金汝フツの討死

2010年07月11日 00:00

申リツ   
124 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2010/07/10(土) 17:19:10 ID:Mu2xAhpC
この話に出てくる申リツの部下に金汝フツという人物がいた。
金汝フツはこの戦いの直前まで党争に巻き込まれて獄に繋がれていたが
戦功と引き換えに免罪という特命が下され、獄から出された。

出獄した汝フツは戦地に赴くべく旅装を整え、家の下僕たちに問いかけた。
「誰か余と共に出征する者はおらぬか?」
殆どの下僕達が汝フツの子息金相ルと非難することを望み、尻込みした。
が、一人だけ共に行くと申し出た下僕がいた。
この下僕は大変な大食漢であり、他の下僕の料米が七合だったのにこの下僕だけ一升だったという。
「私めは平素より一升もの料米をいただいております。
 このような時に役に立たず、いかがいたしましょう。」
こうして下僕は汝フツの馬を引いて戦場へと向かったが、その姿は恰も楽土へ向かうようであったという。

戦況は悪化し、申リツ率いる朝鮮軍は弾琴台で背水の陣を敷き、日本軍を迎撃することにした。
が、女真族との戦いで活躍した申リツも鉄砲の前では無力だった。
武威を奮う暇もなく朝鮮の兵たちは倒されていく。

この時金汝フツは軍装に身を固め、、腰に剣を佩き、背に箙を背負い
左手には決拾と角弓を掛け、右手で状啓(国王への報告書)を書いていた。
その筆遣いは流れる風のごとく、下書きなしで書き上げた。
その文は詞理共に申し分なく、書き上げるとすぐ封をして朝廷へ送り、さらに子の相ルへの遺書も寄せた。
「三道の徴兵、一人もいたる者なし。吾輩にはただ死あるのみ。
 男児国に死するは固よりその職なり。但し、国恩未だ報ぜず、壮心いまだ成らず。
 只、天を仰ぎて噓気するのみ。家事は惟れ汝に在り、吾れ復た言わず。」
この後汝フツは馬を駆って敵陣へと突入し、一人奮戦するも遂に倒れた。

件の下僕は乱戦の中で主人とはぐれ一度は退いたものの、弾琴台周辺で弾丸が飛び交うのを見ると
「自分の命を惜しみ、ご恩を忘れるとは情けなや。」と再び短槍を手に戦場へと掛けていった。
日本兵に押されては押しかえし、満身創痍になって遂に弾琴台の下で主人の屍を発見した。
下僕はそれを背に担いで運び出し、ひそかに山際に埋めたのだった。

屍は後に掘り返され、金汝フツの先祖が眠る土地へ埋葬しなおされた。

―噫、僕と主の間の義が何ぞ限りがあろう。この下僕の如き忠勇の者は又とない。
 士は己を知る者のために死に、女は己を悦ぶ者のために容づくると言うが
 この下男の死を見ること平地の如くであったのは、決して一升の米のためでなく、義気に激したからこそである。
 そもそも僕を御する道は、義によってこれと結び、恩によってこれを感ぜせしめ、
 平素においてもその死力を発し得るようになってこそ、危急の際にも恃みとすることができるのだ。
 金公はまさにその道を会得していたと言えよう。
 士大夫が朝廷の禄をはむこと長きにわたるも
 この板蕩の時に奮忠敵愾の心なき者は金公の下僕に恥じずにおれようか。

『青邱野談』「弾琴台忠僕収屍」



ちなみに金汝フツの息子金相ルは後に出世し、朝廷の重鎮となった。
1642年に家康を祀る日光東照宮の扁額と詩文が朝鮮に求められた時
相ルは父のこの死を理由に詩文の揮毫を拒んだ、という話が『仁祖実録』に残る。




スポンサーサイト

申リツと夢の女の言葉

2009年09月05日 00:09

申リツ   
971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 11:16:45 ID:tMsDCP2K
申リツと言う男がいた
朝鮮の科挙を受かり北方の女真族との戦いで功を上げた名将である

そんな彼に急報が届く
日本の軍勢が大挙して釜山に上陸したのだという
急遽日本軍を迎撃する切り札として派遣される申リツ
釜山は既に堕ち日本軍を鳥嶺で迎え撃つ為に陣を張ろうとした

が、ある時申リツが寝ていると夢の中で女が現れた
その女は申リツが若い頃に鳥嶺で助けた女で「妾にしてくれ」と願ったが
申リツは断り去っていた
夢の女は「ここに陣を張ってはいけない、弾琴台で迎え撃ちなさい」と言うと消えていったという

後日、申リツは女の言葉を信じたのか鳥嶺に陣を張るのを止めて
弾琴台で迎え撃つと言い出した
鳥嶺は天然の要害であり部下達はこれに反発したが
申リツはこれを抑え結局弾琴台で迎え撃つ事にした

さて、ついに小西行長率いる日本軍が攻めてきた
申リツは弾琴台で8000の朝鮮の精鋭騎馬軍を率いて突撃
夢の女の加護の下勝利出来る…と、申リツは思っていたのかもしれない

