敵ながらあっぱれと思い

2016年08月14日 17:26

76 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/08/13(土) 19:51:20.22 ID:RTOMV38F
結城秀康の三男であり、後に松江藩主となった松平直政。
彼は、初陣となった大坂冬の陣で活躍しました。
この様子を見ていた真田信繁が、敵ながらあっぱれと思い軍扇を直政に投げ渡しました。 この軍扇は現存しています。



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    直政といえば口達者ってイメージが強かったから意外な逸話に感じる
    世にでるのにそれなりに苦労したんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    直政「敵御大将の扇を奪い取ったり!」
    信繁「ちょw」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10173-a38854f7
この記事へのトラックバック