FC2ブログ

名人の芸其練気別段の事

2016年09月06日 18:10

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/06(火) 14:34:51.15 ID:FDTUj9r9
名人の芸其練気別段の事

 小野流一刀の始祖で神子上典膳というのは、御当家へ召し出されて小野次郎右衛門と名乗った。
その弟は小野典膳忠也と名乗り、諸国遍歴して芸州広島で没した。
これから芸州では忠也流といって、その忠也の弟子が多く、国主も尊崇して今でもその祭祀が絶えていない。

 十人衆という、忠也流を修行する者の中にはこの祭祀の事等を取り扱う者達がいて、
その十人の内の間宮五郎兵衛というものは、とりわけてその芸に長じていた。
同輩家中の師範もしていて、そのころの国主但馬守(浅野長晟)も彼に武剣を学ばれていた。
しかし五郎兵衛は不幸にも中年で卒去したので、せがれの市左衛門は十六歳で跡式を相続した。
但馬守はすでに五郎兵衛の免許の弟子であったので、そのせがれの市左衛門へ教わったことを段々と伝授された。
市左衛門の業も抜群となり免状を渡されようとした時、市左衛門は退いて断ると述べた。

「どうしてそう思い立ったのか?」
と尋ねられると、

「一体親の義ですが、流儀の心得を五郎兵衛は甚だ未熟でして、いちいちその修行が間違っていました。
そのため五郎兵衛の指導のため、国中の一刀流はいずれも下手でしたので、五郎兵衛が師範としていた御家中の者はいずれも稽古が未練でございます。」

と申すと、但馬守はもってのほかだと憤り、

「汝の父の教え方がよろしくないと申すのも無礼である。殊にその方には予が太刀筋を教えたのだ。
それをよろしくないと申すのは、父を、いや主人を嘲るに相当し、いずれにしても不届きである。
理由があるのか!」

と尋ねられると、

「武芸の事を悪いと思っても、父のなされた事であるので言わないでおくのは不忠である。
それがしが悪いと存じましたので、御疑わますのなら同衆の手前で御立合をされるべし。」

と答えた。
但馬守はいよいよ憤怒されて、そのあまり

「小倅とて容赦は無い。立会いせよ!」

とかの十人の内に勝れたる同流の者を選んで、勝負を申し付けられた。
その十人は申すに及ばず、一家中で心得有る者どもが立ち合ったが、一人も市左衛門に勝ったものはなかった。
但馬守も自身で立ち合われたがこれもまた負けられたので、但州は甚だ尊重された。

「親を誹ったのは当座の当座を申し付ける。忠也流の稽古は万事市左衛門に指図させるように」

と申し付けられ、家中に名誉の者が出てきたと殊の外であるとのことであった。

惜しいかな、市左衛門は三十歳にならずして卒去し、その子が跡を相続したという。
但馬守はひどく惜しんだそうだ。
(耳袋)



157 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/06(火) 16:33:50.98 ID:QroxL7fd
トントン但馬だったか
血は残すべきでないな

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>五郎兵衛は甚だ未熟でして(略)
    どうしてそれに気づいて、他の腕前を上回れる修行を何時していたのだろうか?
    と、思ってしまうのはやっぱり野暮なのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    将来、指南役を仰せつかるであろう自分に稽古を付けてくれる免許持ちが殿様で、その殿様の腕を
    特別な修行もしていない自分が追い越してしまったことが、かえって逆に、申し出る決め手になった
    という事ではないかと想像します。
    追い越してしまった原因は、父親譲りの運動能力、才能があったということなのでしょう。
    厳しい修行もしていない若年の自分が、父の弟子である殿様の腕を追い越してたのは、殿様始め
    家中の人々に付けていた父を含む師範役らの指南が「甘いものだったからだ」と思い至り、これでは
    浅野家が戦さ場で他家に後れを取ってしまうと悩み抜いた末、主君や師範役らの不興を覚悟で申し
    出た、という所ではないでしょうか。
    御家が戦場で他家に後れを取ってから、父を含む師範役らの指導の未熟さが露見したのでは取り返
    しが付きませんし。若年ながらなかなかに胆の座った、責任感と忠義心、誠心が感じられる行動と思い
    ますし、おそらく殿様の目にもそう映ったのではないかと想像します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10214-3ea28e4f
この記事へのトラックバック