しかし日本軍は倍以上の兵力を持ち鉄砲で突撃してきた騎馬を蹴散らした
一度目の突撃が失敗し果敢にも二度目の突撃を試みるがこれも失敗する
まるで長篠の戦いである
やむを得ず退却を試みるも弾琴台の左右は水田と湿地であり背後は川、
しかも川岸は崖というまさに死地であった
この戦いで朝鮮軍は3000の兵を失い申リツも戦死、
漢城の防衛は困難となって王は疎開することになる

さて、夢の女は何がしたかったのかというと実はこういう事である
申リツが女の下を去った後、妾にしてくれなかった事を恨みなんと自殺していたのだ
幽霊になってもその恨みは消えず申リツを陥れたのであった

女の情念とは死してなお恐ろしいという話
季節的にちょっと遅かったかな?
それにしても逆恨みで敗北した申リツ(´・ω・) カワイソス
史実では自殺みたいだけど




972 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 11:55:11 ID:U4PtJjyM
鳥嶺を捨てた理由は騎馬を活かす為
弾琴台に陣を敷いたのは背水の陣を敷いて士気を上げる為
という話もあるのだが…

未知の軍勢の矢面に立たされた気の毒な人物なのかも。

973 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 12:00:14 ID:tMsDCP2K
まぁ史実としてはそうかもしれないね
これは逸話なんでお目こぼしを

ちなみに弾琴台には十二台って地名があって奮戦する申リツの弓の弦が熱くなりすぎたので
弦を冷やそうとこの辺りを十二回も往復したからこの名が付いた~なんてのもあるらしいが
史実としては眉唾だろうねw

976 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 17:45:42 ID:NRovJxMK
鳥嶺という地名からして険峻な山岳っぽいですね
騎馬主体の女真相手の武将で山岳地帯での戦闘経験がなく、対女真の戦闘で
武功を立てているということは平原での戦闘にこそ自信を持っていた
このあたりではないでしょうか

977 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 17:46:49 ID:aYM6Cx9T
>>971
どうやってこの話が残ったんだろうな
本人が他人に話したんだろうけどまさか夢のお告げで陣の位置を変える、
ってことにして部下を説得したのかな

990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 19:56:19 ID:tMsDCP2K
>>976
ところが女真族と違い日本軍は火器で武装しており
集団で突撃してくる騎馬軍団は格好の標的だった
申リツは騎馬戦に絶対の自信を持っていたのかもしれないが
相手の戦術は女真族のそれとはまるで違い敵を完全に見誤った…って所だったんだろうな
新しい戦術にいきなり対応するのは難しいし

それより王都の危機なのに自ら軍を率いない宣祖が情けないというかなんというか
李成桂の子孫ってのが王権の根拠なんだから国難には自ら軍を率いないと駄目だろ…

991 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:15:58 ID:HOAl1D0A
>>990
あっちは文官至上主義だから
軍人は地位が低いのよ

992 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:24:09 ID:Su4m565+
つーより、戦場で右も左も分からん文官に司令官やられたら、
兵士が可哀想だろw
士気は上がるかもしれないが、
色々理由があるにせよ、軍を見捨てて退却し、
兵士に動揺が広がってなんて全軍崩壊なんて例は山ほどあるしな

993 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:25:42 ID:PMn/3CmW
>>990
李氏朝鮮は武備に力を入れられない事情があったんだよね。
李成桂が将軍やってた高麗は、結構な軍隊を持っていたんだが、これは高麗が
元の宮廷に妃を送るなど、元と殆ど一体化した存在で、(今の韓国、朝鮮の人は
絶対に認めないが、風俗までモンゴル人とほぼ同じになっていたらしい)
元の封国内でもかなりの自由を有していた事による。

んで、元明交代のときに高麗は親元派と親明派に分かれて混乱して、その中から李氏朝鮮が
成立するんだけど、この李成桂、親「元」派だったのね。
このため李氏朝鮮は、成立した時から明ににらまれ続け、明を刺激するような軍備など
整備しようもなかった。
この、明の朝鮮への不信感と言うのは、秀吉の朝鮮征伐のときにもかなり見受けられる。

そういうわけで朝鮮は、王が軍隊を率いて華々しく戦うと言うような、そう言う体制じゃなかったのは、
成立時のボタンの掛け違えに遠因があったりする。

994 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:27:43 ID:iPBKCerY
>>993
ああ、そういえば朝鮮は実際に攻められるまで、
明に日本との内通を疑われていたんだっけ。

なるほど、そういう事情があったんだ。

995 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:30:38 ID:tMsDCP2K
>>992
しかし幕末になって家茂や慶喜が出兵してるのを考えると
日本人の感覚としてどうもしっくりこない…
>>993
いや、でも直接指揮を執るぐらいは…
負けるだろうけど
>>994
それどころか攻め込まれた後も疑われてます

996 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 20:58:54 ID:HOAl1D0A
文官(両班)至上主義は今の韓国の学歴至上主義に似たところもある。