FC2ブログ

家康が双方の扱いとした理由

2016年08月28日 13:28

127 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/28(日) 11:11:30.58 ID:jHMGlyJV
慶長四年閏三月三日に、加賀大納言前田利家が逝去した。
その後、石田三成を討つべしと、加藤清正、細川忠興、浅野幸長、福島正則、黒田長政、
その他大名、小名たちが一体となって蜂起したため、大阪は殊の外の騒ぎと成った。

石田三成は顔を出すことすら出来ず、自分の屋敷に引き籠っていたが、佐竹義宣が伏見より
大阪に参り、人数を森口あたりに残し置いて三成の屋敷を密かに訪ね密談し、三成を女乗物に
乗せ、義宣も同道して、宇喜多秀家の居る備前島へと向かった。そして秀家は家老を差し添え、
三成と義宣を伏見へと向かわせた。

三成襲撃に決起した大名たちは、この情報を聞くと「ならば伏見で討ち取るべし!」と
この事を徳川家康に申し上げた。

この時、家康の重臣である本多正信は言った
「治部少輔の事、各々の望みに任せて討ち果たせば、諸大名は奢り上がるでしょう。」

家康はこれを聞き、
「今回は先ず、扱いにしよう。」

そう決断し、閏三月七日、石田三成を佐和山へと送り届けた。


(玉露叢)

七将襲撃事件で、家康がこの処分を双方の扱いとした理由について。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    今年の真田丸見て思ったけど正信さんマジ有能ですな。
    武功があるわけじゃないから有能さがわかりづらいけど
    今年の大河見てるとなるほど有能と思わせてくれる。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂、蜂須賀「その他、かぁ……」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    池田、地味加藤「あれ?俺らは?」

    実際、※2の二人とこの二人の誰をもって七将というんでしょうかね?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そう言えば、三成絡みの話し多いのに、真田丸に佐竹さんは全く出てこないよね・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    意表を突いた演出なのかもな。
    まあ関ヶ原の頃には上杉がらみもあってガッツリ登場するんじゃない?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも真田丸の場合、黒田・浅野等の恩顧武将達って名前がOPにクレジットされても
    登場シーンでは書かれないから、誰がその役なのか?全く分からないと言う罠www

  7. 人間七七四年 | URL | -

    真田丸の信繁さんは、黒田長政さんの代わりに北条を説得したり、佐竹義宣さんの代わりに三成を助けたり、優秀だな。

    伊豆守「なにか、あったら信繁、信繁。って、わしの存在は「信繁の兄上」ってだけですか、そうですか。」
    昌親「信之兄さんは存在するだけで、いいじゃないですか。私なんて犬伏に呼ばれなかったんですよ。」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    弟「兄上は日本一周やベトナム・カナダ等に旅に出掛けられてお忙しそうでw」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    まあ大河の主人公ってそういうもんでしょ。

    特に短期間しか活躍してない人は、長期にわたる番組を維持する為に
    どうしても他人の逸話を流用しちゃうからさ。

    あと出演者の節約にもなるしね。
    今のご時世、葵徳川みたいにマイナー部将もゾロゾロ出てくるようなのはなかなか難しいかも。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    >>マイナー部将もゾロゾロ出てくるようなのはなかなか難しいかも
    山内一豊「ですよねーw」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    今大河の本多正信と言えば、
    役の近藤正臣さんは若い頃端正で、
    大河で光秀とか三成とかを悲劇的に演じていた。

    当時、世間的にまだまだ評判の悪かった二人、
    近藤さんの一途な感じで好感度上がったんじゃないかなと当時感じていた。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10197-889a282e
この記事へのトラックバック