口を叩かれる。だからあの頃、私的な交友はしなかったのだ」とかいう……


中国や朝鮮王朝で忠臣・良吏とされる人物の列伝テンプレだけどねー