FC2ブログ

今大路家掛物の事

2016年08月13日 17:27

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 06:57:55.72 ID:zBOsfvjT
今大路家掛物の事

官医今大路家では、先祖曲直瀬道三の教歌墨跡を掛物として神農会の時に床に掛けるそうだ。
これは道三の自筆で

『長生きは粗食正食ひゆたらり 勝手次第に御屁めされよ』

との歌が書いてある。

当主も門人も、この歌の内の"ひゆたらり"という事は何の事であるのか知らない。
相応の説をつけて申し伝えていたが、ある時信州辺り出生の人が来て、

「これはいかなる事か?」

と尋ねると、今大路の門人たちは答えに当惑し、申し伝えてきた事のみを何となく話した。

かの信州の翁は

「我らがある日山深い田舎に行き着いたときに、百歳余りの者がおった。
長生きの術でもあるのかと尋ねると、
『物知らぬ田舎人なので、その術は知らない。
このような山奥なので明け暮れ食べる物は粗食で、
もとより何の望みもなければ心に労する事もなく、このように長寿をなしている。』
と言った。
『しかしどうして長寿の益が何かあるものであろう』
とひたむきに尋ねると
『熱い湯を用いず飲まず、火の暑さに寄らないことであろうか。』
と言ったが、"ひゆたらり"というのはこの事であろう。
道三先生はこれを知って、かく詠み置かれたのであろう。」

と言ったので、今大路家の者たちは初めてこの歌の心を知ることができたという。
(耳袋)




74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 16:56:27.48 ID:oQUKlw7S
白湯は健康にいいのに!

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    屁~こきましたねあなた~ 音がしないと思って~ 凄い匂いですあなた~

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ここで言う熱い湯は白湯よりも熱い沸騰してるような湯の事だと思うの

  3. 人間七七四年 | URL | -

    信濃は、今も長寿の人が多いよね。信之兄さんもそうだし。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    当時は基本、衛生的に水は熱して飲む。特に老人はそう。
    (老人が無理して冷や水を飲むことを年寄りの冷や水という)

    生水や冷や水の危険は当時の常識なわけだから、ここで言ってる熱い湯を用いず飲まずというのは、ぬるくなったか、冷ました湯を指すのが前提だと思う。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    実際は山の幸中心の粗食とストレスフリーな生活が功を奏したのであって、湯を使うかどうかは関係なかったんだろう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    道三で斉藤さんかと思ってしまった

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10171-b271a5da
この記事へのトラックバック