FC2ブログ

沢庵壁書の事

2016年08月05日 19:43

936 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/05(金) 00:32:23.34 ID:4NC1gATx
沢庵壁書の事

沢庵の書いた壁書を、山村信州(良旺)が所持していたので写させてもらった。

「飯は何のために食うのか。ひもじさを止めるために食うのか。
ひもじい事がなければ食わなくてもよいものを。
さらば、さても、しかるに、添え物がなくては飯は食えぬと皆人のが言うのは僻事である。
ただただ、ひもじさを止める為のはかりごとである。
「役」のために食う飯ではない。
添え物がなくては飯が食えないというのは、まだ飢えが来ていないのだ。
飢えがこなかったら一生食わなくてもいい。
もし飢えがきたら、その時には酒のかすやあらぬかのような粗末なものでも嫌わない。
ましてや飯ならなおさらである。何の添え物がいるであろうか。
『食を受けることは薬を服するようにせよ』と仏も遺教されている。
衣類もまたこのようである。
人は衣食住の三つで一生を苦しむ。
このことを心に留めているので我は三つの苦しみが薄いのだ。

これは我の落書きに過ぎない。錬金法印が書けというので書いたのだ。」

元和の酉の冬に  宗彭

(耳袋)

バランスよく食べなきゃダメよ



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    その飯の添え物の名のもとになった沢庵和尚ェ……

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ツンデレ和尚乙

  3. 人間七七四年 | URL | -

    バランスというか我が儘言うなって話だな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この頃の日本って栄養学の概念どれくらいあったのかな
    戦の兵糧関係の蓄積とかで
    「塩取らないと死ぬで」
    「肉も魚も食べないならせめて大豆食べとけ。身体弱るぞ」
    ぐらいはあると思うんだが。

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    そういえば夏場に豆を陣中に運んでいるときにあまりの暑さで発酵して納豆が出来たって話があったね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    この時代ならば体系立てた栄養学なんてないとでしょ?
    それこそホントにWW2とかの総力戦時代からかと
    ただ、経験則からくる栄養に対する格言はあったかと

  7. 人間七七四年 | URL | -

    栄養失調と飢餓がほぼイコールという時代では、食への関心は栄養学という形にはならんでしょうな

    とは言っても医学や本草学から「特定の体調不良に特定の食物が効能を持つ」ことは知られてたわけだし
    戦国人が栄養についてまったく無知だったとは思えないけども

  8. 人間七七四年 | URL | -

    どっかの言葉で、米が無い時よりも味噌が無いときのほうが兵が疲れるとかって話を聞いたことが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10154-ebf888c3
この記事へのトラックバック