向後かたく御無用に御座候

2016年08月08日 16:24

957 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 11:44:29.18 ID:NfEhADzu
今まで数度申し上げましたが、お忘れに成ったのか、強がっているのか、お聞き入れありません。
軍勢を押し上げる時も、そのお姿や馬印、御馬も常と同じようにされていますが、それは宜しく有りません。

我らの古主である武田信玄は、自分と同じ出で立ちの者を3人用意し、自分も含めて同じ格好の者が4人、
軍勢を押し出す時も同じような馬に乗り、いかにも目立たないようにされていました。これにより、数度
危うい所を逃れました。

上杉謙信は、1日に2度、武者振り(出で立ち)を変えたと聞いています。
その時分は越後勢から甲州勢へ忍びを入れ、もしくは甲州勢が越後勢を探って、大将の出で立ちを伺っても、
両将共に見定めることが出来ませんでした。
この両人に限りません。関東の北条、尾張の織田信長、何れも見定められた事はありません。

殿(井伊直政)は無類に強気ですから、こういった事は悪しきと思うかもしれません。ですがそれは若気と
言うものです。心得の無い者たちは、敵味方ともに殿を『雄々しき大将だ』と言うかもしれませんが、
武功の者達は笑っているのですよ。

尤も、大将というものは前線の様子を、自身の目で知りたいものです。その時は、ご自身の具足と違わぬよう
拵えたものを予め用意しておき、近習の者に着せて、旗本に置き、馬印もそのまま置いて、大将は目立たぬ
姿に着替えて前線にてご下知なさるべきです。

殿は、朝霧の深い時でも前線に馬で乗り入れます。あまつさえ馬印まで持って。
今後、絶対にそういうことはなさらないで下さい。(向後かたく御無用に御座候)
霧深い中、敵が伏兵を置いて居た場合、鉄砲などで狙われる例は多いのです。そうして過ちが起これば、
それは末代までの落ち度です。

それから、先年家臣一同をご覧になった時も、組頭、使番、物頭、そのほか頭の者たちばかりにお声を
かけられ、残る士にはお言葉をかけられませんでした。これは殿がご若年だからでしょうが、
諸人に恨みを残す行為です。皆に声をかける嗜みがあるべきです。
御用に命を捨てる武士というものは、たった一言の言葉にも感じ入り、一心を定めるものなのですから。

(松のさかへ)

井伊直政へ家老一同からの諫言書より。この内容だと銀の鯰尾兜であえて目立っていた蒲生氏郷なんかも
落第ですね。



958 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 13:51:16.10 ID:XNi8I1Od
>>957
総大将じゃないのに影武者作る習慣はあったんだろうか

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 14:30:14.03 ID:/fNKafdB
諫言の甲斐なく狙撃されちゃったねー
バカだねー

960 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 15:45:04.93 ID:9iHxHcZM
>上杉謙信は、1日に2度、武者振り(出で立ち)を変えたと聞いています。


謙信所用と伝えられる甲冑がわりと残ってるのは
そういうわけなのかな?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    (`・ω・´)「大将は、前線に立ってこそ士気を高めるのじゃ。」
    天庵「その通り。」
    志村「にしては、犠牲者が増えるのは、どうしてでしょうね」
    菅谷「ですよね。」 

  2. 人間七七四年 | URL | -

    佐野宗綱「大将たる者が前線に立ってこそ士卒は従うのだ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    柏木「まさか大将自ら一騎駆けしてくるとは思いませんでした。」

    影武者なんか要らなかったんや。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    武功の者「あれが音に聞く井伊の馬鹿備え!」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まぁそのバカさが井伊直政を四天王にのしあげたとも思えるなー。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    これは10代~20代前半に読みたい逸話だ。
    親に地味に謙虚に言われても若い時は理解出来ないからさ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    一生家畜やるような奴には不要な話だろ

  8. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    信長も天王寺合戦で狙撃されて負傷したしなぁ…
    工場長とか織豊系武将にたまにいるヒャッハー癖の原因は信長な気がするわ。
    自分たちが若い頃に出会った本物の英雄の武勇伝に憧れた、みたいな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    派手な家畜ならなおさらダサいだろw
    というかオマエ口悪いな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    近現代の訓練受けた兵士と違って命令一つで突っ込むわけではないからな
    雑兵の立場からしたら動く要塞みたいなガッチリした鎧武者が前に動いてこそ後から付いて行く気にもなるだろうし、その鎧武者もまだ個人事業主みたいなもんだから毎回先頭切って突っ込む必要もないわけだし
    結局、当主が真っ先に行くのが一番手っ取り早い士気高揚法だったんだろうね
    秀吉みたいな化物はともかくとして

  11. 人間七七四年 | URL | -

    一条信龍「影武者って勝手に出来るものでしょ?」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    慶次「槍の又左に影武者など要らんよね☆」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも信長さんって、弟の信勝との戦で林の弟を自ら討ち取ってるしね
    普通は大将自らが敵大将を討ち取るってそうそう無いよw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    地味加藤「合戦の最中、勝勢になったら兜を変える。そうしないと、どさくさで狙撃されたり、よき敵見つけたりでこの世の慰めに突っ込んでくる奴が出る」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    義光「わしだって、敵の大将を討ち取ったぞ」
    氏家「また、説教をしてあげましょうか。」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    大将の前で武功あげたがるよね(´・ω・`)<書類であがってくるより確実だし

  17. 人間七七四年 | URL | -

    直政の意識の中では自分はどこまでも家康の一部将だったのかもねえ。
    だからいくら「大将らしくない!」と言われてもきょとーん、と。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※11殿
    しかみ家康「影武者、勝手に出来ました……罵声と共に(ホロリ 」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    実休義賢「その手を使って用心して置けば・・・」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10160-fc097b7d
この記事へのトラックバック