「これは危なきことよ」

2016年06月15日 13:14

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/15(水) 03:36:11.83 ID:nrusAHo5
池田光政徳川家康に御目見したのは5歳の時だった。その時、彼は脇差を拝領し、
家康の膝元近くにいた。家康は彼の鬢髪をかき撫でて、

「三左衛門(池田輝政)の孫である。早く大人になり給え」と、言った。すると光政は
拝領した脇差をするりと抜いて見つめた。家康は、「これは危なきことよ」と言って、
自ら柄を持ち、鞘に納めた。

それから光政が退出した後に家康は、「眼光の凄まじさは常人ではない」と、言った。

――『有斐録』



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    光政「ちっ、あともう少しで仕留めたのに、しくじったぜ。」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そういや、一応お爺ちゃんと伯父さんと大伯父さんの敵かw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、北斗の拳イチゴ味のターバンのガキ思い出した。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    家康が恐れた男リストにまた新たな1ページが?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ネタ含めて、いったい何十人いるんだろうか…
    >家康が最も恐れた男

  6. 人間七七四年 | URL | -

    六姫「さすが父上。私も見習います」

  7. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    鯉口三寸きったら改易、じゃぁないのか。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    母は秀忠の養女だから、家康は曾祖父になるのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10034-9df5a53d
この記事へのトラックバック