FC2ブログ

息子を助けた上で見捨てるの巻

2016年07月11日 13:12

830 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/10(日) 22:50:51.40 ID:WoaxVO/c
三方ヶ原合戦の時の事、徳川方は敗北を悟って引き退き始めたが、
内藤正成の息子・正貞は敵陣奥深くにいたため味方の撤退を知らないまま戦っていた

正成は息子の生死を知るために敵陣に突入し、正貞が数人の敵と血戦しているのを見ると
かたわらから槍をふるって敵を突きのかせ、その馬を奪い、正貞を捨てて引き退いた

『寛政重脩諸家譜』より内藤正成、息子を助けた上で見捨てるの巻
途中までは息子を助ける話だと思ってたのに「正貞を棄て引退く」(原文)って……

関連
なにはともあれ、本当は息子を救っていた内藤正成



831 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/07/11(月) 13:52:57.83 ID:y9QtxI0+
息子が助からないのを確認して撤退
こういう冷徹さも戦場では必要

833 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/11(月) 20:12:49.89 ID:K7vw0omF
>>831
そういう話でもないだろ

834 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/11(月) 20:16:11.30 ID:c7/Arcse
>>833
いや、内藤正貞は三方原で戦死してるので、そういう話でいいと思うよ?

835 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/11(月) 21:56:27.29 ID:jB33rLC1
>>830の後日談

内藤正成が息子・正貞を放置して撤退した後、なんとこの正貞はそのまま敵の首級を得て生還した

しかしこの正貞、天正元年に村越左吉と争論したことが父の逆鱗に触れ、内藤家を放逐されてしまったという

836 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/11(月) 23:12:55.44 ID:CMj+2j7o
まーた生還したのかよ
鈴木久三郎といい正貞といい
夏目さんみたいに戦死した方が子孫が目をかけてもらえるのに

837 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/11(月) 23:32:24.51 ID:nhZQIK5f
夏目さんはむしろ、親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしてそう

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    正成さんスーパーマッチョだから「お、生きてるのか。じゃあ自力で帰れ」と思ってそう
    みんながみんな貴方みたいな猛将ではないんやで…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    その後の正貞さんが心配。
    正成さんは「獅子は、子獅子を崖に落とすという心境で、後は「わしは、ここまで助けた。後は、お主がなんとかしろ」と思ってたんですよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ウィキ見ても正貞さんの記事ないけど、
    その子供の正重さんが1578年に生まれてるから大丈夫だよ、きっと…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ところが、内藤正成の項では長男(つまり正貞)は三方ヶ原で戦死と書かれている
    見捨てられたんか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    マジか。父ちゃん。そこは助けようよ‥

  6. 人間七七四年 | URL | -

    正成「いたいた、コラいつまで遊んでんの!もうみんな帰ったぞ!」
    正貞「今いいところだからダメー!」
    正成「ダメじゃないよ!帰らないんなら置いてくよ!」
    正貞「パパ帰っていーよ!」
    正成「パパ本当に帰っちゃうからね!」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    もしかして、辿り着くまでにに自分の馬がやられちゃったんで、帰るために息子の奪ったとかは…無いよね???

  8. 通りすがりの名無し | URL | -

    元亀3年(1573)に三方ヶ原で長男戦死
    正貞の子である正重は天正6年(1578)生まれ

    ということは、正貞=次男説?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    正成の長男戦死説は誤伝っぽい?
    寛政譜だと正貞が長男で三方ヶ原は生き延びたことになってる

  10. 人間七七四年 | URL | -

    孫の生年月日間違えてる可能性もあるから、わかんねえなこれ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    何せ酷い親父だ
    何のために突入したんだ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    今の価値観ではヒドいけど、
    当時の価値観でヒドいかどうかはわからぬ
    戦局的にも「徳川家ヤバい」状態だし。

    だが、何しに行ったかがさっぱりわからぬ!

  13. 人間七七四年 | URL | -

    その後、正貞さんが、ひねくれた性格になり、勝成さんや鬼武蔵さんみたいにならなかったか心配。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    正成さん…本当に何しに来たんだろう?…

  15. 人間七七四年 | URL | -

    助けようとしたら「助けてくれなんて頼んだ覚えはありません」とか断られそう
    三河者だし

  16. 人間七七四年 | URL | -

    親父「助けに参ったぞ息子よ!」
    息子「誰が助けてくれって言ったよ!(ありがとう父ちゃん!」
    親父「なんだと!?なら絶対助けてやらんからな!一人で勝手に戦ってろ!!!」
    息子「」

    きっとこんな感じだったよ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    正成(あそこにいるのは、正貞ではないか。あいつめ、深追いしおうって。やむ逐えん。)
    正成「正貞、助けに来たぞ。」
    正貞「父上・・・」
    正成「(むっ、今度は殿が危ない。)正貞、後は、おぬしがなんとかしろ」
    正貞「えぇ~。」

    と、助けるのは、息子の正貞か、主君の家康か、正成さんも迷ったと思いますよ。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    >>837
    それは違う夏目ぞな、もし

  19. 人間七七四年 | URL | -

    正成「息子を助けに行ったけど、すでに倒されていたのでやむなく戻ってきた」
    長男戦死と記録。直後
    正貞「気絶してただけだよ。なんとか自力で帰ってこれたわ」
    だったりして

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10094-6497d406
この記事へのトラックバック