三千の鉄砲は遅るるに足らぬ。しかし

2016年06月07日 10:21

810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/06(月) 23:49:04.88 ID:4n3eIB9n
日向伊東家家臣である山田土佐守匡得は、永禄元年、17歳の時に初陣として飫肥の行屋ヶ尾にて
薩摩の驍将亀澤豊前を討ち取り、同10年小越合戦に和田民部を討ち取った事などを初めとし、
伊東義祐の日向没落の後も、石ノ城にて粉骨を成し、薩将の伊集院肥前守と槍を合わせ、その名は
近国に聞こえた。

伊東義祐父子が伊予に渡海した後も、豊後に残り、同国梅牟礼の城主、佐伯太郎惟定の軍師となり、
益々の軍功があった。

天正14年7月23日、島津中務家久(良い方)が豊後に出兵して松尾山広福寺に陣し、この佐伯惟定と
一戦の時、家久は佐伯領の境の住民を一人捕えて、佐伯惟定の軍中の様子を尋ねた。その者応えるに

「惟定様は今年18歳になりますが、善く領民を撫育し、人心の帰伏すること父母のようです。
私は下賤の身であり、軍配の方便はわかりませんが、針も撃ち抜くほどの鉄砲の上手が、三千人在ると
聞いています。」

家久はこれを聞くと
「三千の鉄砲は遅るるに足らぬ。しかし山田土佐入道が今、佐伯惟定の家に在ると聞く。
彼は一騎当千の者なれば、私は深くこれを恐れる。」
そう語ったという。

(日向纂記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    家久さんに誉められるとは名将だったんでしょうね。
    ここの所伊東関係の逸話がでてるので嬉しい日向民です。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    宮崎県のどちらですか?

    私は西諸県方面ですが、北原の一件で伊東に含む思いが有るので、日向民として県民の相違の如くされるのは遺憾なんですが。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    大名に復帰した伊東家が3万6000石を擁しても、最後は300石貰いで生を全う。
    経歴を見ても、本当に素晴らしい人柄と武略の持ち主ですね。

  4. 人間七七四年 | URL | ixivxIWw

    よくよく考えると伊東や相良って島津と何年も抗争してたんだよな
    戦闘民族相が抗争相手とか大変すぎだろ……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    肝付さんェ……どうか忘れんといてあげて……

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    伊東も相良も大概戦闘民族なんだよなぁ…

    まあ実際のところ島津の敵は島津だから。
    生産力が一段と低い薩摩を更に四分五裂して家督争いしてんだから、
    外敵と戦う力なんて残ってなかったと思われる。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    つまり、ある意味で他の九州勢は運が良かったのですね。
    島津家が早い段階で総力を上げれる状態なら、もっと早くに
    九州が落ちていた可能性があるのでしょうから。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    島津は宗家や分家、庶流で争いすぎなんだよねー

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    古い家や権力ある家は、だいたい身内が一番の敵だから仕方ない…
    藤原摂関家とか源氏とか大友とかetc.etc.…

  10. 人間七七四年 | URL | ixivxIWw

    >運が良かった
    いや、どこも似たり寄ったり
    信長が他の織田家を滅ぼして尾張統一したように、日向伊東家も内紛を勝ち抜いて台頭した。逆に肝付なんかは内紛のせいで弱体化したり、相良でも国人や兄弟が二つに割れるような戦いがあった。
    まあ、戦国時代の習いだね

  11. 人間七七四年 | URL | rMPwZq/k

    つまり、家督争いもなく大国を代々受け継いでいる大内家は最強!

  12. ※6 | URL | -

    ※7
    というか島津は日新斎が出なければ畠山金吾家と同じ運命だったと思う。
    その意味では一番幸運だったのはやっぱり島津かと。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼「そうそう怖くない怖くない」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※2殿
    私は宮崎市在住です。
    伊東氏に思う所があったのですね。
    伊東氏=宮崎県民の総意と解釈されたのでしたのですね。
    申し訳ありませんでした。
    個人的意見ですが宮崎は歴史の事でどうしても天孫おりる

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※2殿
    私は宮崎市在住です。
    伊東氏に思う所があったのですね。
    伊東氏=宮崎県民の総意と解釈されたのでしたのですね。
    申し訳ありませんでした。
    個人的意見ですが宮崎は歴史の事でどうしても天孫降臨に注目されがちなのでわだいになっただけでも歓喜したのです。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    家久(良い方)、家久(悪い方)、家久(普通の方)

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >>遅るるに
    恐るるではないですか?

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    私もそうは思いましたが、真意は本スレで聞かないと分からないと思われ

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    出だしの状況はよかったよね。出だしの状況は‥。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    言おうかどうかずっと迷っていたんだが…

    >戦闘民族相

    何その恐ろしい閣僚

  21. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    ※11
    おめーん家は室町通じて兄弟か一族と戦って勝利した当主が殆どだろうがw
    大内義弘なんかあの足利義満敵に回して重臣諸共覚悟の玉砕するしバリバリの武闘派じゃねえかw
    俺は騙されねえぞ

  22. 人間七七四年 | URL | -

    むしろ、一人っ子の義隆の代代わりの時に
    そういう争い事がなかったから、家臣たちが増長しちゃったのかも

  23. 人間七七四年 | URL | -

    義興「中央にちょっかい出したり出来たのも味方の高家衆が力を持ってたからだし、息子にはすまない事をしたと思います。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10016-9ceaf741
この記事へのトラックバック