道三神脈の事

2016年08月07日 13:36

49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/07(日) 10:15:40.36 ID:IHBHVhCU
道三神脈の事

ある医者の語ったことである。
曲直瀬道三が諸国遍歴していた時、ある漁村を廻ったところ一人の漁家の男の血気がはなはな衰えていた。
そこで彼の家に立ち寄り、家内の者を見るといずれも血色枯衰していた。
脈を取って見るといずれも死脈であったので、自分の脈も取って見ると、また死脈であった。
道三は大いに驚いて、

「このように数多くの人が死脈であるはずがない。
漁村ならば津浪などの愁いがあるだろう。
早々にここを立ち去って山方へなりとも引っ越しなさい。」

と漁夫の一家に勧めて連れ退いた。
はたして、その夜に津浪がきて浦の家々が流れ失せ、多くの者が溺死したという。

「病でさえ分かりがたいのに、このような神脈はまことに神仙ともいうべきであろうか。」

とその医者は語った。

(耳袋)

天災と脈って関係あるんですかね



50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/07(日) 10:36:41.45 ID:N0R4quLk
面相見が国中の人に死相が出ているのに気付いて、
果たして大災害によってその国は滅んだ、という話を見た覚えが

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/07(日) 15:48:26.47 ID:IbWqzhts
まんが日本むかしばなしで「夜中のおとむらい」という作品は夏の怪談として
ちょうどいいね。「吉作落とし」でもいいけど。
http://urban-legend.tsuvasa.com/yonakano-otomurai

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/07(日) 15:53:54.75 ID:ja/RODJo
なぜかサザエさんで易者が手相を見るとみんな水難の相が出ていて
すぐ雨が降ったという話を思い出した
相を見る能力は同じくらいあってもこっちはただのギャグという
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    関東大震災直前に、死相の出ている人を多く見て、大災害の襲来を予感したという顔相見の話を読んだことがある。
    太平洋戦争末期にも同様の話があり、死相の出ている人が多くいたにもかかわらず、夏のある日を境に、そういう人が激減した。その後まもなく終戦の日を迎えた、と。

  2. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    それが本当で一人でも多くの人の助けになっていたのならいいね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>死脈
    >>山方へなりとも引っ越しなさい

    内ヶ島氏理「脈診て貰えればなぁ、あと山も危険だよ」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    唐突で済まないが、帰雲城て名前カッコ良過ぎないか
    ファンタジーかなにかとしか思えない

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これ「三脈の法」ってやつだと思う、両方の頸動脈とどちらか一方の手首の脈を同時に計って、三ヵ所の脈が同調していれば問題無いけどずれて脈を打っていると、身に危険が迫っているという(数時間~一日の内)もの。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10158-91ea17eb
この記事へのトラックバック