FC2ブログ

思えばそれが永遠の別れだった

2016年08月15日 19:33

千宗旦   
995 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/08/15(月) 16:59:24.22 ID:h0oOoPki
宗易(千利休)が太閤の命に背く頃、予(千宗旦)が大徳寺から京へ出る
時に、山門の前で利休が乗り物に乗って内へ入るところに出会った。

利休は乗り物のすだれを上げて挨拶なさった。思えばそれが永遠の別れ
だったのである。

――『茶話指月集』




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    織部のようにこっそり見送りに行ったりしてないのね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    これは切腹を申し渡される前の話でしょ?
    宗旦はこの頃は大徳寺で働いてる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10175-81d427d1
この記事へのトラックバック