【家来常々召仕様之事】(けらい、つねづねめしつかいようのこと)

2016年07月27日 19:30

985 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/26(火) 20:10:27.63 ID:v2CYyG+/
【家来常々召仕様之事】(けらい、つねづねめしつかいようのこと)

十一 家来には先ず情けをかけ、諸事失敗が有っても見逃すことが肝要である。その結果として
   大それたことが有った時は、自分の不運とすべきである。
   処罰をする時は理非をもってすべきだ。しかし助けても良い理由があれば、その点について
   よく考えよ。切るのは遅くても良いのだ。

十三 人の中傷を聞くべきではない。横目(監視)は災いのもとである。例え告げ口をいう人がいても、
   それをいう人と言われる人との間では常のように接し、何事も聞かなかったように振る舞うべきである。

十四 召し使うものに良い者も悪い者も無い。それぞれの得意な面を見出し、それぞれ適した場所に使えば
   人に屑は無いのだ。であるのに、出来無い事を申し付けるから埒が明かず、結局腹を立てるのである。
   これは主人に人を見る目が無いからなのだ。

十五 家来と言っても、異なる意見があるなら詳しく聞くべきだ。世間の評判を聞くことと同じである。
   よく聞き届け、自身で考えて、的確なところは用い、そうでない所は捨てればいい。
   主人によっては、家来が異見を言うのを推参であると機嫌を悪くする者がある。
   これは天下一の悪人である。
   本当に主人のためにならない者は陰で指をさして他の家来に語る者である。このような事は
   自分自身にとっても家来にとっても不本意な状況である。
   常に情け深い主人は家来の名を言い立てず、他の家来は、主人の作法のことを尋ねられても
   語らない。主人の心持ちが肝要なのである。

十七 すべて人間たるもの、上下ともに心正しくし律儀にして、一言半句も嘘を言うべきではなく、
   人を疑ってもならない。
   ただし、世間話などには嘘が混じっていても構わないが、これも、人の害になることは言うべきではない。


二十二 主人に物を見る目が無いというのは必ず災いが多い。よく奉公する者に気が付かず、当座のへつらいに
    喜んで録を与え親しむような事をするから、良き奉公人は気を変え暇を取るのだ。これは主人が
    悪いからである。当座にへつらうような者は下劣な者である。

(高山公遺訓ニ百ヶ条)


藤堂高虎の遺訓より、家来の召し使い方についていくつか




987 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/26(火) 23:22:02.54 ID:I+zFuU/G
>>985
家康と気が合うのも判るような気がする。

989 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/27(水) 07:20:38.42 ID:+jAUqd1W
>>985 戦国の転職王・藤堂高虎が言うのだから、
要するに、藤堂高虎が上司を次々に変えたのは、上司が悪いから
と本人は言いたいわけだな。
おっと、悪口を言ってしまった。

990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/27(水) 07:24:05.73 ID:+jAUqd1W
>>985はカーネギーの「人を動かす」という名著の内容と
似ているものがある。
部下を動かすときの心得は、悪口を言わないとか、名前を馬鹿にしないとか(自分の名とは誇り高い
ものである)、○○してはいけない、というのがいくつも列記されていて実現は難しいけどな。
と、また悪口を言う俺は人使いが全然できない。

991 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/27(水) 13:39:33.08 ID:dJYVM1fJ
>>985
現代でも充分通用するなぁ。

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    色んな上司に苦しめられながら半生を送って、たどり着いた答えがこれなんだろな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    自身の経験だけでなく、何となくだけど秀長さんの教えや影響もあるのかなぁ…などと思ってみたり。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    菅えもん「主君には先ず情けをかけ、諸事失敗が有っても見逃すことが肝要」
    天庵さま「ん?」

  4. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    高虎さんはホント義にも情にも厚い方ですよね
    そしてそれが巡り巡って家臣の働きをよくすることを分かっているのが素晴らしいと思います

    ※1,2にもありますが自身の経験と秀長さんの教えを昇華して辿り着いた答えなのでしょう

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これってやはり自身の苦労話と、その経験則からくる物なのでしょうね。
    書かれている事を全てしてくれる上司なんてまず居ないし、自分が他人に同じ様な
    事を出来るかと言われれば、まず無理だけど心構えとして幾つか覚えておくだけでも
    、組織運営上の訓令としては理想的ですね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    後藤又兵衛「ということは、俺は長政に見る目がなかったということだな。」
    長政「ちょっと待って。」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    切るのは遅くても良いのだ。←このことに気付いて欲しい人が同時代にたくさんいますねぇ....

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    忠興「せやな。…俺?俺は基本的に3アウトチェンジだから無問題」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ※但し奥方が絡むと即退場

  10. 人間七七四年 | URL | -

    989みたいな人がまだいることに驚き
    司馬遼太郎は本当罪深いな
    秀長がいなくなった時点で出家してるんだから
    その時点で主君はもう存在しないという意思表示だろうに
    そのあとも旧主人の路頭に迷った妻子を手厚く保護したり
    この人ほど、悪評広められた人はいないと思うな
    朝廷との橋渡し役を任されたり、優秀で人望ないと無理だろうに

  11. 人間七七四年 | URL | -

    主君を変えまくったのは秀長に仕える前の話だし
    それについては司馬遼太郎なんかは関係ない単なる事実だ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10135-88bd6192
この記事へのトラックバック