ジョン・セーリス航海日誌から

2016年06月05日 21:57

675 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/04(土) 20:10:57.35 ID:4NzI32HK
イギリス東インド会社のジョン・セーリスの航海日誌から
1613年、セーリスの乗ったグローブ号が平戸に着き、平戸藩主松浦隆信の大叔父の松浦信実が乗船してきた。
ついでにセーリスが何人かの身分の高い婦人を自分の船室に案内すると、壁には半裸のヴィーナスの絵。
その絵を見た婦人たちはひざまずき、ヴィーナスを(おそらくマリア像だと思って)拝み、
セーリスに小声で「実は私たちはクリスチャンです」と囁いた。
一方、信実や後で乗ってきた隆信といった殿方の反応は日誌に描かれてないが、セーリスはイギリス本国に
「日本では猥褻な絵や戦争の絵の需要が大きいからできるだけ大きいのを送ってくれ」
と書いているため、だいたいの想像は可能かもしれない。

一方、イギリスに帰国したセーリスは日本で個人用に枕絵(春画)を大量に購入し、周りに見せて回ったのがばれ
東インド会社の顰蹙を買ってしまい、なくなく枕絵を焼却したという。



676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/05(日) 01:37:55.04 ID:EebVO3wP
古今東西男というのは変わらないな

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/05(日) 10:05:32.73 ID:/0DFBIH6
大内義隆「そうなの?」

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/05(日) 23:53:05.02 ID:uGuy/QER
生身の女をいくらでも手に入れられる立場にいながら、それでも絵が欲しいってホント現代とかわんないな

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    松浦家代々の蒐集癖を考えると、西洋の春画を面白がって蒐集している可能性が微レ存。
    平戸の松浦史料博物館を見るとわかるが、あの家の蒐集癖は静山公に始まったわけではない。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >「日本では猥褻な絵や戦争の絵の需要が大きいからできるだけ大きいのを送ってくれ」
    おい日本人
    ま、まあ、両方とも勝ち絵としての需要もあるしね……

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    松浦一族は、本性は大名やのーて
    倭寇そのものやからしゃーない

  4.   | URL | -

    日本人は昔からエロネタと軍事ネタが好きだった
    つまり艦こ○やガル○ンや武将女体化ネタは古来からの蓄積があってこそ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1&※3
    つまり松浦家の蒐集品はいわば歴代海賊王のお宝コレクションなのか
    オラなんだかワクワクしてきたぞ

  6. 七氏 | URL | gnl9WTs6

    こんな絵さえ無ければ戦国時代はもっと早く収束したのではないだろうか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    流石にそれは・・・例に挙げる物が特殊すぎるし、余り奇を衒う見方は如何なものかな?
    ちょっと斜め上過ぎる見かたじゃありませんかねw

    エロ関係物は一種の娯楽ですし、戦争物の絵なら別段他の国でも発達してます。
    日本全国で年がら年中戦してれば尚更ですね。
    日本古来と括るなら、擬人化文化を上げるべきかと思います。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「日本ではポルノとミリタリーが売れ筋です」と言われて何の違和感もないワイは斜め上なんやろか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    暴力と性は古来から娯楽産業の売れ筋商品。
    ただどちらも行き過ぎた表現は規制対象となる(18禁とかね)

    日本だけでなく海外でも同じだけど、規制の度合いが国によって違う
    ・ゲームなら、出血だけで年齢制限があがるのが欧米
    ・キスだけで年齢制限があがるのが日本

    そういえば江戸時代の規制された本ってほとんどエロ関係だなw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代も勝ち絵とかいう春画の類がお守り代わりだった、と言われてるが
    浮世絵と違って、どんなものか見当もつかない
    肝心の現物は存在するんかね? 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10007-c9de7177
この記事へのトラックバック