火猿?の話

2011年12月02日 22:01

戚継光   
831 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/01(木) 21:48:47.93 ID:yRiIIFcW
まとめに戚継光の話があったので

戚継光は倭寇を退治すべく兵を福清に駐屯させ、常に火器の扱いを教えていた。
ある時戚継光は猿が火器を扱う兵を真似ているのを見た。
これを見た戚継光は部下たちに猿の捕獲を命じる。
この地には石竺山という何千という棲む山があり、戚継光は何百という猿を得た。

その後倭寇がやって来るにおよび、戚継光は兵を伏せ猿たちに敵陣を窺わせた。
猿の群れに対してはまったく無警戒であった倭寇たちであったが
その群れから一斉に火器が発されるに及んで大混乱となった。
戚継光は猿に火器の扱いを仕込んだのだ。

そこに伏せていた戚継光の軍勢が突撃し、倭寇を殲滅した。

燧象、火牛、火鶏と並ぶ火猿?の話

『五雑組』




スポンサーサイト

戚継光「カミさんが怖くないヤツ」・悪い話

2009年04月09日 00:13

戚継光   
487 名前:亀だけど[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 23:45:13 ID:yqEqpMv9
>>420
戚継光が和冦退治に乗り出したとき、国中の勇者を求め触れを出した

集まってきたのは皆、腕っぷし自慢の凶悪なマッチョ軍団だったが、
彼らを集めて継光さん曰く

「この中でカミさんが怖くないヤツがいたら名乗り出てくれ!」

……出てきたのはたった一人、他のマッチョガイより貧弱そうなボウヤだけだった

だが戚継光、ほんまに彼を先鋒隊で起用したという。継光自身は女房に弱かったらしい

日本でも大陸でも、戦場の勇者や名将が家庭でも強いとは限らんのですね




488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 00:03:55 ID:t8tN3ajM
>>487
秀忠「まったく嫁をおそれるなぞ、明人は情けないのう」

491 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 00:17:49 ID:Xspg03+E
>>488
保科正之「……」

492 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 01:02:11 ID:JdbYo4os
>>487
その話にはオチがある。

対応が少し違っていて、戚継光は自分の女房を恐れるものは別の場所に、
恐れないものはそのまま残れといったら、一人しか残らなかった。
戚継光は出てきた男を呼び寄せてほめようとしたところ、その男曰く

「実は将軍の声がよく聞こえなくて。そういう時はみだりに動かずじっと
していろと女房にキツく言われているんですハイ」

戚継光がっかり。


493 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 03:09:49 ID:dQpTeqxR
>>492うひゃー笑
戚継光のみならず信之兄ちゃんもガックリですな……

>>491
保科さんは養母、義父といい人に巡り合えてよかったじゃんか


494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 04:29:48 ID:e2OyKCRb
>>492
これ、記憶違いかもしれないけど
全く同じ逸話(ていうか元ネタ)がなかったっけ?
それこそ遥か昔の中国で